6494265 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

全1046件 (1046件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

乳癌

2019年09月16日
XML
カテゴリ:乳癌
“乳がん検診”を受ける前に知っておきたい6つのこと - 記事詳細|Infoseekニュース
“お胸の健康”と聞いて、真っ先に乳がんのことを思い浮かべる人は多いはず。検診はどんな人が対象になっているのかなど、まずは乳がん検診について再確認。■Q.乳がん検診は受けたほうがいいと思いますか?YES…93%、NO…7%anan読者世代の20~30代の女性100人にアンケート。乳がん検診は、若いうち…



一番大切なことは早期発見ではなくて、
乳がんにかからないことなんだよね。
つまり予防。
それを教えてくれる人はとっても数が少ない。
だから自分で見つけなくてはならないんだよね。
以下の本が教えてくれます。


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている【電子書籍】[ 幕内秀夫 ]


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか/ジェイン・プラント/佐藤章夫【合計3000円以上で送料無料】






最終更新日  2019年09月16日 19時46分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月11日
カテゴリ:乳癌

 昭和の前期、美智子さま(84才)が疎開のために身を置かれたのは、軽井沢の地だった。奇しくもそこは、上皇陛下と出会われ、仲を深められた思い出の地でもある。令和となった今、そんな場所で過ごされた、心安らぐひととき。

「美智子さまは乳がんを発表されました。“病は気から”です。皆さん、お手振りで応援してください」

 自然と文化が香る街・軽井沢(長野県)ゆかりの文豪や詩人らの足跡を展示する施設「軽井沢高原文庫」前の沿道に、8月23日、多くの人が集まっていた。前日22日から静養のために軽井沢を訪れていた上皇上皇后両陛下を一目見るためだ。交通整理をする地元の警察官はスピーカーつきのマイクで、冒頭のように呼びかけた。

 両陛下の御料車が通りかかると、沿道からは「美智子さま、どうぞお体をお大事に」という奉迎の声が上がった。

 美智子さまはいつもと変わらぬ柔和な笑顔で、館内を見て回られたという。厳しい日差しもやわらぎ、木陰に入ると涼しさも感じられる、軽井沢の夕暮れ時のことだった。

「8月30日にご静養から帰京されると、御所から高輪皇族邸へのお引っ越しのため、荷物の整理に取りかかられているそうです。周囲は“手術まで安静にしてほしい”という思いですが、10月中旬の即位の儀式までに天皇皇后両陛下に御所を譲られたいと、お体に鞭打って動かれているようですよ」(宮内庁関係者)

 美智子さまは9月1日午後、サントリーホール(東京・港区)で指揮者の小林研一郎氏の演奏会を鑑賞された。

「その日の午前中、東京大学医学部附属病院(文京区)を訪れ、検査を受けられていました。その後の演奏会で見せられた笑顔から、検査はよい結果だったと期待しています。9月8日に手術を受けられる予定です」(皇室ジャーナリスト)

 5月の御代がわり以降、美智子さまのご体調を不安視する声は大きかった。体重が激減し、体力は急激に低下。6月には検査で中度の心臓の弁の逆流症や不整脈の所見が認められ、白内障の手術を2度にわたって受けられた。8月末の軽井沢ご静養で終始、「色つきのメガネ」をされていたのは、目の具合がまだ不完全だからだろう。

「軽井沢でのご静養は、心身を回復させることも目的の1つでした。ご年齢や体力の低下もあり、がん手術には合併症など身体的なリスクもありますから。体力的には、訪問されたテニスコートで旧知の友人らと思い出話に花を咲かせ、お元気な姿を見せられるなど、充分に回復されてきたようです。

 また、手術を控えて精神的にもおつらい状況だったと思われますが、軽井沢ご静養中のある夜、気の置けない人たちと、お心がゆっくり休まるようなお時間を設けられ、晴れやかなお気持ちになられたそうです」(皇室記者)

