6535211 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2012年12月25日
XML
テーマ:原爆(2)
カテゴリ:被爆
享年73,肺ガンが原因だそうです。
命よりご冥福をお祈りいたします。

訃報:中沢啓治さん73歳=漫画「はだしのゲン」の作者
毎日新聞 2012年12月25日 09時29分(最終更新 12月25日 15時08分)

 広島原爆で被爆した体験を基に描いた漫画「はだしのゲン10+件」の作者、中沢啓治(なかざわ・けいじ)さんが19日、肺がんのため広島市内の病院で亡くなったことが分かった。73歳。葬儀は近親者で営まれた。

 広島市の神崎国民学校(現・市立神崎小学校)1年の時、爆心から1.2キロにあった学校の前で被爆した。塀の陰にいたため、奇跡的に助かった。父と姉、弟は自宅の下敷きになって被爆死した。

 中学を卒業して看板屋で働いた後、漫画家になるため1961年に上京した。当初は原爆と無関係の作品を描いていたが、被爆者だった母親が66年に死去し、火葬した際に骨が粉々で原形をとどめなかったことをきっかけに、原爆への怒りを込めた作品「黒い雨にうたれて」を68年に発表。73年、週刊少年ジャンプ(集英社)で「はだしのゲン」の連載を始め、87年に完結させた。単行本は1000万部を超え、十数カ国で翻訳出版されたほか、映画にもなった。

 プロ野球・広島東洋カープの大ファンで、「広島カープ誕生物語」を描き上げたのを最後に09年、網膜症と白内障による視力低下を理由に漫画家を引退した。その後は精力的に講演などで被爆体験を語ってきたが、10年秋に肺がんで入院し、以降は入退院を繰り返していた。

 11年8月、自身の被爆体験を語ったドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」が公開された。毎年8月6日にある広島市の平和記念式典は「つらい体験を思い出す」と長年避けてきたが、11年の式典に初めて出席した。

 02年、第14回谷本清平和賞を受賞。毎日新聞が06年10月から続けている記録報道「ヒバクシャ」でも、反核・平和への思いを繰り返し語っていた。

http://mainichi.jp/select/news/20121225k0000e040099000c.html

あらためて原爆のことを思い起こしましょう。以下の動画をご覧ください。

『はだしのゲンが見たヒロシマ』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=Sb3jVRJ91FA

Barefoot Gen, HIroshima Destroyed(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=BfJZ6nwxD38&feature=endscreen&NR=1



『はだしのゲン』作品集

(本日2つ目の記事でした。前のも読んでくださいね?)

人気ブログランキングへ
どちらか↑1つでもクリック↓してくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報






最終更新日  2012年12月25日 23時27分39秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

山梨大学第2内科に… New! 楽天星no1さん

呪われたNHK大河 “ヒ… New! 為谷 邦男さん

ラテン・アメリカと… New! Condor3333さん

以下引用文 New! n4316さん

病につながる悪い流… New! coogoさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.