6436195 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2010年03月02日
XML
という質問を黄色いスカートさんからいただきました。

>目覚めが良いとか美肌になるとか、肩凝りや冷え性、生理痛にも良いと…
>とっても良さそうなのですが、実際のところ副作用は全くないのでしょうか?
>気になります。
>もしご存知でしたら教えて頂けると有難いです。

え?プラセンタ?私は不覚にも知りませんでした。
存じてはおりませんでしたが、調べましたので、記事にしました。
最後に野母伊の考えを述べますね。

では、まず、プラセンタのことを知らない方もおられるかも
しれないので、プラセンタってなに?から始めましょう。
サイトから拾ってみました。

・・・・・・・・ここから引用・・・・・・・・
■ プラセンタという言葉

プラセンタは英語で胎盤という意味です。 しかし健康食品や化粧品で
「プラセンタ」と呼んでいるのは胎盤そのものではなく、
胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や
他の栄養素を抽出したものことです。

※プラセンタ抽出物。液体状の場合にはプラセンタ抽出液ともいう。
英語で言うと、プラセンタ・エキスあるいはプラセンタ・エクストラクト
あるいはプラセンタ・エッセンス。
http://qt82.com/
・・・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・

ふむふむ。
ではプラセンタの原料はなに?

「胎盤に決まってるでしょう?」

そういうことじゃなくて、ヒトの胎盤なのか否か、ということね?

・・・・・・・・ここから引用・・・・・・・・
プラセンタ原料の確保

プラセンタとは胎盤の事です。胎盤なので胎児が出来た時、
妊娠時にしか作られることはありません。プラセンタは人工的に
合成して作り出せるものではありません。
ですからはプラセンタは出産時にしか手に入れることが
出来ないものです。だから、プラセンタは非常に高価で、
かつてはプラセンタのために、妊娠・中絶するという
社会問題も起こったほどです。

現在は人のプラセンタは医療用として使われています。
このプラセンタは国内の医療機関から安全性が確認されたものが
集められています。満期正常分娩された健康な妊婦さんの
プラセンタが本人の同意を得た上で集められているものです。
さらに、B型肝炎、C型肝炎、免疫不全症候群(HIV)などの
感染がないかを検査された上でプラセンタエキス、
医薬品の材料として使用されます。

化粧品やサプリメントで使用されているプラセンタは、
豚のプラセンタが多く用いられています。豚のプラセンタは
人の組織ととても良く似ているそうです。そのほかには
ひつじのプラセンタなども用いられています。
http://www.epurasenta.com/10/post_97.html
・・・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・

なるほど。本来はヒトの胎盤なのですね。
でも動物のものも利用される。

・・・・・・・・ここから引用・・・・・・・・
由来:馬、豚、鶏肉、ライ麦
http://www.genryoubank.com/genryou/placenta.html
・・・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・

なるほど、馬もあり、鶏もありですね。え?ライ麦?なんで?

・・・・・・・・ここから引用・・・・・・・・
プラセンタの原料について

プラセンタには色々な種類があります。
それは摂取された胎盤によって種類分けする事が出来ます。
よく市販で売られているサプリメントやメイク、スキンケアに
使われているプラセンタは豚の胎盤から抽出された物が多いようです。

他にも鶏や馬などの胎盤から抽出されたプラセンタが使用されている
商品もあります。以前は牛の胎盤から抽出されたプラセンタも
ありましたが狂牛病の発生にともなって今は使用を禁止されています。

またプラセンタは植物性の物もあるんですね。
出産をしない植物からプラセンタエキスが抽出されるなんて
不思議ですよね。では植物性プラセンタって一体どこから
抽出されているのか?それは植物の胚が動物で言う胎盤の
部分になっているんです。植物の胚は発芽する力、
芽を育てていくと力に必要な栄養素がたくさん蓄えられています。
植物の胚はお母さんのお腹の中で赤ちゃんの臓器の代わりを
して育てていく胎盤と、とってもよく似ていますよね。
植物性のプラセンタはサプリメントや美容液に多く使用されて
いるようです。肌を美しく出来るイオン導入にも使用出来ます。

病院で医師の指導の元でなされているプラセンタの注射に
使われているのは人の胎盤から抽出されたプラセンタです。
厚生労働省の認可を受けた『メスモン』と『ラエンネック』の
2種類のプラセンタが使用されています。『メスモン』は
主に更年期障害、乳汁分分泌不全の治療剤として
『ラエンネック』は肝機能障害の治療薬として病院で使用されています。
http://www.itami.ne.jp/genryou.php
・・・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・

