5337871 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2009年11月03日
XML
カテゴリ:食事について
ルンバさんからの質問の続きです。

>ご飯などラップに包んで電子レンジでチンします。
>これはいかがでしょうか?宜しくお願いします。

「電子レンジを稼働させている時には電子レンジから離れています。
そうしないと微量でも被爆してしまうでしょう?」

と、理解している人もいます。
しかし、電子レンジの本当の怖さはそういうことではないのですね。

そこで牛乳に相談だ、じゃあなくてジェイン・プラントさんに聞いてみよう。

ジェイン・プラント教授は次のように述べています。

「私は電子レンジをもっていないだけでなく、電子レンジで調理した
食品は食べないようにしている。普通の加熱とは違って、
電子レンジが発するマイクロ波は食材中の水分子を振動させて加熱する。
そしてなにより、電子レンジで調理された食品の味が好きになれない。」

【出典】


次に、新谷弘実医師です。以下のように述べています。

「私がここで取り上げたいのは、外部に漏れる電磁波の危険ではなく、
電子レンジで加熱された食品そのものの危険性です。
(中略)
短時間で加熱できるというのは、電子レンジの最大のメリットでも
ありますが、なぜこれほど短時間で加熱できるのかというと、自然界では
ありえない速度での振動が物質内部で生じているからです。
この自然界ではありえない状態に細胞や遺伝子が耐えられるという
保証はありません。放射性汚染が遺伝子を破壊するように、
マイクロウェーブの照射を受けた食物の遺伝子が傷ついている
危険性はかなり高いと考えられます。
(中略)
私が現段階でいえるのは、電子レンジで加熱するとエンザイムは
失われるということです。安全性がはっきりしない以上、
電子レンジを調理に使うのはお勧めできません。わが家にも
電子レンジはありますが、ごくたまにしか使いません。
ご飯を温めなおすときも蒸したり、密閉容器のままボイルしたりしています。
ちょっと時間はかかりますが、電子レンジよりふっくらとおいしく温まります。」

【出典】


最後に、松田麻美子さんです。

「電子レンジで調理した野菜はファイトケミカルを97%も
失ってしまいます。ゆでた場合は66%、圧力釜では47%、
蒸した場合には11%しか失われません。
さらに食品の分子構造に著しい変化を起こすため、含まれる
ビタミンB複合、C、E、必須ミネラル、必須脂肪酸などの
栄養価値も60~90%低下してしまいます。
酵素が完全に破壊されてしまうため、たとえビタミンや
ミネラルが存在していても、体はこれらを栄養として利用することは
できません。発ガン性のフリーラジカル(活性酸素)も大量に形成されます。
(中略)
私たちは電子レンジが引き起こす害について人体実験を
おこなっているようなものなのですが、業界のロビー活動(利益を
優先するため、政党・議員・官僚に働きかけること)が盛んなために、
政府は取り締まれない状況にあります。
私たちは、自分の健康は自分で守らねばなりません。電子レンジの害に
ついて、政府はあなたの健康を守るために正しい情報を国民に
提供するようなことはしてくれないのです。」

【出典】


それでは冷凍ご飯はどうするか?
野母伊の場合は水を入れた鍋に入れてコンロにかけて、お粥にします。

【参考サイト】
レンジでチン 超楽チンなんですが・・・、はたして自然界に無いものは?
http://21292738.at.webry.info/200803/article_1.html

電子レンジで「チン」は健康に悪いというのは、本当ですか?
http://www.nstimes.info/07-2005/microwave.html

<8>電子レンジ狂詩曲
http://www7.plala.or.jp/dining/column/column2002/column2002-2.htm

人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年11月03日 21時40分47秒
コメント(14) | コメントを書く

PR

楽天プロフィール


野母伊 志穂輔さん

癌は比較的治りやすい優しい生活習慣病です

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
乳がん 

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

中国の北海艦隊司令… New! Condor3333さん

ベンジャミン情報 New! n4316さん

1631. 土砂降りの朝… New! カズ姫1さん

人生とは演技そのも… 楽天星no1さん

Why is Japanese Pri… hiryu4398さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.