◆“阿吽の呼吸”で見事な連携を披露

 冒頭のように軽井沢高原文庫を訪ねられた翌24日の昼過ぎ、ご夫妻は壬生(みぶ)基博氏の別荘を訪問された。

「壬生氏は、旧宮家出身の東久邇盛厚(ひがしくにもりひろ)氏と、昭和天皇第一皇女成子内親王の次男です。上皇陛下の甥にあたります。現在は山階鳥類研究所理事長を務められ、生物学者である陛下との会話も弾まれたでしょう」(前出・皇室記者)

 壬生邸で語らいのひとときを過ごされた後、ご夫妻が向かわれたのは壬生邸から5分ほどの距離にある“特別な場所”だった。

 夜7時少し前だった。すっかり暗くなった林道を抜け、生い茂った木々の間でご夫妻を乗せた車が止まると、おふたりはレンガ造りと木造の家が3軒建ち並ぶ方へ向かわれ、そのうちの落ち着いた茶色のレンガ造りの別荘の扉をくぐられた。

 実はその一帯は、美智子さまのご実家である正田家が所有する別荘地だ。美智子さまにとっては思い出深い地でもある。

「美智子さまは幼少の頃から、夏休みを軽井沢の別荘で過ごされてきました。昭和20年の夏、終戦を迎えられた疎開先でもあります。当時10才だった美智子さまは、別荘の庭の桑の木の実でジャムを作られたり、飼っていたヤギの乳搾りなどをされたそうです。

 都内にあった正田邸(東五反田)が2003年に取り壊される際、美智子さまが大事にされてきた白樺の木が、その別荘地に移されたとも聞いています」(前出・皇室ジャーナリスト)

 美智子さまは正田家の4人きょうだいの長女として誕生された。別荘地に建つ3軒の物件は現在、4才年上の長兄・巌氏、6才年下の次女・安西惠美子氏、8才年下の次男・修氏がそれぞれ所有している。

 両陛下がその夜に訪ねられたのは、妹の惠美子氏の棟だった。惠美子氏の夫は、昭和電工専務や2002年サッカーW杯組織委員会理事、日本ゴルフ協会会長などを歴任した安西孝之氏だ。

「美智子さまと惠美子さんは、父兄らと離れ、姉妹で手に手をとって、軽井沢で疎開生活を送られたそうです。終戦後、正田家に招かれ紅茶とクッキーでもてなしをされた知人は、幼少の美智子さまと惠美子さんがテキパキとお茶を用意される姿に大変感心されたそうです。美智子さまとは“阿吽の呼吸”の妹さんだそうですよ」(別の皇室ジャーナリスト)

 その夜、美智子さまと惠美子氏らは、2時間のご滞在だった予定を20分も延長され、姉妹水入らずの時間を過ごされた。

「公に知らされない極秘の訪問でした。きっと、ご自身の近況やご病気についてもお話をされたのでしょう。手術を前に、信頼する妹さんとゆっくり話すことができ、美智子さまにとって心安らぐ時間だったのではないでしょうか。帰路につく美智子さまの表情はとても満足げで、サングラス越しにでもうれしそうなご様子が伝わってきました」(前出・皇室記者)

◆黒田清子さんの“ドンマーイン”

 両陛下は翌日25日、おふたりの出会いの場でもある軽井沢のテニスコートを訪れ、プレーを観戦された。コートを11時頃に出発されると、あるペンションに向かわれた。

「そこでは黒田清子さんと一緒にランチをされたようです。清子さんにも、手術の話をされたのでしょう。清子さんは、手術を控え心配なお気持ちを抱えていらっしゃるだろう美智子さまに、子供の頃からの合言葉である“ドンマーイン”と励ましの言葉をかけられたのではないでしょうか」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 ご夫妻は14時過ぎにペンションを出発された。沿道に集まった人たちが手を振ると、ご夫妻は満面の笑みで会釈をされた。

 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、今回の軽井沢でのご静養の持つ意味をこう説明する。

「上皇上皇后両陛下にとって、軽井沢は心休まる、また、英気を養える場です。軽井沢に別荘を持つご友人も多いですし、上皇后陛下は戦時中、疎開もされていました。おふたりの出会いの場でもあります。今回もご友人やご親族とも交流でき、心からお休みになれたと思います」

