1146979 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

PR

フリーページ

プロフィール


教師辞めて上海【のむてつ】

カレンダー

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全1032件 (1032件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2010年10月28日
XML
中国語サイトのSEOをやってみているんですが、
やっぱり、インデックスさせるために、
『クローラー呼び込みブログ』を作ろうと思いました。

考えた方法は、3つ。

1.予約投稿ができるブログサービスを探す
  (記事インポート機能があれば最高)

2.メールでの記事投稿ができるブログサービス

3.iphoneで記事投稿ができるブログサービス

日本だったら、検索すれば、
そこそこ転がっていそうな情報なんですが、
中国のブログとなると、結局、自分で試してみるしかないんですよね。
(ネット上に書いてあっても、その情報があてにならにことが多いので。苦笑)


まず、1の予約投稿ができる中国ブログサービスですが、
これ、検索しても全然情報がなかったです。
予約投稿って、あまり使われないのかな。

最終的に、1つ見つけました。
wordpressMUを使ったこのブログサービス。

Blog@35
http://blog.35.cn/


そして、次に2のメール投稿できるブログサービス。
ネット上の情報では、「MSN My SpaceとBloggerでできる」とあったものの、
これらは、中国国外のサービスなので、中国語のクローラーを呼びこむには
弱いかなと思い却下。Bloggerは、中国からは見れませんしね。

で、中国国内のブログサービスで、メール投稿できるものを探してみたところ、
この網易ができるという情報を見つけました!

網易博客-網易
http://blog.163.com/

試したところ・・・・・(涙)

メール投稿、できることは、できるんです。
でも、網易の163.comって、163.comのフリーメールアドレスが作れるんですが、
そのサービスのウェブメールから送信しないと、メール更新できないんです!
gmailではダメで、普通のメールソフトでsmtpサーバーを163.comにしてもダメ。

そしてさらにダメだったのは、その163.comのウェブメールの
メールを書く画面が、iphoneからだとペーストできないんですね(涙)。
ペーストできないってことは、画像タグなんかを全て手打ちしないとダメ。
それは無理、ということで却下。

結局、メール投稿に関しては、できる中国ブログサービスを
見つけることができませんでした。


そして最後に、3のiphone投稿。
これが意外に使えそうで、助かりました~♪

とりあえず、sinaと、網易で、iphone投稿できました!
アプリではなく、ブラウザからの投稿です。
(アプリは全然ダメでした。汗)

こんな感じで、やってます。

日本旅游日本生活 - nomutetsu - 网易博客

在家用電脳賺銭日本人_新浪博客


いつまで続くか、わかりませんが・・・・(笑)

ただ、注意。
sinaのほうは、iphoneから投稿しようとすると、
投稿窓をHTML表示方式にしないと、ペーストできません。



あ、そうそう、どうしてそんなにペーストにこだわるか、というと、
iphoneで、ブログ投稿するときに、flickerの写真を簡単にブログ記事に貼れる
ブックマークレットがあったからなんです。

知っている方には、「今さら?!」と言われるかもしれませんが、
これ、すごく便利なので、感謝の意を込めて紹介しておきます。


flickerにアップした画像をブログに表示させるためのタグを
ワンクリックで作ってくれるブックマークレットです。
(Draftpadというメモアプリが必要です)

【参考記事】
FlickrからDraftPadへ画像リンクを送る[iPhone] ? したっけ、鈍がめ 備忘録
http://ma2mars.org/?p=11460


これなら、休憩中や寝る前とか、
ふと思ったときに、ブログ更新できます♪

いやー、便利だ。

あと問題は、自分の根気のみ!(笑)






最終更新日  2010年10月28日 14時43分09秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年10月17日
中国語でのSEOを、最近、
少し本気でテストしております。

中国の検索エンジンと言えば、百度baidu.comなんですが、
実際にネットショップを運営されている方から聞くと、
「googleからのほうが購買率が良い」という意見があったので、
中国語のgoogle対策について、いろいろ試行錯誤をしているところです。

