6538741 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2014年10月17日
XML
テーマ:玄米ご飯(23)
カテゴリ:玄米について
と、タイトルのことを述べるのは池田史郎医師(産婦人科)
読んでみましょう。

添加物を排除すると、食事の量が減ってきた。
胃袋が小さくなってすぐにお腹が一杯になってしまう。
そして食事の後,体がとても怠くなる。
怠いからだが困るので朝飯を抜いてみた。
この時は白米を食べていたのだが、
昼近くなるとさすがに空腹で目が回りそうになる。
頭の中に「腹減った!」という言葉がリフレインしてうるさい!。
でも体は軽くて調子が良いことに気付いた。
空腹感が辛いのだが、体の調子は良いのだ。
体の調子の良さのみに注目してみると,
朝から昼頃まで上り調子に体調は良くなっている。
体は軽い。昼ころには更に軽くなっているのだ。
そこで昼飯を食う。するとどうなったか,というと、
食後は体が怠くて仕方がない。怠いし眠い。
昼飯なんか食わなきゃ良かった、と思う位なのだ。
こんなふうに自然と1日3食が,
2食に減って1ヶ月が経っていた。
この状態から,白米を玄米に変えた。
するとどうなったか、面白いことが起こった。
激烈な空腹感が、なくなってしまったのだ,
空腹感はあるのだが,苦しくない。お腹は空っぽで、
むしろ気持ちが良い。そして、今は1日1食になって
1週間経ってしまった。体調はとても良い。
面白いエピソードがある。ある日の午後,
知り合いがくれた煎茶を飲んだ。飲んだ直後から,
幻暈がして,膝がガクガク,心臓はドキドキ、
立っているのが辛い。空腹感が激しくなってきた。
低血糖発作あるいは脳貧血の状態となってしまったのだ。
この状態は自律神経のアクセルとブレーキのバランスを
完全に崩された状態なのだ。じつはその煎茶には
グルタミン酸ナトリウムが入っていたのだ。
いやな甘みが口の中に残っている。コイツだ!
犯人は。断食道場で、末期癌がなおる人がいるのだが、
断食道場では食事の食材・調味料に注意を払っている理由が
よく判った。食品添加物を摂取している状態から断食に入るのは、
大変な苦痛を伴うことが予想されるのだ。

https://www.facebook.com/shiro.ikeda1/posts/777353508994858


この池田史郎医師は、2年前には、

「玄米はまずいからいやだ」

と、講演会で述べていたのです。

ぼくは笑って聞き流していましたが、
その池田医師が、今や、玄米を薦めている。

面白いですね?
以下の動画をご覧ください。とっても有意義な内容です。

2013.9.15_01/09 リチャード・コシミズ仙台講演会
https://www.youtube.com/watch?v=z7CJDbF_NqE&list=PLPg7hSdi4rU4i_hW2Z-omOAB8z3D5iC2x

「玄米まずい」発言は6分15秒あたりから。



★本日3つめの記事でした。前のも読んでくださいね★


☆お願い☆
人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報






最終更新日  2014年10月17日 22時27分52秒
コメント(0) | コメントを書く
[玄米について] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

シリア、ロシア、ト… New! Condor3333さん

アメリカ破産!ドル… New! n4316さん

1805. マンモス・ケ… New! カズ姫1さん

学問に王道なしは本… New! 楽天星no1さん

南極オゾンホールが… 為谷 邦男さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.