 思い出の地で、気心の知れた人たちと話をされ、美智子さまはきっと勇気づけられたに違いない。心身共に万全な状態で、手術に臨んでいただきたい。

※女性セブン2019年9月19日号

続きはこちら↓
https://www.news-postseven.com/archives/20190909_1446306.html/2


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか/ジェイン・プラント/佐藤章夫【1000円以上送料無料】


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ






最終更新日  2019年09月11日 23時26分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月08日
カテゴリ:乳癌
上皇后さま「手術後の経過は順調」宮内庁 リンパ節への転移見られず - 記事詳細|Infoseekニュース
宮内庁は8日夜、東大病院(東京都文京区)で同日行われた上皇后さまの左胸乳がんご手術について「手術後の経過は順調」と発表した。宮内庁によると、手術は乳房を温存する「部分切除術」で行われた。手術中、一般的に最初の転移が予想される脇の下の「センチネルリンパ節」の生検も行い、迅速診断した結果、転移は見られな…




乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ/幕内秀夫【合計3000円以上で送料無料】


【送料無料】 乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか / ジェイン・プラント 【本】






最終更新日  2019年09月08日 21時54分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月29日
カテゴリ:乳癌
乳がんにかかってからでは遅い、とは言わないけれど、
乳がんにかからないための方法を皆さん認識するべきでしょう。

 先日、女優の南果歩さんにインタビューする機会を得て、「週刊文春」(2017年10月19日号)に「南果歩独占告白 乳がん公表1年半、初めて明かす苦悩の日々」というタイトルの記事を書きました。

 きっかけはネットニュースで、南果歩さんが「術後の抗がん剤治療やホルモン療法をストップし、糖質制限などの代替療法を行なっている」と報じられたことでした(BuzzFeed Japan 10月3日付「乳がん治療中の南果歩さんの講演『責められるべきは本人ではない』」)。 

 ちょうど私は、「週刊文春」で代替療法(民間療法)について記事にすべく、取材を進めているところでした(その記事は、南さんの翌週10月26日号に「著名人がすがった『がん民間療法』」のタイトルで掲載)。南果歩さんにも取材を申し込んだのは、どんな代替療法を、どんな考えで行っているのか、直接ご本人にお会いして確かめたいと思ったからです。

 詳細は記事をお読みいただければ幸いですが、ご本人によると、代替療法といっても緩やかな糖質制限のようなもので、それによってがんの再発予防になることも期待してはいるものの、むしろ「一般的な健康法に近い」とのことでした。
コメントが独り歩きして批判される芸能人

 しかし、亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さんが、「標準治療を拒否して代替療法に頼ったために手遅れになった」などと週刊誌で報道されたこともあって、ネットニュースのコメント欄などには、南さんの誤った選択が、多くの人に悪影響を与えるなどと批判する書き込みがたくさん見られました。

 そもそもが、10月1日に東京・有楽町で開かれたピンクリボンシンポジウムで南さんが語った一部を、「日刊スポーツ」が切り取って報じたことが発端だったのですが、発言が独り歩きして、一方的に批判されてしまう芸能人は、ちょっと可哀想だなとも思いました(日刊スポーツ17年10月3日付「南果歩 抗がん剤ストップ中と明かす」)。

 ご本人に話をうかがってみると、南さんの病との向き合い方には批判すべき点よりも、むしろ学ぶべきところがたくさんあったのです。その一つが、南さんの治療選択でした。代替療法をやっていることよりも、そちらの方を多くの人に知ってもらいたい。そう思いながら、私は記事を書きました。
抗がん剤治療をやめたのは現代医療を否定しているからではなかった

 南さんが抗がん剤治療やホルモン療法をやめたのは、決して現代医療を否定しているからではありませんでした。薬の副作用の出方は人によって異なり、軽く済む人もいますが、南さんの場合は手足のしびれ、めまい、高血圧などの副作用が強く出て、臥せった状態が長く続いたそうです。それが、南さんが治療を立ち止まろうと考えるきっかけになりました。

