000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

PR

X

Calendar

Archives

Category

2019/01/12
XML
カテゴリ:野鳥
​​​​日本人に一番身近な水鳥、それがカルガモです。​


春先になるとマスコミが挙って取り上げるのが、カルガモ親子のお引越し風景です。

カルガモはメスだけが子育てをしますので、母親に見守られながらヨチヨチと歩く、可愛らしいヒナ達の姿がテレビなどで取り上げられると、それだけで普段は水鳥に興味のない人までもが、ほっこりと心が癒されるようです。

どうして引っ越しをするのかと言えば、知らない人も多いのですが、餌の確保とヒナたちをカラス・タカ・ネコなどから守るためで、人間を喜ばすためではないようです。




カルガモは、オス・メス同色ですが、オスの方が体も大きく、黒色も強いようです。
「グェーグェグエ」と鳴き、河川・池沼・海などの水辺どこでも良く見かけます。
くちばしの先が黄色なのが、見分けるのは一番分かりやすい目安です。





名前の由来は諸説ありますが、マガモよりも軽いのでカルガモとなったというのが、簡単で一番分かりやすい説だと思われます。

今回は、カモの中でも一番知名度の高い、カルガモの話題でした。





​​






Last updated  2019/01/12 10:38:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
[野鳥] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.