で、一番基本となる、検索順位の調べ方なんですが、
ここでいきなり、つまづきましたので、
メモしておきます。

日本語のサービスで、ちょうど良さそうなものはなかったので、
英語のサービスで探してみました。

使えそうだな、と思ったのは、この2サービス。
両方ともに、複数のキーワードで、
複数のサイトの順位を調べてくれます。


WebPosition
http://www.webposition.com/
無料と有料あり。
無料の場合、1メインURL+5サブURLの調査が可能で、
キーワードは10個まで。月1回までしか調査できない。
月19ドルの有料版だと、キーワードが50個までOKで、
月10回まで調査できる。


Rank Checker(firefoxのアドオン)
http://tools.seobook.com/firefox/rank-checker/



私は、とりあえず、
両方使ってみることにしました。

上のWebPositionのほうは、有料版にするか、迷い中。
調べたいサイトが7つあるので。

下のほうのfirefoxアドオンは少し注意。
そのままでは、キーワード&URL登録がちゃんと機能しませんでした。
(ウィンドウからURLやキーワードが登録できない。汗)
結局、直接、firefoxのデータをいじることに。

手順は、
1. 「windowsキー+E」でエクスプローラーを立ち上げる。
2. アドレス欄に「%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\」と入力してEnter。
3. 「適当な文字列.default」というフォルダがあるので、その中の、
  「rankchecker.sqlite」というファイルに、URLとキーワードデータを入れる。

「rankchecker.sqlite」にデータを記入するときは、
こういう専用ソフトが必要でした。


PupSQLite
https://www.eonet.ne.jp/~pup/software.html



ってな感じです。



でも、二点、気になっていることがあるんですよね。

・googleは、検索する場所(=パソコンのIP)で検索結果を変えているらしいが、
 それは、これらのソフトでは、どう影響するのか?

・中国語検索でセーフサーチを外すとき、香港googleでは、
 「検索言語を英語にして、セーフサーチを外す設定をする」ということをするが、
 これらのソフトでは、サーフサーチはどういう扱いになっているのか?

2番目の疑問に関しては、WebPositionのほうは、
検索エンジンを選べるだけではなく、検索言語も指定できるので、
より正確なデータが取れそうです。


ま、それでも、
使いながら試行錯誤するしかないですね。


~~~~~~~~~~~~~~
中国インターネットビジネスネタは、中国オークション『タオバオ(淘宝)』大解剖のほうに、まとめてます♪






最終更新日  2010年10月17日 13時19分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月15日
カテゴリ:国際結婚出産編
10月12日に、二番目の娘が
無事、生まれました♪

SANY0108.JPG帝王切開なので、
本来の予定日よりも
2週間ほど早い出産でしたが、
十分すぎるほどに体重もあり(笑)、
ひと安心しました。

これで、うちの嫁さんは、
一人目は中国(貴州省)での出産、
二人目は日本での出産と、
二つの場所での出産を経験したわけですが、
まあ、それぞれに良いところ、不便なところがあり、
私としても、貴重な経験ができました。

嫁さんに聞くと、

「手術のときに、不安がる私の手を
 ずっと握ってくれていた看護婦さんがいた」

という、日本の病院の献身的なところが、
一番、感動したそうです。

中国の病院って、看護婦さん、
基本的に怖いですからね(笑)。

あと、今回の出産の手術で、
前の時の中国での帝王切開のときを思い出したそうで、
中国のお医者さん、手術のときに、

「この患者、この病院じゃなかったら、
 帝王切開しなくても良かったんだよな」

ってな話を、耳元でしていたんだそうです。

麻酔で患者の意識が朦朧(もうろう)としているとしても、
そんな話を患者の聞こえるところでする、しかも、手術中に、
というのは、ちょっと配慮に欠けますよね。

この話を聞いて、私は、ほんと、ビックリしました。



逆に、日本の病院の不便なところは、
面会時間が決まっていること、でした。

中国の病院では、食事なども家族が用意してくるのが
普通だったこともあり、付き添いが、
ずっとそばにいることができたんです。

お弁当を作っていく必要があるので、面倒なんですが、
入院している者としては、家族が常に近くにいるので、
安心できますよね。

日本の場合は、基本的に、すべて病院任せになっているので、
そのぶん、面会時間が限られている。
(うちが入院したとこだけかもしれないですが)

こういうのって、
家族にとっては便利なぶん、嫁さんのような外国人には、
特に寂しく感じるのかな、と思いました。

日本人どうしなら、友達もできるだろうし、
問題ないのかもしれないですけどね。

家族のつながりが濃い、中国人には、
特に寂しく感じるのかなと思います。


今日も、娘を連れて、病院へ行ってきます~!!


こういうときは、時間に自由が利く
自営業で良かった♪と思いますねぇ。


