1179585 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

失敗?成功?教師辞め中国で経営者に

PR

フリーページ

プロフィール


教師辞めて上海【のむてつ】

カレンダー

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2004年10月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は、上海観光最終日。
兄弟4人プラス甥っ子で、
豫園に行ってきました。

雨がパラついていたことと、
夕方5時ごろで時間が遅い
ということで人は少なめ。

おっ♪これは、あの小籠包が、
そんなに並ばずに買えるかもしれない!
と思い、見に行くと、やっぱり♪

私が順番待ち要員として、
一人、並ぶことにしました。

並んでいると、さっそく後ろに人が。
行列が伸びていきます。

チラッと後ろを見ると、チャイナ服を着た女の子。
どこかのお土産屋さんの子なのかもしれません。
目が合ってしまったので、微笑みかけると、
あちらも、ニコッと♪

列に並んでいると、前に並んでいた人たちが、
アツアツの小籠包を持って、通り過ぎて行くんです。
ハラヘリのむてつ、思わず、視線で追いかけてしまいます(笑)。

すると、「フフフッ」と笑い声。
後ろの女の子でした。

照れ笑いをしながら、会話が始まります。

私「あなたは、いつもここに買いに来るの?」

女「うん。ここは、一階では、お肉の小籠包、
  二階では蟹の小籠包が食べれるんですよ。
  あ、私は、自分が食べるんじゃないんですけどね。
  お肉のは、8元(約110円)で安いけど、私には多すぎて
  ちょっと気持ち悪くなっちゃうんです(笑)」

私「ハハハ、そうなんだ。俺は、今日5人で来ててさ。
  2人ぶんくらいで十分かな?」

女「5人なら、3人分か4人分は、いると思いますよ!」

私「そう?!へぇ~、あなたは、ここでの仕事、どのくらいやってるの?」

女「2年です」

私「あなたは上海人?」

女「ううん。安徽省です」

私「え?じゃあ、豫園で働いてる人って、
  ひょっとして、上海人は少ないの?」

女「そうですよ。上海人は、あまりいないんですよ」


意外。上海の超有名観光地に、
上海人は、ほとんど働いていないという事実。

調子に乗って、いろいろ聞いてしまいました(笑)。
朝9時から夜9時まで働いていること。
休みは、わりと多く、2日働いたら1日休みであること。
休みの日は、インターネットをやることが多いということ。
自分で料理を作ることなどなど…。


私「あっ、見て見て!あれが俺の弟。
  そして姉と妹、そんで、姉の子供。
  うちね、4人兄弟なの」

女「そうなんですか!
  いいですね~、兄弟。楽しそう♪」

私「兄弟は、いないの?」

女「はい。私は、ひとりなんです」

私「そっか、寂しいねぇ…。
  じゃあ、お父さんお母さんは?
  上海に来てるの?」

女「いえ、いませんよ」

私「じゃあ、安徽省にいるんだ…。寂しがってるんじゃない?
  一年に何回くらい田舎に帰るの?」

女「帰らないんです…」

私「え?!
  お父さんお母さんが寂しがるじゃん!」

女「だから…いないんです」

私「へ?」

女「いないんです。私、ひとりなんです。
  父と母のこと、知らなくって」

私「・・・」

女「いえいえ、中国では結構いるんですよ、そういう子供。
  お父さんお母さんがいなくて、他の人に育ててもらって…。
  そんな、そんな、大丈夫ですよ!
  最初から一人なので、別に誰もいなくても寂しくないんです。
  ひとりだから気楽なことって、あるでしょう?」



ひとりだから気楽って…
俺なんかが言ってることと、全然意味違うじゃん…



女「あ、ほらほら、もうすぐあなたの番ですよ!
  3つ買うんですね。おばちゃんっ、この人、3つ!
  あ、でも、お箸は4つ、つけてあげてねっ!!」

私「え?…あ、ありがとう」

女「私、あっちのお茶屋さんで働いてるんです。
  来てくれたら安くしてあげますからっ♪
  あ、来ましたよ、小籠包3皿。
  持てます?手伝いましょうか?」

私「いいよ、いいよ、そんなの!仕事中でしょ」

女「そうですね(笑)。
  私のも来ましたね。じゃあ、また!」



 ・
 ・
(軽く放心状態)
 ・
 ・


…はぁ~あ!!
もう~、何なんでしょうね、中国人って…

優しくて…強い。

なんか、もう、申し訳なくて、
そのあと、行っちゃいました。
彼女のお茶屋さんに。




丁寧に試飲させてくれて、
ずっと笑顔で…




家に帰ったあと、彼女から届いたメール。


「今日はごめんなさい。
 あんまり安くしてあげられなくて。
 私の店じゃないから、仕方なくて…。
 次来たときに、また安くしてあげますから、
 それで許してくださいね!」



・・・・(涙)。






最終更新日  2004年10月26日 09時23分41秒
コメント(18) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.