6363248 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

全9件 (9件中 1-9件目)

1

脂肪について

2012年08月17日
XML
テーマ:癌(3365)
カテゴリ:脂肪について
野母伊にとってはやっぱり、どうでもいいような、無駄で、頓珍漢な
研究だと思ってしまいます。

高濃度カフェイン:細胞死の仕組み解明 抗がん剤応用期待
毎日新聞 2012年08月15日 12時43分(最終更新 08月15日 13時16分)

 カフェインのとりすぎで細胞が死ぬ仕組みを、筑波大の桑山秀一講師が分子レベルで解明した。高濃度カフェインの刺激で合成されたアラキドン酸が、細胞死を促進していた。この仕組みを利用すれば、効果の高い抗がん剤開発につながる可能性があるという。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に近く掲載される。

 多くの多細胞生物は、自身の生存に不利益となる細胞を減らす「アポトーシス(予定細胞死)」という仕組みを備えている。

 実験では、アポトーシスの仕組みを持たない単細胞生物の細胞性粘菌を、コーヒー約100杯分に相当する濃度のカフェイン溶液に浸すと、3時間後には20%しか生き残らなかった。アポトーシスとは別の細胞死が起きていると考え、生体維持にさまざまな役割を果たすアラキドン酸に着目。この物質を作れないようにした細胞性粘菌は、高濃度カフェイン液中でも生き続けたことから、カフェインがアラキドン酸の合成を誘発し、アラキドン酸が細胞死を促していると結論付けた。ヒトの細胞を使った実験でも同じ作用を確かめた。

http://mainichi.jp/select/news/20120815k0000e040174000c.html

【送料無料】幕内秀夫のがんを防ぐ基本食 [ 幕内秀夫 ]
がん予防の入門書といえます。

【送料無料】ガンにならないゾ!宣言(part 1) [ 船瀬俊介 ]

【送料無料】ガンにならないゾ!宣言(part 2) [ 船瀬俊介 ]

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 医療情報






最終更新日  2012年08月17日 17時05分56秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年02月07日
カテゴリ:脂肪について
とコメントをくださったのは1988カーライフさん。
日本はもたもたしていますね。
自己防衛しないといけまえんね。

トランス脂肪酸を含むマーガリンは危険!
http://www.g-live.jp/shokuanzen/shokuanzen25.html

「マーガリン=健康的な植物油」はウソだった
http://www.jca.apc.org/~misatoya/bargarine/margarin.html

k-klassさんより。

>こちらに、「ショートニング」の害についてまとめています。
http://blogs.yahoo.co.jp/sizenfukukobo/29007058.html




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 医療情報






最終更新日  2012年02月07日 18時45分25秒
コメント(1) | コメントを書く
2010年01月23日
カテゴリ:脂肪について
野母伊のコレステロール値は以下の通りです。(受検日:平成21年6月8日)

トリグリセライド   88mg/dl
LDLコレステロール 72mg/dl
HDLコレステロール 58mg/dl

ではコレステロール値の規準値はどのくらいなのでしょう?
「健康診断結果報告書」によりますと、

トリグリセライド  150mg/dl未満
LDLコレステロール 120mg/dl未満
HDLコレステロール 40mg/dl以上


となっています。

現在では総コレステロール値は表示しなくなりました。
でも、LDLコレステロールとHDLコレステロールを
足したのが総コレステロール値ということだそうです。

この野母伊の値が何を物語っているのか?
それは葬られた「第二のマクガバン報告」(上)で解説されています。

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年01月23日 21時03分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年11月28日
カテゴリ:脂肪について
「乳」という文字がはいっていますが、乳化剤は乳製品ではありません。
水と油みたいに混ざりにくいモノを混ぜる物質です。
天然の乳化剤もありますが、合成されたものもあります。

例えば、マヨネーズはサラダ油と酢と卵黄を混ぜて作りますが、
卵黄の中に含有されているレシチンが乳化剤として働いて
油と酢とが均一に混ざる、と言うわけです。
いろいろな食品に使われています。
加工食品を買うときにはぜひ原材料名をチェックして下さいね?

>最近気づいたことがあります。
>食生活を改善(完璧では無いですが)したら、もの心ついた時から
>黄色かった手のひらが、ピンクに変わってきました。
>関係あるのかわかりませんが、健康な感じでうれしいです。

よかったですね?