調べて最初に豚が出てきたので牛もあるんかな?あるだろうな、
と思っていたら、このサイトでは牛は狂牛病で禁止になった、
と書いてあり納得しました。

実際の効果も沢山例があるようですね。ガンが治った、というのもあります。
だから効果があることは否定できません。

では副作用に関してはどうなの?
石油由来の合成医薬品ではないので、無いかもしれないし、
あってもごくわずかなのかもしれません。
あ、参考サイトが見つかりました。

・・・・・・・・ここから引用・・・・・・・・
プラセンタの副作用について
プラセンタは基本的に副作用がほとんどないといわれています。
プラセンタの製品加工されたものは蛋白質(アミノ酸も含む)製剤
として認可されています。しかし注意が必要な点があります。
http://www.placenta-labo.com/2006/01/post_17.html
・・・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・

で、野母伊としてはプラセンタに関しては、勧めて良いのか
止めた方がいいと言う方がいいのか、全く分かりません。

しかし、あえて意見を述べますね?

胎盤というのは赤ちゃんのためにあるわけです。
大人がそのエキスを摂取することが自然の摂理なのか?
という疑問があります。
ただそれだけです。

しかしながら、効果も実際にある、ということです。

>目覚めが良いとか美肌になるとか、肩凝りや冷え性、生理痛にも良いと…

これらの症状でしたらプラセンタでなくても改善できますよ?

プラセンタ医療の現場から

体にやさしい実践プラセンタ療法

プラセンタ療法と統合医療

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年03月02日 21時53分57秒
コメント(4) | コメントを書く
[サプリメントについて] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:『プラセンタ』よく聞きますがどうなんでしょう?   黄色いスカート さん
ありがとうございます。
副作用はほとんどないが、注意する点がある…というのが気になります。
このサイトには注意点も載っているのでしょうか?
私もみてみます。
プラセンタでなくても症状を改善するには、やはり食事が大事ということでしょうか。お忙しい中、わざわざ調べてご回答頂きありがとうございました。 (2010年03月03日 09時36分00秒)

 こんばんは   平成仮面ライダー555 さん
ブログ訪問有難うございました。

足跡から失礼します。

真面目なブログですね。
私は癌に限らず病院での治療はあくまでも対処療法と思っております。
痛みの緩和や症状の改善。
抗がん剤やホルモン療法では健康な細胞まで
死んでしまうしそんな治療はやってはならないと
個人的には思います。

病院での対処はあくまでも症状の緩和や痛みを和らげる程度ですから治ったとは言わない。

また、再発するが鉄則です。

宮廷女官チャングムでの医女チャングムのあり方が
本来の治療のスタイルであると私は個人的に思います。
なぜ病気になったのか?原因が解らなければ
何の解決にもなりませんし
クスリの前に先ず食事を見直すべきだとも思います。
(2010年03月03日 18時46分22秒)

 Re[1]:『プラセンタ』よく聞きますがどうなんでしょう?(03/02)   野母伊 志穂 さん
黄色いスカートさん
>ありがとうございます。

どういたしまして。

>副作用はほとんどないが、注意する点がある…というのが気になります。
>このサイトには注意点も載っているのでしょうか?
>私もみてみます。

ぜひそうしてくださいね?

>プラセンタでなくても症状を改善するには、やはり食事が大事ということでしょうか。

そういうことですね。基本は毎日食べる食事ですね。
それを改善しないでサプリメントに頼ることは
間違いだと思っております。

>お忙しい中、わざわざ調べてご回答頂きありがとうございました。

またいつでも質問お待ちしております。
-----
(2010年03月03日 19時54分42秒)

 Re:こんばんは(03/02)   野母伊 志穂 さん
平成仮面ライダー555さん
>ブログ訪問有難うございました。

>足跡から失礼します。

ようこそお越し下さいました。

>真面目なブログですね。

ありがとうございます。

>私は癌に限らず病院での治療はあくまでも対処療法と思っております。

同感です。

>痛みの緩和や症状の改善。
>抗がん剤やホルモン療法では健康な細胞まで
>死んでしまうしそんな治療はやってはならないと
>個人的には思います。

私もそう思います。

>病院での対処はあくまでも症状の緩和や痛みを和らげる程度ですから治ったとは言わない。

そうですよね。

>また、再発するが鉄則です。

そういうことですね。

>宮廷女官チャングムでの医女チャングムのあり方が
>本来の治療のスタイルであると私は個人的に思います。
>なぜ病気になったのか?原因が解らなければ
>何の解決にもなりませんし
>クスリの前に先ず食事を見直すべきだとも思います。

そうですね。それが基本ですよね。
コメントありがとうございました。
-----
(2010年03月03日 19時57分03秒)

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

RV/インテルアラート New! n4316さん

睡眠内科又は心療内… New! rainbow3510さん

韓国がGSOMIAの延長… New! Condor3333さん

何杯飲んだら飲みす… New! 為谷 邦男さん

【海外発!Breaking … 安食育夫さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.