~~~~~~~~~~~~~~
子育てネタは、サイト「中国国際結婚パパの手続き&子育てメモ」にまとめてます♪






最終更新日  2010年10月15日 14時42分54秒
コメント(10) | コメントを書く
2010年09月23日
テーマ:海外生活(7186)
カテゴリ:海外保険マニア
最近、クレジットカードの変更が多いので、
いろいろと調べ直しています。

それで、今日、オリコUPty iDの海外旅行保険に
ついて調べていましたら、判明しました。


オリコカードは、
海外の病院でのキャッシュレス診療は無理のとのこと(涙)。


オリコさんって、海外旅行保険が、
一般カードや年会費無料カードでも結構手厚くて、
基本的にはオススメなカード会社。
(参考⇒カードの海外旅行保険 補償額比較表)

キャッシュレス診療の部分まで、
以前は、調べていなかったので、
ちょっとこれは、マイナスですね。

まだこれから調べなおしますが、
2008年に私が調べたところでは、
私が持っているいろんなクレジットカードで、
海外でのキャッシュレス診療がOKだったんです。
(ニコスカードや、楽天プレミアムカードなど)

ですから、私は、多くのカードで、
当然、キャッシュレスOK化が進んでいると
思っていたのですが、違うんですね。

カードの引受保険会社によって、
違うのかなぁ。


明日以降、もうちょっと
調べてみることにします!


~~~~~~~~~~~~~~
海外保険ネタは、海外旅行保険節約研究所にまとめております。






最終更新日  2010年09月24日 03時05分18秒
コメント(1) | コメントを書く
2010年09月22日
前に、百度(baidu.com)のSEOに関しての英語圏の情報をまとめておいたのですが、
被リンク数を調べる方法も見つけたので、ここにメモしておきます。
link: じゃないんですね。

domain: で調べるんだそうで。

【例】
domain:www.taobao-alipay.net

↑『http://』を入れないのがポイント。

ってな情報だったんですが、実際に調べてみると、
正確に被リンクページが出るわけではなく、
例で言うと、『www.taobao-alipay.net』が含まれているページが出る感じですね。
(リンクになっていなくても、検索結果に出てきてしまいます)

まあ、でも、被リンク情報が全く無いよりはマシですね(苦笑)。
ちなみに、インデックス数については、googleやyahooと同じで、site: で調べられます。

さらに、ちなみに、マイナーな検索エンジン、Sogouは、
それぞれ、

site: www.taobao-alipay.net
link: www.taobao-alipay.net

という感じで、ノーマルに調べられるみたいです。






最終更新日  2010年09月23日 01時47分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月15日
日本のインフラが、いかに整っているのか、
日本人がいかに、金払いがいいか、というのが、
イヤほどわかります(苦笑)。


でも、なんとか、なんとかして、
日本人でも成功できることを実証したいんですよね!

だから、私も、中国市場進出/販売実践会として、
内田さんと協力して頑張っている、という感じです。

だって、今回のレポートだって、
普通って、自分のショップの売上データや顧客データなんて、
公開しないじゃないですか。競合が見たら、競争が激しくなるんですから。

でも、内田さんは、それを公開してくれるんですから、
ほんと、太っ腹ですよね。

中国でのネット販売を考えている方は、ぜひご購入ください。
レポート紹介ページ



あと、内田さんとは別で、私が応援している
中国のネットショップがあるんです。(日本人運営です)

そちらの方からは、先日、
「Googleからのアクセスを集めたいから手を貸してくれー」
と言われたんですね。

意外でした。

内田さんの話では、
中国では、タオバオが8割以上を占めているので、
SEOは後回しでいい、と聞いていましたから。
(上記レポートの中にも、そのことについて書かれています)

でも、
そちらのネットショップの店長さんの話では、
ちょっと違うみたいなんですね。

どうも、今、急速に、
『お客さんのタオバオ離れ』が進んでいるらしいんです。

さすがの中国人のお客さんも、
タオバオのニセモノの多さ、詐欺店の多さに
辟易しているみたいなんですね。

だから、ちゃんと営業している独立ショップを
探している、と。


すると、検索エンジン勝負になるじゃないですか。

中国だったら、検索エンジンは百度でしょ?と思ったら、
そうじゃないみたいなんです。その店長曰く、

「百度より、Googleからのお客さんのほうが買う率が高い」と。

という流れで、GoogleのSEOに力を入れたいらしいんです。


それなら、自分にも、十分、出番がある!


Googleは、ある程度コツコツやれば、
検索上位に出せますからね。

あとは、今まで日本でやってきた手法が、
中国語でも通じるかどうか。

ちょっと、生のキーワード集めも兼ねて、
中国語SEO、頑張ってみます!


これで上位を出せるようになれば、
日本の中小企業の中国ネット進出の突破口になると
思うんですけどねー。


ちょっと興奮してきました♪




