6538913 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2013年06月09日
XML

そのように言われていますね。
しかし以下の記事を読むと
「どういうことなの?」
という疑問が沸き起こります。

『CT検査の被曝でも、がんリスク上昇の可能性』
というタイトルの記事を、坪野吉孝 (つぼの・よしたか)さんが書いています。
読んでみましょう

2013年6月 7日

CT検査を受けて低線量の放射線に被曝したオーストラリアの0~19歳の68万人は、CT検査を受けなかった同年代の1000万人と比べ、その後の全がん発症リスクが1.24倍高いという論文が、英国医学雑誌に5月22日公表された。
オーストラリアの全国民が加入する公的医療保険のデータを使って研究が行われた。
1985年1月1日時点で0~19歳だった
1985年1月1日から2005年12月31日までに生まれ、調査時に0~19歳だった
のいずれかの条件を満たす1093万9680人を対象にした。
医療保険のデータベースを使い、1985~2005年までにCT検査を受けた68万211人(検査群)と、検査を受けなかった1025万9469人(比較群)の、2グループに分けた。
CT検査の59.4%は脳に行われ、その中の82.0%は1回、18.0%は2回以上行われた。1回のCT検査による実効線量の推計平均値は4.5mSVだった。
2007年末まで追跡調査を行い、検査群の3150人と、比較群の57524人で、がんの発症を確認した。平均追跡期間は、検査群が9.5年、比較群が17.3年だった。
その結果、比較群と比べ、検査群のがん発症リスクは全てのがんで1.24倍高かった。脳腫瘍は2.13倍、脳腫瘍以外の固形がん(消化器がんや皮膚がんなど)は1.20倍、白血病などの血液がんは1.19倍高かった。
また、最初にCT検査を受けた時の年齢が0~4歳、5~9歳、10~14歳、15~19歳の場合の全がんリスクは、比較群と比べ、それぞれ1.72倍、1.40倍、1.21倍、1.21倍だった。つまり、最初にCT検査を受けた時の年齢が低いほど、リスクが高い傾向があった。

続きはこちら↓
http://apital.asahi.com/article/tsubono/2013060300009.html


「でも、低線量の放射膳はホルミシス効果があるんじゃないの?」

はい。それに関しては、次のように言う専門家もいますね。

「自然界から発生する放射線と、医療器具から発せられる放射線とでは、
同じじゃないんですよ。あ、それに福島原発が爆発されて漏れた放射線も、
危険なのです」

本当のことは野母伊にはわかりません。
しかしながら、一理あるな、とは思います。

★お知らせ★
[乳癌は早期発見も早期治療もいらない]の過去記事をアップしています。
こちら↓をぜひ訪れてくださいまし。
癌治療に抗ガン剤も放射線も手術もいらない

人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報



★本日2つめの記事でした。前のも読んでください★






最終更新日  2013年06月09日 23時46分00秒
コメント(2) | コメントを書く
[ホルミシス効果について] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:低線量放射線はホルミシス効果が期待できる・・・?(06/09)   大黒町 さん
難しい問題ですね。
私は放射線ホルミシス支持派なんですが。
放射線ホルミシスの研究から、”原爆被爆者の調査から一気に被曝した場合100ミリシーベルトで発ガンのリスクが1%高まることがわかっている”そうです。
100ミリシーベルト以下の場合のDNA損傷は自然の変動幅に埋没してしまう程度であり、それこそが私が福島が安全だと主張している根拠です。

一方CTは最大でも10ミリシーベルトですから双方の見解に矛盾が生じます。
思うにこれは被検者の栄養状態の差によるものではないでしょうか。
広島の被爆者たちは殆ど飢餓に近い状態で、食べるものと言えば野草とか芋類しかなかった。
それはまさしく理想的な食事療法の状態であり、自然治癒力は最高に高められていたでしょう。

一方CTを受けた人たちは必ずしも良好な食事内容だったとは思えません。
むしろ欧米型の肉や乳製品中心の高カロリー、高塩分と言う最悪の状態だったのではないかと考えられます。

そう考えるとこの差が理解できると思います。
放射線の影響についても、食事療法が重要な要素になるという事を示す結果であると言えるかもしれません

この記事、引用させて下さい。 (2013年06月10日 09時22分50秒)

 Re[1]:低線量放射線はホルミシス効果が期待できる・・・?(06/09)   野母伊 志穂輔 さん
大黒町さん
>難しい問題ですね。
>私は放射線ホルミシス支持派なんですが。
>放射線ホルミシスの研究から、”原爆被爆者の調査から一気に被曝した場合100ミリシーベルトで発ガンのリスクが1%高まることがわかっている”そうです。
>100ミリシーベルト以下の場合のDNA損傷は自然の変動幅に埋没してしまう程度であり、それこそが私が福島が安全だと主張している根拠です。

>一方CTは最大でも10ミリシーベルトですから双方の見解に矛盾が生じます。
>思うにこれは被検者の栄養状態の差によるものではないでしょうか。
>広島の被爆者たちは殆ど飢餓に近い状態で、食べるものと言えば野草とか芋類しかなかった。
>それはまさしく理想的な食事療法の状態であり、自然治癒力は最高に高められていたでしょう。

>一方CTを受けた人たちは必ずしも良好な食事内容だったとは思えません。
>むしろ欧米型の肉や乳製品中心の高カロリー、高塩分と言う最悪の状態だったのではないかと考えられます。

>そう考えるとこの差が理解できると思います。


そうか、食べ物か。
納得がいく説明ですね。

>放射線の影響についても、食事療法が重要な要素になるという事を示す結果であると言えるかもしれません

>この記事、引用させて下さい。
-----
どうぞどうぞ。 (2013年06月10日 23時03分13秒)

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

シリア、ロシア、ト… New! Condor3333さん

アメリカ破産!ドル… New! n4316さん

1805. マンモス・ケ… New! カズ姫1さん

学問に王道なしは本… 楽天星no1さん

南極オゾンホールが… 為谷 邦男さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.