6367407 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

全7件 (7件中 1-7件目)

1

前立腺がん

2015年11月30日
XML
テーマ:前立腺(1)
カテゴリ:前立腺がん

正確にはいくつかは忘れたけど、10以上だと言う。
基準値は4ng/ml。

そこであたしゃ聞きました。

「ひょっとして乳製品好きじゃない?」

ってね?

そうしたら

「チーズ大好き」

と言うのだ。

それから色々話をして、
前立腺がんと乳製品でネットで検索して調べてね、
と話しておきました。

後日、

「野母伊君の言っていることがよくわかったよ」

という返事を頂きました。
その後、チーズを食べない実践をしているかどうかは
分かりませんが・・・。

こういうことって、分かっている人が教えてあげないと
分からないんですよね。
自分でネットで調べればいいことなのですけどね?


あ、そうそう彼には庄司いずみさんの本も紹介しておきました。


人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報













最終更新日  2015年11月30日 15時36分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月19日
テーマ:癌(3365)
カテゴリ:前立腺がん

タイトルは『がんになった医者が書いたがんの本当の治し方』
という本の内容です。
正しい癌治療を行っている医師は少なくはないんですよね。
以下で前田華郎先生の動画をぜひご覧ください。
がんになった医者が書いたがんの本当の治し方本の前田華郎先生『自分で出来る癌超早期発見法とは?』ダイジェスト版
https://www.youtube.com/watch?v=XhXsgAPjmGg






人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報






最終更新日  2015年05月19日 21時18分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月10日
テーマ:前立腺癌?(4)
カテゴリ:前立腺がん

早速読んでみましょう。

 ちなみに、他のDNT8種は(1)病気に負けない心の健康「撰難楽でワクワクする気持ち」 (2)病気撲滅食べ物「ガンガン食とガンガンカレー」 (3)病気撲滅味「ガンガンおいしい」 (4)病気撲滅食べ方「ガンガン食べ方」 (5)病気撲滅サプリメント「ガンガン元気」 (6)病気撲滅の運動「ガンガン筋トレ」 (7)病気撲滅の水「ガンガンアクア」 (8)がん撲滅ロボット「ガンガンロボット」。

 なお、最近の症状として、毎食、9割ほど食べたところで「目の前が真っ白になって卒倒する」ようになったことを告白し、「(がんの)新発見の症状」だと強調していた。

 中松氏は昨年6月26日、会見を開き、悪性のがん「前立腺導管がん」で治療が難しく、医師から「余命は2015年末まで」と宣告されたことを公表。東大医学部付属病院の診断報告書も提示していた。

 また、「私自身の体を使って前人未踏の発明をする」と宣言し、「がん治療ロボット」の完成を目指すことなどを予告していた。

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/01/16/0007664475.shtml?pg=2

>「私自身の体を使って前人未踏の発明をする」と宣言し、
>「がん治療ロボット」の完成を目指すことなどを予告していた。

さすが発明家の発想ですね。
でも、「ガンガン○○」を読むにつけ
なんかズレていると思わざるを得ないんですよね。

>(2)病気撲滅食べ物「ガンガン食とガンガンカレー」

カレーって普通は動物性油脂類が入っているんですけど?
それともベジカレーでしょうか?

>(3)病気撲滅味「ガンガンおいしい」

植物性食品でおいしい料理を作るのでしょうか?

>(4)病気撲滅食べ方「ガンガン食べ方」

「ガンガン」というと、「たくさん食べよう」という
イメージなんですけど、そうなんでしょうか?

ご自身の前立腺導管癌がかかってるから、
そりゃもう、一所懸命になるでしょう。

しかし、癌の治療はすでに何らかの方法で、
何種類も確立されているのです。
ドクター中松はそれをご存知ない?

でも、ドクター中松が
新しいノウハウを作ってくだされば選択肢が広がりますね。

そう言う意味で期待しておくことにしましょう。





人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報


Twitterボタン
Twitterブログパーツ






最終更新日  2015年03月10日 20時01分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月30日
カテゴリ:前立腺がん
不自然なことをしてはいけない、ということだね?

 米国で一般的な男性ひにん法であるパイプカットが前立腺がんリスクを高めるようだ。

 ムハンマド・ミンハジ・シディッキ氏らの研究チームは調査を実施。米国臨床腫瘍学会の学会誌ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー誌2014年7月号で発表した。

 パイプカットは文字通り せいしを送り出すせいかんを切断する手術だ。従来、前立腺がんとの関係をめぐっては、情報が交錯してきた。

 研究グループは、1986年当時に40~75歳だった世代の米国男性およそ4万人を対象として検証をした。2010年までの間に、6023人が前立腺がんと判明した。パイプカット手術を受けていたのは、全体で1万2321人がパイプカット手術を受けていた。

 がんとパイプカットの関係を解析した結果、パイプカットによって前立腺がんのリスクは増えると分かった。しかも、悪性度が高くなり、死亡に直結するがんである場合も多かった。

 さらに、パイプカットと前立腺がんの関連は、性ホルモンレベル、性感染症、がん治療の違いに左右されないことが分かった。

 ひにんのためにパイプカットはなかなか表に出にくいだろうが、死亡につながる前立腺がんにつながるとなると、足が遠ざかりそうだ。

http://www.mededge.jp/a/xyst/2265


要するに

「体にメスを入れることは極力避けるべきだ」

ということ。(しかも病気でもないのに)
ひにんの方法は他にもあるのだからね。

さらに言えば、
たとえガンにかかっても手術は極力避けること、
ということにもつながります。

(楽天ブログの禁忌文字に該当しそうな漢字は
平仮名にしました。ご了承くださいませ)