~~~~~~~~~~~~~~
タオバオネタは、こっちのサイトにまとめています。
中国オークション『タオバオ(淘宝)』大解剖






最終更新日  2010年09月16日 04時28分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月02日
カテゴリ:読書感想文
いやー、久しぶりにパワーのある本を読んだ感じです。

少し前に、石田健さんがオススメされていた本で、
本棚から、ふと手に取ったところ、夢中になり、3時間ほどで、
読みきってしまった本です。


貧乏博士課程の目指せ!金持ち修業日記
調子ぶっこきシリーズ
出稼げば大富豪


内容は、博士課程に通う貧乏起業家の筆者さんが、
バリ島で「バケラッタ級」の大富豪となっている「アニキ」(日本人)
から教えを乞う、という内容。

筆者は、修士課程を2つも出て、今は博士課程、
奈良先端科学技術大学院大学という聞くだけでインテリそう
なんですが、起業していて会社の年商が30万円。

それに対し、アニキは中卒なんですが、
バリ島で、不動産開発を中心に、23の会社を経営、
地元民からも尊敬され、憧れられている。

図式は、なんか、昔流行った
金持ち父さん貧乏父さん』に似てます。

金持ち父さんの、
読みやすくなった、最新バージョンみたいな感じです。

いや、でもね。
なんか、今の私自身と被るんですよ(笑)。

学校で頑張って勉強して、先生の言うことを聞いて、
「学は身を助ける」と、世間一般で言われていることを実戦、

さらに、金持ち父さん貧乏父さんを始めとする「金持ち本」を真面目に読み込み、
内容を真に受けて起業。バラ色の未来があると思いきや、
「ゲゲゲ、起業って結構しんどいやん(涙)」的な・・・・。

ほんと、筆者さん、まんま、今の私と同じ(笑)。

しかも、本の中で、筆者さんが、アニキに聞かれる場面があるんです、
「お前、今、どんな本読んでんねん」と。で、それで筆者さんが答えるんですが、

「あー、その本、間違ってないけど、今の日本じゃダメや。
 場所も違うし、時勢も違っとる」とアニキにダメ出しされるんですが、

その本も、私には、「あー、たぶんあの本だ。俺も読み込んだなぁ」と、
そんなとこまで、筆者さんとシンクロできる始末で。
儲からない思考回路、バリバリなんでしょうね、私も(苦笑)。


おそらく、コレ。
ロバート・アレンの実践!億万長者入門



で、そんな可哀想な筆者さんに
アニキが金持ち哲学を教授するわけです。


『○○理論』、『××理論』というふうに
20個くらい出てくるのですが、これが結構、
的を得ていて面白いんですね。


「だらだら睡眠を貪るな。白目を剥くまで
 起きているから深い眠りで充実できる」という白目剥き理論

とか、

「スピードのある奴は儲けている。
 仕事でスピード感を出すなら他人の3倍働け」というハイスピード理論

とか(笑)。


このアニキが、常に、物事の根本をトコトン考える性格で、
自分なりに結論を出して、それが理論になっているので、
妙に納得できるというか、

「あー、そうだよね。
 今まで、他人に言われたのをそのまま信用してたけど、
 物事の根本って、アニキの言うとおり、なのかもしんない」

というふうに思えてしまいます。
(ま、私は基本的に信用しやすい性格なんですが。←失敗しやすい人。笑)


