000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2009年06月29日
XML
テーマ:乳ガ~~ン(1228)
カテゴリ:乳癌

乳癌にかかりやすい要因の一つとして、

「初潮が早かった人」

という項目があります。
しかしながら、これはもう済んでしまったことなので何とも理不尽。
だとすれば、我が娘には初潮が早くならないように育てたい、
と思うのは当然でしょう。
昨日の記事、

連載開始【乳がん患者に100の質問(連載1)】
http://plaza.rakuten.co.jp/nomoishiho/diary/200906280000/

に質問をいただきました。

> 娘の初潮が早くならないように… とは?そんなことできるんですか?

> 娘の初潮を遅らせる方法があるのですか?!
> ぜひお聞きしたいです。

日本人の初潮年齢が下がっていったのはなぜでしょうか?
第二次大戦以前と以後の食生活を考えるとその原因が割り出せますよ?

つまり、牛乳・乳製品です。

昭和29年から始まったアメリカのお仕着せによる学校給食。
パン食と脱脂粉乳から始められました。
脱脂粉乳はアメリカ本国では家畜の餌でした。
それを日本人の子どもたちはありがたく(?)飲んでいました。
野母伊自身も飲んでいました。
あまり美味しい物ではありませんでした。
その後牛乳になり、紙製のテトラパックとかいうのが出てきました。
あれは紙臭くて評判はよくなかったですね。
まあ、学校給食の牛乳の歴史はさまざまあります。
無理して飲まされた児童もいました。

あ、話がそれてしまいました。

日本人の初潮が早くなったのは牛乳のおかげなのです。
あ、「おかげ」というのは間違いです。

牛乳の「せい」なのです。

ではなぜ牛乳を飲むと初潮が早くなるのでしょうか?
あ、正しい表現をすると、

初潮が早くなる、ということはつまりは成長が早くなるから、

ということです。成長が早くなるから初潮が早くなるわけです。

ではなぜ成長が早くなるのか?

それは子どもたちが成長を早くする物質を取り入れてきたからです。
それが牛乳なのです。

牛乳とは限りません。ヒトのお乳、つまり人乳でもおなじです。
そこのくだりを牛乳に相談、じゃなくて、ジェイン・プラントさんに聞いてみましょう。

「みなさんは、ミルクは純粋な白い液体で、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を
たくさん含む健康的な飲み物だと考えておいでだろう。しかし、みなさんは
驚くであろうが、ミルクは、新生児の特定の部位に働いてその部分の成長と
発達を促すために、たくさんのホルモンやホルモン様物質を高濃度に
含んでいる生物活性の高い液体(ホルモンカクテル)である。
実際、ミルクを飲むことによって新生児の細胞分裂が促進されるのである。

このため、古来、ミルクは『白い血液』とも言われてきた」

ヒトの「新生児にはおっぱいは不可欠な物です。
しかし、1年を過ぎる頃から離乳食を食べはじめて、徐々に
母乳の摂取は少なくなっていき、いずれ卒乳しますね?
母乳をやめたらもう固形物の食事で栄養を摂っていけるわけです。

そうなった子どもの体に、さらに子牛を効率よく育てるための牛乳を飲ませたら
どうなると思いますか?

さらに成長を促進してしまうことは容易に想像できませんか?

それが成長を早くする原因なのです。
イコール、初潮の低年齢化の原因なのです。

ということで、あなたの娘さんの初潮を送らせる方法とは、

牛乳・乳製品を与えないことなのです。

【参考文献】

乳がんと牛乳

人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年06月29日 23時23分01秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

10月革命 New! n4316さん

ベネズエラの国営石… New! Condor3333さん

滅多に出ない7割引の… New! 為谷 邦男さん

阪神が育成選手で静… New! 楽天星no1さん

減塩ブームが病気を… New! 安食育夫さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.