000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

元銀行員ワーママ、等身大の私へ

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

子育て

2021.03.27
XML
カテゴリ:子育て
こんばんは。アラサー元銀行員ママのNonです(やっとこ変えてみました…)♡

PVアクセスランキング にほんブログ村

1歳から通ってきた息子の保育園生活もあと3日。息子自身も卒園し、小学校へ行くことがよく分かっており『小学校行きたくない』『◯◯くんと同じ学校へ行きたい』『ずっと保育園がいい』などと言っています(これだけでも成長を感じてしまう)。

やんちゃな息子、お名前すら書くのがあやうい状況です( ̄▽ ̄;)何度も何度も練習を試みたのですが、教えるのが苦手で短気な私…ムリ!娘にバトンタッチ…泣きながら頑張った日もありましたが、日が経つと忘れている息子。

まだ興味がないようです(ということにしてきました)。入学説明会の資料にもお名前が書けるようにとの記載…春休みの課題ですΣ(゚д゚lll)

小学2年生の娘も春休みに入ります🌸『お天気の良い日には毎日お花見する』をテーマに、たくさん自然の中で過ごしたいと思っています。

コロナで以前は想像もしなかった生活を強いられていますよね。でも私、なんだか楽になりました\(^-^)/要不用もみえてきたのか、人と会う機会が減り見栄を張らなくなったのでしょうか。

『コロナがにくい』『コロナのせい』『コロナがなければ』……

うんうん、確かにね(^^)dでもコロナが落ち着いて、本当にやりたいことだけを皆ができるようになるのかな?と思うと未来はすこし明るく感じて楽しい気持ちにも。

不景気、雇用、ワクチン、少子高齢化、お金、健康…不安もありますが、自分を楽しませながら今日も私は前へ!!!


【満開の桜】


おまけ。最近のお買い物♪
シングルベッド2つに4人で寝ている我が家…身体が痛くなったり、蹴られたり、触られたり……熟睡できぬ!!!

以前も試みたのですが、息子が1年生になるというきっかけのもと、再チャレンジ(^-^)/子は子ども部屋で寝るように☆☆

娘と息子は相変わらず反対していますが、娘からは『抱き枕』のリクエスト(*^^*)喜んでリサーチする母。

【綿100%~ウォッシャブル~】


【綿100%枕付き~ウォッシャブル~】


【MOGU~モグッチバナナ~】


↑最終的にこちらを購入しました◎とっても可愛くて娘も私もお気に入りです。あとは2人で寝てくれれば完璧なのですが…どうなることやら。とにかく朝まで熟睡したい母のつぶやきでございました( ̄q ̄)zzz

ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村

本日も最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。

皆さまがありのままの私らしく過ごせますように☆






最終更新日  2021.03.27 21:45:52
コメント(0) | コメントを書く


2020.09.14
カテゴリ:子育て
こんばんは。
アラサー銀行員ワーママのNonです♡

PVアクセスランキング にほんブログ村

ご無沙汰しておりました。
体調の波は相変わらずではありますが、、週2の試験出社を継続中です8(*^^*)8熱が上がりにくくなり、37℃程の高めではありますが、体調が悪化してもややキープ(^^)d

診察はコロナの影響により早数ヶ月オンライン診療中。先月より、サプリメントを追加しています。

効果の程は………



ちーん。



よく分かりません(*T^T)朝起きられるようになるという効果を期待しましたが……鉛のような重ダルさは消えず(TдT)

スッキリ起きられる日はほぼありません。が、免疫を高めてコロナになりにくいという効果には期待◎

引き続き、可能な日にはなるべくウォーキング、週一のサウナ&温泉は継続中です。

サウナ後は爆睡で起きるのが本当に本当にツライのですが…その後のスッキリ感は今までにない体調の良さ!すがる思いで週二で行ってしまうことも(^^)d今週も早く行きたーい!!!


さて、コロナ下ではありますが、生活はいつまでもコロナ中心というわけにもいかず…まさにwithコロナ。先延ばししていた子供の習い事をGO!してみた(*^^*)