 それを主治医に相談したところ、南さんの病巣は乳房温存切除で取り除くことができており、リンパ節転移もない状態だったことから、主治医も抗がん剤治療とホルモン療法の中止を肯定してくれたのだそうです。
セカンドオピニオン、サードオピニオンまで受けた勇気と行動力

 それだけではありません。その選択が正しいかどうかを別の視点からも検討してもらうため、南さんは主治医以外の医師の意見を聞く「セカンドオピニオン」「サードオピニオン」を受けに行きました。その両医師も、南さんが薬をやめることを肯定してくれたとのこと。それだけ、慎重に慎重に検討を重ねての判断だったのです。

 近年は、がんなど重い病気の治療選択にあたって、セカンドオピニオンを聞きに行く人がかなり増えました。とはいえ、まだまだ主治医に対する遠慮もあって、ためらう人が少なくありません。それだけに、南さんの行動力は評価されるべきでしょう。

 それだけでなく、セカンドオピニオンを聞きたいと申し入れて、検査結果などを貸してもらうようお願いしたところ、主治医の先生は嫌な顔一つされなかったそうです。大学病院の女医さんだそうですが、定期検査だけでなく長期的な健康管理も考えてくれて、飲んでいるサプリメントなどのチェックもしてくれる、本当に心強い存在だと南さんは語っておられました。

 南さんの主治医との関係性の築き方、そして主治医の患者さんとの向き合い方にも、学ぶべきところがあると私は感じました。

続きはこちら↓
https://bunshun.jp/articles/-/4653?page=2


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか [ ジェイン・プラント ]


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすす [ 幕内秀夫 ]






最終更新日  2019年07月29日 19時43分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月18日
カテゴリ:乳癌
室井佑月も告白、豊胸手術が乳がん発見遅らせるリスクも - 記事詳細|Infoseekニュース
「闘うという気持ちはない。がんになったから、逆にいいこともあるだろうと思うので、馬券か宝くじを買いたい」乳がんを患ったことをスポーツニッポン(7月10日付)の取材に告白したのは、作家でタレントの室井佑月(49才)。7月初旬に右胸に違和感が生じたという。触ってみるとしこりがあり、病院へ。ステージIの乳…



作家だったら乳がんにかんして正しい知識を持っていていいものを。


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか [ ジェイン・プラント ]


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすす [ 幕内秀夫 ]






最終更新日  2019年07月18日 17時11分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月13日
カテゴリ:乳癌

 作家でタレント、室井佑月さん(49)が12日、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」(月~金曜後1・0)に出演。乳がんを患っていることを明かした。

 オープニングトークで大竹まこと(70)が「室井が乳がんだって?」と切り出すと、室井さんは「そうなんだよー腹立つ~!」と声を張り上げ、乳がんであることを明かした。

 大竹からどうやってわかったのか聞かれると、室井さんは「自分でもみもみしてだよ」と恥ずかしそうに応じ、「もみもみしたら、しこりがあったから。翌日すぐに病院に行った」と話した。

 検査の結果、ステージは1。リンパには転移していないという。室井さんは8月8日から入院し、9日に手術を受ける予定だと話し、「入院期間は1週間と先生に言われているけど、個室が高いのとご飯がおいしくないから絶対5日で退院する」と陽気に宣言した。

https://www.sanspo.com/geino/news/20190712/geo19071213510016-n1.html

>「そうなんだよー腹立つ~!」

癌を作ったのはあんただよ!
自分に腹立ててどうすんの?

>「もみもみしたら、しこりがあったから。

こういう発見の仕方は正しいよね。

>ご飯がおいしくないから

以前に入院して病院食を食べたことがあるのかな?
それともそのように言われていたからかな?