★本日2つめの記事でした。前のも読んでくださいね★


☆お願い☆
人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報









最終更新日  2014年09月30日 22時19分32秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年06月27日
カテゴリ:前立腺がん
さっそく新聞記事を読んでみましょう。

 発明家のドクター・中松(本名・中松義郎)氏は86歳の誕生日を迎えた26日、都内で会見を開き、自身が悪性のがんであることを公表した。中松氏の説明によると、病名は「前立腺導管がん」で、治療が難しいという。医師からは「余命は2015年末まで」と宣告された。東大医学部付属病院の診断報告書も提示してみせた。

 中松氏が、がんを告知されたのは昨年12月。出馬した今年2月の東京都知事選では、公表せずに選挙活動を行っていた。「人間は144歳まで生きられるという論文を書き、それまで生きるために、健康には十分留意してきた。診断結果は青天の霹靂(へきれき)」とショックを隠さなかった。

 中松氏は「最後に世のため人のためになることをやろう」と原発事故を解決する発明などの5大目標を掲げた。その中の一つが「がん撲滅運動と新治療法の発明」。医師からの余命宣告を自ら打ち破るつもりで「私自身の体を使って最後に前人未到の発明をする」と宣言。「がん治療ロボット」の完成を目指す。現在は治療法が発見されていないため、体を休めるよう心掛けているだけだという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000033-sph-soci

>現在は治療法が発見されていないため、体を休めるよう心掛けているだけだという。

ある意味正しい選択ですね。
では、治療法が発見されたらその治療を受けるのでしょうか?

>公表せずに選挙活動を行っていた。

ということは癌があっても元気に活動できるってことですよね?

>健康には十分留意してきた。

具体的にはどのように十分留意してきたのか知りたくて
検索したのですが、見つかりませんでした

>診断結果は青天の霹靂(へきれき)

一般的には健康食品とされているものを摂っていませんでしたか?
例えば牛乳やヨーグルトとか?

>「がん撲滅運動と新治療法の発明」

この発想自体が間違いです。
すでに癌予防法は確立されています。
(国民に知らされていないだけです)
となれば、癌にかかっても原因を取り除けば
癌を退縮させることは十分に可能なのです。
よって、新治療法の発明など今さら必要ないのです。

>「私自身の体を使って最後に前人未到の発明をする」

無理でしょう。
発想がズレています。

>「がん治療ロボット」の完成を目指す。

癌が治る治療法はすでに確立されているのに、それを知らない。
無知ですねぇ?





☆お願い☆
人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報


★本日2つめの記事でした。前のも読んでくださいね★









最終更新日  2014年06月27日 22時36分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年05月08日
カテゴリ:前立腺がん

渡辺淳一さん。医師であり作家であった。

医師なのに、自分の前立腺がんの原因を探らなかった?
それで、現代医学の療法を受けていた?

そのように思います。

日本で急激に前立腺がんの患者数が増加している原因として、食生活の欧米化が考えられます。

前立腺癌とは:前立腺がんの基礎知識
食生活が欧米化したことで高タンパク、高脂肪の食事が増え、それが前立腺がんや前立腺肥大症増加の大きな原因になっているのです。

http://matome.naver.jp/odai/2139935143120066201

渡辺淳一さんのご冥福を命よりお祈り申し上げます。

>日本で急激に前立腺がんの患者数が増加している原因として、
>食生活の欧米化が考えられます。

「考えられます」という表現はやめてほしいよね。

だったら前立腺癌にかかったら、「食生活の欧米化」を
やめたらいいだけの話だ。
簡単だ。



☆お願い☆
人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報




Twitterボタン
Twitterブログパーツ






最終更新日  2014年05月08日 22時31分21秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年04月05日
カテゴリ:前立腺がん

大黒町さんの体験談をお送りします。

QOLの差

自然療法といわゆる一般の癌治療で一番大きな違いは何と言ってもQOLの差だ。
それを端的に示すことが出来るのが、私と兄の例だろうと思う。
兄は全く私と同じ病気だった。
癌の進行度を表す数値に若干の違いはあるものの、実質的には殆ど同じ症状なのだ。
前立腺癌、初期の、限局性すなわち発見時に転移は見られない、いわば良性の癌と考えられるものだった。
全く同じ病気でありながら、その治療法はお互いに正反対、兄は病院に行っていわゆる標準療法を真面目に受けてきた。
一方不真面目な私は、病院の治療を断り、自分で自然療法をやってきたのだ。
その結果、兄は病院に言われるままに、あらゆる治療を受けたにもかかわらず悪化する一方で、昨年11月、末期症状に陥って死亡した。
発病からたった4年、わざわざ死ぬために治療したようなものである。

ところが何にもしない私は・・・、

続きはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/sanadamusi/diary/201404030000/


この本には前立腺がんについても言及されています。



☆お願い☆
人気ブログランキングへ
どちらか↑ ↓1つでもクリックしてくださると、とっても嬉しゅうございます。
にほんブログ村 医療情報



姉妹ブログ為谷邦男のTwitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ






最終更新日  2014年04月05日 21時28分16秒
コメント(2) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

RV/インテルアラート… New! n4316さん

空中戦で制御困難に… New! hiryu4398さん

米露の軍事的な緊張… New! Condor3333さん

性格がすごくいい女… New! 楽天星no1さん

どう思う? 【速報… New! 為谷 邦男さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.