子供にとって貴重な『今』しかない『時間』、娘が希望していた習字を習い始めました(^-^)/

毛筆と硬筆を週変わりで教えて頂きます。

昨年たまたま硬筆選手に選ばれたことが自信になったようで、伸ばしてあげる機会を作ることができ母も喜び♪

きっかけはお友達のお誘い。いつもありがとう\(^o^)/

土曜日の午後という絶妙に眠気に襲われる素敵な時間に、予定が入りましたとさ(;A´▽`A


【初㊗️硬筆】


【初㊗️毛筆】


なんとなんと!私の弟がお世話になっていた先生に教えて頂けることにq(^-^q)幸♪

かなりご高齢のおばあちゃん先生と、それを支えるおじいちゃん先生。いつまでもお元気でご指導頂きたいお人柄なのです。

人としての礼儀作法といいますか、、生活面のご指導も頂けて、なんか嬉しい。緊張感があり、厳しいけど優しく温かい。そんな経験も娘には貴重かな。

長く続けられるよう、応援したい。


本日も最後までご覧頂き、誠にありがとうございます♪

今夜も、明日も…皆様が私らしく過ごせますように☆






最終更新日  2020.09.14 22:12:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.15
カテゴリ:子育て
こんにちは。
アラサー銀行員ワーママのNonです♡

PVアクセスランキング にほんブログ村

前回記事の続きです(^^♪

【嫌われる勇気:子育て、夫婦、職場…あらゆる人間関係のお悩みに】


前回記事に書いた「お父さん方式」のについてこちらの書を参考に深めます。本書の中でも私が一番衝撃を受けたのが『課題の分離』です。きょうはこちらについて。
(以下【嫌われる勇気】より抜粋、一部私の言葉でまとめています)


  例えば「子供の勉強」について。

  「勉強する」という課題、「これは誰の課題なのか?」という観点で考えます。
  →勉強する=「子供の課題」であって、「親の課題」ではありません。

  課題の分離とは「これは誰の課題なのか?」という視点から、自分の課題と他社の課題を分離します。そして、他社の課題には踏み込まないということ。

  →勉強は子供の課題。親が「勉強しなさい」と命じるのは、他者の課題に対して土足で踏み込むような行為。

  【あらゆる対人関係のトラブルは、他社の課題に土足で踏み込むこと、あるいは土足でふみこまれることによって引き起こされます】


私の前回記事で「お父さん方式」としたやり方は、母にはちょっと雑、子供がかわいそうに見えましたが、『課題の分離』ができた上での行動でした。この事により、娘の自立が促されたようです!!


【かたつむりと紫陽花 作:娘】

自粛のお供にDAISOで購入したこむぎ粘土が雨の日対策にも有効◎


  どうやって「これは誰の課題なのか?」見分ける方法は?
  →「その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か?」を考える
(子供が勉強しない→授業についていけなくなる、希望の学校に入れなくなるなどー子供の課題です)

  では「子供に勉強させること」は親の課題なのか?
  →親は「あなたのためを思って」という言葉を使います。しかし、親たちは明らかに自分の目的ー世間体や見栄、支配欲ーを満たすために動いています。「あなたのため」ではなく「わたしのため」であり、その欺瞞(ぎまん)を察知するからこそ、子供は反発するのです。


この部分は最初「ん??」となりました。「言わないでいいの?やらないから言ってるのに」と。でも、子供は普段、”お母さんは言ってくる” ”お母さんは見てくれる” ”お母さんはお世話してくれる”という期待があったかと思います。

今は子供に対して、「宿題やらなくてもいいよ」「明日の準備しなくてもいいよ」と心から言えるようになりました。すると子供は「やる!」と勝手にやります。口先で言ってもダメでした。私の中でこの事が腑に落ちてようやく子供の行動が変わり始めましたよ(*^^*)

私のきっかけは、夫に子供の事を(一部)任せた事でした。明らかに子供が変わり、納得◎


【カービー 作:娘】



  子どもが全く勉強していなかったとしても、子供の課題だから放置してよいのか?
  →ここは注意が必要。アドラー心理学は放任を推奨するものではありません。放任とは、子どもがなにをしているのか知らない、知ろうともしない、という態度。子供がなにをしているのかを知ったうえで、見守ること。


  →勉強についていえば、それが本人の課題であることを伝え、必要があればいつでも援助する用意があることを伝えておく。けれども、子どもの課題に土足で踏み込むことはしない。頼まれもしないのに、あれこれ口出ししてはいけないのです。


耳が痛い…|ω・)頼まれもしないのにって。。了解!頭に入れて気を付けて行動したいと思います\(^o^)/
 

  親子関係にかぎったことではなく、【自分を変えることができるのは、自分しかいません】
  (『嫌われる勇気』より抜粋、まとめはここまで)


耳タコ、よく聞きます、分かってます。すべては自分、自分スタートですよね、ね、ね。。頑張りまーす。

ご参考になりましたでしたでしょうか。こちらの書は夢中になって読み進めて何度も読み返していますが、やっぱり「課題の分離」の部分が一番濃い!!!夫婦関係、職場関係…すべてに共通していますよね。


今日はここまでに。本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございます。嬉しいです♪♪

本日も皆様がありのままの私らしく過ごせますように✩






最終更新日  2020.06.15 11:09:23
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.