886576 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

PR

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

カテゴリ未分類

2020/05/31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​前回、紹介したササゴイの巣。27日早朝、電力会社の方のより撤去されました。



その後も2羽の協力のもとに、着々と準備は出来ていたのですが、何分電柱の下は通行道路で大量の白い糞が落ちていたために、近所の方の通報により電力会社により撤去されたものと思われます。





撤去される前日には、巣も随分と出来上がり完成も近かったのですが、可哀想ですが場所が悪く、残念で可哀想です。


今では、巣は完全になくなり後には巣が作れないように、防止用に尖がった物が置いてありました。




巣がある時の写真は、これが最後となってしまいました。



何故この様な場所に巣を作ったのか・・・疑問は残りますが、ここの所の水害により河川の木を伐採しており、そのために巣を架けるような場所が無くなったことも一因かもしれません。



それから数日経って、二羽のササゴイの姿を、元あった巣の近くの電線で見かけました。

やはりササゴイも心残りなのか、私も辛い気持ちで、巣のあった場所を見上げる毎日です。
​​






Last updated  2020/05/31 03:50:31 PM
コメント(0) | コメントを書く


2019/02/15
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​雨が降って見通しも悪く、交通量もあり、最悪の撮影場所でした。


ヤマセミは、天気が良くない時に現れる事が、多いという事を以前書きましたが、先日は雨模様で、まさにこの条件のままでした。
ヤマセミを道路の対岸で発見したまでは良かったのですが、対面通行で交通量も多く、車を停めて撮影できる場所もありませんでした。
​​


​中央の枝に乗っている白い物が、ヤマセミです。​



この時のヤマセミは、結構長い時間この枝にとまり、数回だけ魚を捕っていました。

しばらく探して、ようやく車を停める事の出来る、狭い場所を見つける事が出来ました。




​大体、このヤマセミのテリトリーは、良く見かける場所では1キロ範囲ではないかと思いますが、図鑑などによれば4キロとなっていて、ハッキリとしたことは分かりません。​

​​​​顔の下に茶色な毛がある事から、オスのヤマセミだと思われます。




一回目に見た時には、数回場所を替えていましたが、最後に姿が見えなくなった場所が住処だと思います。


それから数日して、その付近の枝にとまっていたので、この山の斜面のどこかに巣がある事を確信しました。






Last updated  2019/02/15 01:37:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​冬には、良く見かけるヒドリガモです。​



沢山の水鳥が越冬している場所には必ずいるのが、このヒドリガモですが名前を知る人はあまりいません。

それだけ普通に居る水鳥なので、珍しくなく関心を持たれないためかも知れません。

​​



オスは、頭の真ん中・額から頭頂部にかけて、クリーム色の毛が生えていて見つけ易くなっています。


日中は、岸辺などの砂の上で休んでいる事が多く時々、採餌のために泳いでいて、水面を流れていく植物の種子や、カモジグサなどの青草をついばんで食べています。

​​


この場所でヒドリガモは少なかったですが、他の場所での個体数は結構多いと思います。
全体的に地味な水鳥ですが、名前を覚えると割と気になるヒドリガモです。
水鳥の餌場などで、探して見てはどうでしょうか・・・
​​






Last updated  2018/12/21 10:40:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/10
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​災害から5日が経ちました。​


昨日は、災害から初めて車で外出して来ました。
私の住んでいる市内は、それ程の変化もなく見慣れた日常の風景でしたが、市街地に出ると景色は一変してしまいました。
工房に出かけた訳ですが、岡山方面に向かうと国道180号線は、落合橋の所で通行止めとなっていました。
しかし、次の広瀬までは特別に、玉川町民は通行出来る措置が取られていて、通行が許可されました。