アメリカから流れてきた「なんでも効率的にやればいい」的な
流行があったじゃないですか。もう、ネットビジネスなら、
完全に自動化して、余分な手間がかからないほど素晴らしい、
という感じのやつ。

それに対して、アニキは、疑問を呈しているんですね。
このへんは、最近読んだ、日下公人さんの最新刊でも書いて
あったので、余計にしっくり来たのかもしれません。

今は、そういう『反アメリカ流』的なものがウケるのかもしれないですね。
私自身も、そんな気分ですし。(まんまと、ハメられているのかもしれないですが。笑)


まー、ほんでも、
こういうパワーをもらえる本は、読んだ後は、ヤル気が出てくるので、
今日は、朝から、こんな書評を書いているというわけです。



アニキ!
さっそく実戦してますよっ!(笑)

出稼げば大富豪

出稼げば大富豪

価格:1,680円(税込、送料別)









最終更新日  2010年09月02日 06時54分20秒
コメント(9) | コメントを書く
2010年09月01日
テーマ:海外生活(7186)
カテゴリ:海外保険マニア
おいおい、エネオスカードさん。。。

少し前まで、
年会費無料で、海外旅行保険が手厚いカードと言えば、
『新日本石油のエネオスカード』だったんですが、

2010年10月から、

・年会費有料化
・海外旅行保険廃止

となってしまうようです(涙)。

こんな知らせが届いていました。

エネオスカード大改悪


海外旅行保険の各社一斉値上げと言い、
海外旅行保険つき優良クレジットカードの相次ぐ改悪と言い、

海外に携わる人間としては、
ほんと逆風続きですよね(涙)。

そりゃ、若者も「海外行きたくねー」って、
内向きになりますよ、これじゃ。


年会費無料で、海外旅行保険も
頑張ってくれているカード
は、現在3枚。

負担は大きいとは思いますが、
頑張っていただきたいです!







最終更新日  2010年09月01日 23時55分39秒
コメント(1) | コメントを書く
2010年08月31日
テーマ:中国&台湾(3139)
カテゴリ:上海以外の地域
私も協力してます、「中国販売実践会」なのですが、
今回のメルマガで、中国の内陸部について触れています。


【中国西部の法人税】
http://www.step-to-china.com/201008-008.html


私も、嫁さんの実家の貴州省貴陽に行ったときは、
予想以上に発展していて、びっくりしたことを記事に書きましたが、
だからって、上海みたいに発展していくのか?というと、
それはまた話が別、ということなんですね。

たしかに、ビックリするくらい、日本製品は入っていないですし、
日本車も走っていないですしねぇ。

そうそう思い出したんですが、物流面。

高速道路はできていて、遠距離を移動するのは、
まあ便利になってきているんですが、

郊外の一般道に、よく、穴があるんです。
5センチくらいの厚みのアスファルトが剥がれたような。

で、そこを通るときは、みんな最徐行するんです。
車が跳ねちゃって、危ないので(笑)。

これ、考えると、
トラックで製品を運んでいる運ちゃんには、
たまらんですよね。製品、壊れちゃいますし。

そういうのも、地味~に、影響してるんでしょうね。


貴陽にマンション買ってもいいかな、とか思っていたんですが、
もうちょっと考えてみることにします(笑)。


貴州省のちょっと田舎の様子は、このへんにまとめとります~。
中国貴州省貴陽での生活






最終更新日  2010年08月31日 07時14分48秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:中国&台湾(3139)
2010年3月からできなくなってしまった、
招商銀行ネットバンキングでの人民元への両替。

試さにゃあかんな、と思いながら、
延び延びになっていましたが、
昨日、嫁さんの口座を使って、招商銀行大衆版で
ドル→人民元への両替をしてみました!
(日本からです)


・・・めちゃ簡単にできました(涙)


当然と言えば、当然なんですが、
あまりにも簡単すぎて、悲しくなりました(笑)。

ネットバンキングでできちゃうと、
ほんと便利ですよね。これが外国人にはできなくなった、
というのは、ほんと痛いです。

中国人と結婚している人などしか
利用価値は無いかもしれませんが、
一応、また動画にしてアップしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~
中国の銀行口座関連情報はこちらにまとめています。






最終更新日  2010年08月31日 06時46分28秒
コメント(0) | コメントを書く

全1032件 (1032件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.