6641278 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

2016年07月16日
XML
カテゴリ:抗癌剤について
なんだか違和感がある記事だなぁ。
読んでみましょう。

 国内で起きた医療事故情報を収集する公益財団法人・日本医療機能評価機構(東京都)は28日、抗がん剤に関する事故が6年3カ月間で228件に上ったとの調査結果を公表した。平均すると1カ月に3件程度になる。患者の死亡例は20件、障害の残る可能性の高い例は26件で、全体の2割が重大な事故だった。抗がん剤はがんの有効な治療法だが、使い方を誤った時のリスクは高く、同機構は医療関係者らは注意を呼びかけている。

 調査は2010年から現在の方法で統計を取り始め、今年3月までの6年3カ月間の結果をまとめた。

 最も多かったのは「血管外への漏れ」(68件)で、副作用など患者の容体悪化53件▽過剰投与34件▽投与日・日数間違い11件▽薬の種類の間違い10件▽患者の間違い6件=などと続く。0

 半数以上の128件は看護師などの投与に伴うミスだったが、医師の処方の誤りも41件あった。個別のケースでは、薬剤師が暗算したことによる薬の濃度の間違いや、治療計画作成時の薬剤師の数値入力ミスなどが起きていた。【野田武】

http://mainichi.jp/articles/20160629/k00/00m/040/083000c


>「血管外への漏れ」

そのために死亡したのかどうかは分からないけれど、
血管外へ漏れなくても抗ガン剤で死ぬよ。

>副作用など患者の容体悪化

副作用なんかではないよ。それが主作用なんだよ。

>薬の種類の間違い

間違わなくたって殺されているよ。

>128件は看護師などの投与に伴うミスだったが、

ミスしなくたって死ぬよ。


抗がん剤の医療事故ではなくて、
抗ガン剤で殺された患者は膨大な数になります。

抗ガン剤治療は受けないことが賢明な選択です。




人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報

★本日二つ目の記事です。前のも読んでくださいね。










最終更新日  2016年07月16日 16時21分59秒
コメント(0) | コメントを書く
[抗癌剤について] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

情報を守るはずの暗… New! Condor3333さん

タマちゃんの暇つぶ… New! n4316さん

信じられない! New! キララ8653さん

免疫系の破綻で起き… New! coogoさん

アメリカ民主党候補… New! 楽天星no1さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.