室井さんはグルメ?
だとしたらそれが乳がんの原因なんだよ。


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか [ ジェイン・プラント ]


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすす [ 幕内秀夫 ]






最終更新日  2019年07月13日 19時38分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月12日
カテゴリ:乳癌
カロリー爆弾どころじゃない。 ドミノさん 「1キロチーズピザ」って正気かい?- 記事詳細|Infoseekニュース
「ドミノ・ピザ」さん、正気ですか!?デリバリーピザチェーン「ドミノ・ピザ」が、合計1キロのチーズをのせた「NewYorker1キロウルトラチーズ」を、2019年6月10日から期間限定で販売しています。未知の世界へ行ってみる?ピザに欠かせない食材「チーズ」。ドミノ・ピザはこれまでとことんチーズにこだわ…



そもそもピザを食うこと自体がまちがってるのね。


【中古】乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか /径書房/ジェイン・プラント (単行本)






最終更新日  2019年06月12日 13時23分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月28日
カテゴリ:乳癌

乳がんと診断され2018年に左乳房全摘出。
その後、治療を続けながら自撮りで始めた
“乳がんダイアリー”。そこに
込められた彼女の気持ちとは。

【乳がんダイアリー矢方美紀×1.5ch】
https://www.nhk.or.jp/nagoya/nyugan/diary/


【中古】アイドル(AKB48・SKE48)/SKE48 トレーディングコレクション part5 SPS15 : ☆矢方美紀/直筆サインカード(/50)/SKE48 トレーディングコレクション part5






最終更新日  2019年02月28日 18時07分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月31日
カテゴリ:乳癌
またしても乳がん治療の犠牲者が。

 テレビアニメ『一休さん』の一休役、『キテレツ大百科』のキテレツ役など数多くのキャラクターを演じた声優・藤田淑子(ふじた としこ)さんが浸潤性乳がんのため、28日に亡くなった。68歳。所属する青二プロダクションの公式サイトで同日伝えられた。

 サイトでは「浸潤性乳がんの為かねてより病気療養中でしたが、薬石効なく平成30年12月28日永眠いたしました。生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します」と報告。また、通夜告別式に関しては、家族葬で執り行うとした。

 藤田さんは、『一休さん』の一休役、『キャッツ・アイ』の来生泪役、『キテレツ大百科』のキテレツ(木手英一)役、『デジモンアドベンチャー』の八神太一役、『地獄先生ぬ~べ~』の立野広役、『ガラスの仮面』(2005年版)の月影千草役など多くの人気作品で主要キャラクターを演じてきた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15806299/

ご冥福をお祈りいたします。


【送料無料】 乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか / ジェイン・プラント 【本】






最終更新日  2018年12月31日 17時34分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年11月18日
カテゴリ:乳癌
今日、ウォーキングするために
みかも山公園へ向かう車の中で、
TBSラジオの『道場洋三(どうじょうようぞう)の健康道場』の
ゲストに登場したのを聞いたのね。
その内容は以下のとおり。

がんとの闘い
2011年4月28日、43歳の誕生日に乳がんが発見される。5月6日に腫瘍のある部分を切除する乳房温存手術を受け、放射線照射と薬による治療を続けた。2012年の夏、再発が判明。がんのできた部分を切除する再手術を受ける。2013年10月に3度目の切除手術、同年12月27日に右胸の全摘手術を受けた。2015年10月27日、右乳房の再建手術を受ける。同年11月、自らのがんを公表[12]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%A8%B2%E6%99%83%E5%AD%90

生稲晃子、怖かった二度目の乳がん再発 “普通”に接してくれた家族に感謝
https://www.youtube.com/watch?v=d6if_v07lA4


右胸にありがとう そして さようなら 5度の手術と乳房再建1800日 [ 生稲晃子 ]


【中古】生稲晃子 オフ・ホワイト 写真集 / 撮影 木村晴 / ワニブックス

来週も続きのお話があります。






最終更新日  2018年11月18日 20時13分15秒
コメント(0) | コメントを書く

全1046件 (1046件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

災害見舞と地鎮祭と… New! 楽天星no1さん

トルコ軍のシリア攻… New! Condor3333さん

台風19号以下引用文 New! n4316さん

台風一過 New! キララ8653さん

10月13日(日)営業し… New! White Eagleさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.