908113 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

PR

Calendar

Archives

Category

2019/08/27
XML
カテゴリ:
ヒメキマダラヒカゲは​​​​​​​​​、ブナ林近くのクマザサ辺り、翅を閉じてとまっている事の多い蝶です。


ヒメキマダラヒカゲは、タテハチョウ科の蝶です。

地色が明るく、翅裏の模様が複雑でなく、蛇の目の紋は少なめな地味な感じです。

今回見つけた場所は、大山・鏡ヶ成スキー場近くの道路端、クマザサの繁っている辺りでした。​







ヒメキマダラヒカゲの幼虫は、このクマザサを餌として成長します。

割と直線的に飛んで、すぐに葉っぱにとまるという動作を繰り返しています。

特別に珍しい蝶という訳ではありませんが、標高の少し高い所でないと見る事の出来ない蝶です。

本当は、翅を開いている所も撮りたかったのですが、何せ登山する直前だったため時間が無くて、写す事は残念ながら出来ませんでした。

また次回、チャンスがあれば撮影したいものです
​​​​​​






Last updated  2019/08/27 10:16:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
[蝶] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.