食事があなたの体を作る。
食事があなたの心も作る。
食事があなたの病気も作る。
食事があなたの病気も治す。


世の中にはマヨラーという方々がいますが、
非常にキケンなのでマヨラーは返上して下さい。

じょうぶな子どもをつくる基本食

人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年11月28日 22時05分53秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:脂肪について
>我が家の油は、オリーブ油とゴマ油使っています。

油、すなわち脂質は三大栄養素の一つです。
ヒトは脂質を摂取する必要がある、ということですね?

しかし私は目に見える脂質の摂取は極力控えましょう、
ということを提唱しています。

どういうことか?というと、

抽出された油を料理に使うと、脂質の摂りすぎになりかねないからです。

「じゃあ、どこから脂質を摂ったらいいの?」

脂質が目に見えない食品からです。

例えば、お米にも脂質は含有されています。
ゴマにも含まれています。
なので、ご飯(玄米がお勧め)にゴマをかけたら
これだけで必要な脂質は摂れる、ということなのです。
あとは、大豆などの豆類。
こういうふうに食べ物から脂質を摂った方がいいのですね。

でも、お料理に油を使うこともありますから、そういう場合は
質の良い油を使いましょう。つまりその製法が大切なのです。
低温圧搾法で作られた油がお勧めです。
もちろん高価ではありますが、お料理に少量ずつ使えば、
健康にもいい、ということですね。


オーガニック(JAS認定)エキストラ バージン オリーブオイル430g


九鬼太白純正胡麻油【600g】

お魚については次回に話題にしますね。

人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年11月28日 20時41分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月22日
カテゴリ:脂肪について
かつて、ベジタリアン専門雑誌でカレーを特集したことがありました。
具材にお肉はつかわない。しかしカレー自体にはなんの指定も無かったらしい。
そこで読者から指摘があった。

どういうことか?

市販のカレーやシチューには、必ずや、入っているものがあるのです。

それが牛脂、豚脂なのです。

これでもう、ベジタリアンには食べられません。

  

人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年11月23日 01時12分19秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年03月28日
カテゴリ:脂肪について
といっても生活習慣病に関してですけどね?
今メタボリックシンドロームが話題になっています。
嬉しくない話題ですけどね?
メタボリックシンドロームってなに?

高血糖の人は高血糖だけではすまないよ、ということね?
高血圧の人は高血圧だけではすまないよ、ということね?
高脂血の人は高脂血だけではすまないよ、ということね?

その根底にある物はなに?

それは内臓脂肪。

内蔵脂肪を解消しない限り、
高血糖も高血圧も高脂血も改善されない。
よしんば薬で血糖値や血圧や高脂血を下げてもそれは
根本的解決にはなっていない、ということですね。

で、内臓脂肪を減らさない限り、
生活習慣病の危険度は高まるわけね。
これが「メタボリックシンドローム」。

そのために、厚生労働省は2008年度から
健康保険の運営者に対して、
40歳以上の加入者には腹囲(へそ回り)の
測定を義務づけられました。

野母伊の職場でも引っかかる人たくさんいるぞ~。
メタボは癌にかかるリスクも高くなります。

病気になる前に治す本

メタボリックシンドロームは誰でも歩けば克服できる!

肥満・メタボリックシンドローム診療ガイダンス

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは誰にでも克服できる!

人気ブログランキングへ






最終更新日  2009年03月28日 22時04分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月19日
カテゴリ:脂肪について
「私は肉を食べないし、バターも摂らない。
使う油はオリーブ油かキャのラー油。どう?ヘルシーでしょう」

というあなた。見える油は危険なのです。

「え?見える油?」

そうです。見える油。つまり、植物から搾り取った油のことで、
液体になっている状態です。これって油として見えるでしょう?」

「じゃあ、見えない油ってあるの?」

はい、あります。例えば、胡麻粒を見て下さい。油が見えますか?
大豆を見て下さい。油が見えますか?
お米を見て下さい。油が見えますか?

見えませんよね?でも油(脂質)はちゃんと含有されているのです。
脂質も三大栄養素の一つですから大切ではあります。
しかし、見える油で摂取しようとすると、どうしても摂りすぎに
なってしまいます。しかも、
抽出された油では、その製造過程で微量栄養素(抗酸化物質やファイトケミカル)
が失われてしまいます。
そのため、そういう油を摂ることで、細胞を癌化させてしまう、
ということだそうです。
植物油だからといって摂っていい、ということではないようですね?
ということで脂質は見えない形で摂りましょう。

【参考文献】







最終更新日  2008年05月19日 19時49分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月02日
カテゴリ:脂肪について

まず、脂質の摂り方には、ある種の勘違いがありますね?
炭水化物もタンパク質も食物を食べることによって摂取しているのに、
どうして脂質だけは、オリーブ油やなたね油、ごま油などのように、
植物から抽出された油から摂ろうとするのでしょうか?
この思い違いは日本人だけではありませんでした。

脂質は、脂質が含まれている食品を食べることにで摂りましょう。
じゃあ、どんな食品に脂質が多く含まれているの?

