6913897 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2015年11月22日
XML
テーマ:鮭(15)
カテゴリ:魚介類について

池田 史郎医師のFB記事をシェアしますね。

最近患者さんで、鮭の切り身を食べて、
腸内細菌叢が、ひどく障害された例が続出した。
その結果体調を崩している。下痢、嘔吐などの
消化器症状はない。腸内細菌叢機能の低下で、
結果として強い症状が出たのだ。
スーパーマーケットの鮭の切り身が共通した食材で、
これらをオーリングテストすると固有値は 20%
しかない。これはチョコレート、サラダオイルに匹敵する、
腸内細菌叢へのダメージが予想される水準のものだ。
この鮭は養殖物である。天然物は一切で400円くらい
するものだ。値段を見ればオーリングテストを
しなくてもすぐ解る。
鮭に含まれる強い原因物質は、食品添加物ではなく、
養殖時に使われる餌である。この餌に含まれる
酸化防止剤が原因だ。
ダイオキシン = メトキシプソラレン・カルバミン酸メチル
である。

https://www.facebook.com/shiro.ikeda1/posts/997859510277589






人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報









最終更新日  2015年11月22日 16時40分50秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

お気に入りブログ

ワシントンD.C.サヨ… New! n4316さん

野菜直売所で沢庵を… New! 為谷 邦男さん

コロナ死者がアメリ… New! 桑野一哉さん

江戸時代の結婚形態… New! 楽天星no1さん

バイデンの大統領就… New! Condor3333さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.