910696 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

PR

Calendar

Archives

Category

2019/07/27
XML
カテゴリ:
​​​​​​​森の中で、ヒオドシチョウの羽を拾いました。


今年、ヒオドシチョウを見たのは、4月13日・恵那山の山頂付近でしたが、今回は平地の山道でした。

ハッキリした事は分かりませんが、多分蜘蛛の巣に捕まって体だけ食べられ、羽が残ったのではないかと思われます。




ヒオドシチョウは、タテハチョウ科の蝶で、戦国時代の武具ヒオドシ・「緋縅」の色合いから名前が付いています。

表は燻んだオレンジ色で目立ちますが、裏はルリタテハやキベリタテハ同様に地味で、雑木林や落ち葉の山で、羽を閉じると全くわからなくなるようになっています。




前回は、羽を広げた状態の写真で裏側が分からなかったのですが、今回拾った羽で裏の地味な模様もよく分かりました。

市街地では、ヒオドシチョウはあまり見かけませんが、エノキがあれば居る可能性は大きいとの事です。

普段蝶は、動きが速くて、じっくりと羽の模様まで見られないので、今回は羽が拾えて本当に幸運でした。

​​​​​​​​






Last updated  2019/07/27 05:13:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
[蝶] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.