​​


広瀬駅に近づくと国道ヘリにある運送会社に濁流のゴミが散乱していて、道路にも多量の砂が上がっていました。
この辺りから広瀬にかけては、土地が急に低くなっています。



前方が、伯備線・広瀬駅。

レールには土砂とゴミの山。電車は完全に通ることが不可能です。




先程の運送会社の大型トラックが濁流で、ここまで流されています。

言葉もありません・・・




広瀬の街中、ほとんどの家は水に浸かってしまったようで、流れてきたのか軽自動車が横転しています。

道路も庭も、すべてが砂だらけで風景が白く見えます。






ここは伯備線の踏切ですが、ゴミ・砂利・砂などで線路も埋まり、遮断機も原型をとどめていません。

どうしてこんな事になってしまったのか・・・頭の中は真っ白になりました。



​​​​​​​​






Last updated  2018/07/10 09:59:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/08/22
カテゴリ:カテゴリ未分類
草刈の手を休めると、見上げた先には、サルスベリの花が咲いていました。

昨年も書いたような気がしますが、花が美しく耐病性もあり必要以上に大きくならない事から、好んで庭や公園などによく植えられています。
100日間ピンクの花を咲かせることが、百日紅の名の由来です。
サルが登ろうとして滑ってしまうので、「猿滑り」と表記される場合もありますが、実際はサルは滑ることなく、簡単にサルスベリの木を登るそうです。

DSCN4126_s.jpg

サルスベリと言えば思い出すのが、故・杉浦日向子さんの「百日紅」という漫画。
1983年~1987年まで雑誌に連載された連続短編集で、奇行の絵師・葛飾北斎とその娘・お栄、そして居候の善次郎の三人の生活を軸に、人情・恋愛・江戸の人々の人間模様を描いた作品。
2015年に長編映画化されましたが、人気はイマイチでした。

  • DSCN4134_s.jpg

杉浦日向子さんは、昔NHKの番組「コメディー・お江戸でござる」で、江戸の歴史・風俗などについての解説コーナーを担当。本当に分り易い解説で、毎回楽しみに見ていました。
そんな杉浦さんも病気のため、2005年に46歳の若さで残念ながら亡くなりました。

毎年、サルスベリの花を見ると、時々そんな事も思い出します。

  • DSCN4142_s.jpg






Last updated  2017/08/22 06:24:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/08/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
「猫バンバン」プロジェクトを日産自動車が、推進しています。

何年か前、
我が家の駐車場でもありましたが、クルマのエンジンルームに猫が入ってくる事があります。
猫が入り込んだままエンジンをかけると、悲しい事故につながります。
この事から自動車メーカーの日産では、「猫バンバン・プロジェクト」と題し、猫に存在を知らせるためエンジンをかける前に、ボンネットをたたく事を広めているというものです。

DSCN4026_s.jpg

日産自動車では、2015年から公式ツイッターで「猫バンバン」を発信。
我が家では夏に猫が入りましたが、冬になり寒くなってくると暖かくなっているエンジンルームや、タイヤの間に入る事が多くなります。
そう言うことで、主に冬が想定されていますが、それ以前から住処になっている可能性もあり注意が必要です。

  • DSCN4041_s.jpg

8月も下旬となりましたが、なかなか残暑は厳しくて猫も人間も大変です。
写真・上から、カーさん猫・きなこ・福助の順番。
猫達は比較的、元気です!

  • DSCN4083_s.jpg






Last updated  2017/08/21 06:29:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/08/16
カテゴリ:カテゴリ未分類
かって「妖精」と呼ばれた、オリビア・ニュートンジョンのLP10枚です。

工房では、あらゆるジャンルのレコードを聴きますが、時々は変化のある新しいLPを聴いてみたくなり、PCのレコードオークションを見ています。
今回は、1970年代~1980年代に人気のあった、オリビア・ニユートンジョンのLPが10枚格安で出品されていたので購入しました。