食品中に含まれる脂質の割合は以下の通りです。

イモ類 1.2~5.2%
果物   5~10%
穀類  5.5~8.5%
野菜類  3~18%
豆類   5~45%(大豆が45%でほかの豆類は5~6%)
木の実・種子類 72~96%
植物油  100%(抽出したのだから100%は当たり前だ)

動物性食品は以下の通り。

牛肉  22~86%
豚肉  15~66%
鶏肉  14~23%
牛乳  51%
チーズ 72%
魚類  20~72%
鶏卵  61%
(『五訂増補食品成分表2006』女子栄養大学出版部 より)

さらに、その量です。一般には以下のように言われています。

「三大栄養素のエネルギーそれぞれのエネルギー量が、
日本人にとっては、炭水化物60~68%、たんぱく質12~15%、
脂質20~25%が理想的といわれています。」

WHOでは、脂質10%以下をすすめているそうです。
さらに、予防医学を重視するアメリカの心ある医師たちは
ほんの少し脂質を控える程度では心臓病や脳卒中・癌・
糖尿病を予防する効果がないことから、脂質は総摂取カロリーの
10%以下を目標とし、動物性食品の摂取を控えるだけでなく、
『ノー・オイル』を心がけるよう、声を大にして訴えているそうです。

松田麻美子さんは、次のように述べています。

「ヘルシーと信じられているオリーブ油やキャノラー油でも
高脂肪食品であることには変わりありません。
精製過程で酸化予防に役立つ微量栄養素(ビタミンC,ビタミンE,
セレニウムなどの抗酸化物質やファイトケミカル類など)
のほとんど、またはすべてを失っているために、細胞をガン化
させてしまうフリーラジカル(活性酸素)の製造を増やし、
ガン細胞の形成や増殖を助長してしまいます。植物油だからといって
安心はできないのです」

「厚生労働省の『食事摂取基準』に掲げられている脂肪の
目標値(18~29歳の女性は20~30%、30~69歳の女性は
20~25%)では、女性の体特有のトラブルはもちろんのこと、
肥満や病気から完全に解放されることは期待できません。
食事に動物性食品が少しでも含まれていると、脂肪摂取量を
10%以下に抑えることは不可能です」

さらに脂肪摂取のために、次のように述べています。

「体が必要とするヘルシーな脂肪は、野菜や果物、未精製穀物、
木の実や種子類、豆類などから十分に摂取できます」

Q:でも、炒め物をするときに油敷くでしょう?

A:そうですね。でも量は必要最小限にしたらいいですね?

Q:それに天ぷらだってたまには食べたいよ~。

A:そうですね。たまにならいいのではないでしょうか?
新谷弘実さんは、天ぷらは衣をはがして食べる、と言っています。

ちなみに私は、ご飯(玄米)を炊く時に大豆、黒豆、
小豆を入れているし、
夕食では、ビールのつまみにナッツ類を食べているしで、
脂質の摂りすぎになっているかもしれません。

しかしながら、10%以下とか言われてもどうやって計算するの?
って思いません?
だから私は気にしていません。
それに一日2食だからね?
さらに小食にするとなおいいんだけどね。

ちなみにジェイン・プラント博士は、料理に使う油は、
低温圧搾されたオーガニックのオリーブ油だそうです。

ちなみに私は市販されている普通のごま油です。
ごまの風味が好きなんですよ。

ということで、この記事のまとめ。
脂質は、抽出した油からはできるだけ摂らない。
食品から摂取する。



プラント教授の乳がんとの闘い
http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/lifestyle2/janeplant.html






最終更新日  2008年05月02日 20時56分29秒
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

RV/インテルアラート… New! n4316さん

今日のバザーの売上… New! rainbow3510さん

漢方薬も「不自然な… New! coogoさん

米紙「安倍氏は初心… New! 為谷 邦男さん

米政府はタンカー攻… New! Condor3333さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.