000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

PR

Calendar

Archives

Category

2019/07/30
XML
カテゴリ:
​​​​​​​​オオウラギンスジヒョウモンを県北、シャシャンボの木(ブルーベリーの仲間)の周りで見ました。



オオウラギンスジヒョウモンとウラギンヒョウモンは、近年数が少なくなり準絶滅危惧種に指定されています。

チョウ目タテハチョウ科。低地から山地にかけて草原、高原地帯に生息しています。
成虫は梅雨時から発生して、9月下旬には姿を消します。







ウラギンヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンは、ほとんど見分けがつきませんが、数は圧倒的にウラギンヒョウモンの方が少ないようです。

見た目の違いは、オオウラギンスジヒョウモンの方が若干緑色ですが、これも個体のよってや光の具合で違いがあり、捕獲して詳しく調べる以外にはないそうです。

従って私の場合、写真だけですので間違っているかも知れません。間違っていたらお許し下さい。
それほど蝶の種類の判別は容易な事ではありません。




​​​蝶の種類を判別するには記録写真は一番有効ですが、これも色々な角度から写す事が大切で、それと同時に必要なのは、場所や環境を記録する事だそうで、これによってかなり種類を絞り込めるそうです。

今は、フィールドガイド「日本のチョウ」日本チョウ類保全協会編が、一番参考になっています。

​​






Last updated  2019/07/30 10:07:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
[蝶] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.