オリビアさんは現在68歳。現在は闘病生活を送られているそうですが、1978年「グリース」でジョン・トラボルタと共演した映画が、私には一番印象に残っています。
取り立てて彼女のファンではなかったのですが、一枚だけ「そよ風の誘惑」というLPを持っていて、今回他の曲も聴いてみたいと思いました。

このレコードが届いてからは忙しくて、まだ一枚も聴いていませんが、これから木工作業の合間には新しいプレイヤーと音量がアップしたスピーカーで聴くのが楽しみです。
写真には、10枚の内4枚を載せました。
それにしても当時の彼女の笑顔は、本当に綺麗だと思います。

DSCN4068_s.jpg








Last updated  2017/08/16 08:55:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/08/14
カテゴリ:カテゴリ未分類
備中たかはし松山踊りは踊り継がれて、今年で370年になるそうです。

無常にも、夕方7時頃から降りだした雨は、10時近くにはますます強くなってきました。
音頭台の比較的近くに住んでいる我が家では、毎年恒例に踊りの音頭が聞こえていますが、人出の方は初日にもかかわらず、この雨の為と今年の曜日の並びが悪いために少し少ないようです。

DSC06027_s.jpg

最近は目だって海の事故も多いようですが、最近は海水浴も家族連れや若者達に特に敬遠され人気がないそうです。
新聞などでも理由はハッキリしないと書かれていましたが、昔に比べて趣味やレジャーなどの選択の幅がこれだけ広がれば、昔からのイベントやレジャーの人気に陰りが出てくるのも、理解出来るような気がします。
「備中たかはし松山踊り」も、年年規模が小さくなっている事も、海水浴と同じような要因ではないかと思います。

暗いような事ばかり書きましたが、「松山踊り」は誰でも自由に参加出来る楽しい祭りです。
なるべく多くの人に、高梁を訪れていただき体験して、祭りの良さを再確認してもらえたらと思います。

  • DSC06042_s.jpg






Last updated  2017/08/14 10:19:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/01
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日から五月、少し前に藤の花を紹介しましたが、今回は少し珍しい白い藤の花です。


この藤は、自然のものではなく栽培されている藤です。
詳しい事は分かりませんが藤の花は、4月下旬から5月中旬までに、うす紅・紫・白・黄色の順に開花するそうです。


DSCN2778_s.jpg


色々な色彩の藤の花も幻想的で美しいですが、純白の藤は可憐な感じがします。

  • DSCN2779_s.jpg

全国の市町村の花としては、岡山県倉敷市が市の花に指定しています。
桜の時期も終わり、五月の連休の花と言えば藤の花に決まりのようです。








Last updated  2017/05/01 05:39:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
一面、銀世界での食事は最高です。


今回も時間がなくてこのように簡単な昼食になりましたが、天気が良くて暖かい雪の中で食べるものは何でも最高の美味しさです。
雪をかき分けてコンパクトストーブに小型ボンベを取り付けると、本当に簡単にお湯を沸かせ火力も結構強いので、この大きさのやかんでは5分程で沸騰します。


DSCN0487.JPG


道路横の積雪壁が丁度私の胸ぐらいの高さなので、ここがテーブルということになります。
食べ物は何処に置いても真っ白な雪の上では、本当に綺麗で汚れた感じがしません。
ただ考えてみれば、暖かい食べ物を氷の上に置いているのと同じ事で、急激に冷えることは覚悟しなければいけません。


  • DSCN0492.JPG

テーブルにしている横の残雪の上には、ハッキリと大型動物の足跡が残って、その他にも沢山の動物達の足跡が残っていました。


  • DSCN0495.JPG

最後の写真は、昨日紹介したヤマドリ・メスのほぼ全身の写真です。
ヤマドリとキジの大きな違いは、羽の先に白い部分があるかないかということだそうです。
オスの場合はヤマドリの方が尾が長いそうですが、艶やかさはキジの方が色が多くて綺麗です。








Last updated  2017/02/21 06:21:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.