000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

PR

全338件 (338件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

季節の話題

2020/11/08
XML
カテゴリ:季節の話題
 ​​​新見市・神郷油野にある、「三室狭」の紅葉を観てきました。

4月下旬から5月上旬は、シャクナゲが見頃で、10月下旬から11月上旬は、紅葉が見頃となります。

本来は、午前中から出かけると太陽の陽が、紅葉した木々にあたり紅葉の色も鮮やかなのですが、残念ながら予定が重なり、午後からでしか出かけられませんでした。​​​​​​
​​​​それでも自然の紅葉は素晴らしく、数枚の写真で紹介しておきます。​










まだ、今週一週間程は楽しむ事が出来る様な感じですが、天気具合ではどうなるかは分かりません。

観光客も少なく、のんびりと紅葉を独り占め出来る、まさに穴場の様な紅葉の名所でした。

​​






Last updated  2020/11/08 09:28:19 PM
コメント(0) | コメントを書く


2020/10/30
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​10月13日に作った吊るし柿、ついに完成しました。


今日は、一番大きい吊るし柿を一つ食べてみて、渋味が残らなければ全部取り込む事にして、試食してみました。

食べてみた結果、硬さも丁度良くて甘さも十分、カビも全く無くて完璧な出来栄えでした。​






こんなに良い吊るし柿が出来た要因としては、まず知人からもらった西条柿の品質が本当に良かったという事と、天候に恵まれたという事が大きかったと思われます、

毎回、コーヒーを飲むときに一つの吊るし柿を食べていますが、甘さも自然できつくなく、程よい甘さがコーヒーに非常に合います。





​​​​​​​取り込んだ吊るし柿は、小分けにして冷蔵庫に保存して、いつでも食べられるようにして置くと長期保存が可能です。


こんなに上手く出来るのなら、もう少し沢山作ればよかった・・・と反省しています。
でも、こればかりは素材と天気の関係もありますので、欲を出さない方が良いのかもしれません。

今回は、大成功という事で、今年の吊るし柿の話しは終了したいと思います。







Last updated  2020/10/30 09:23:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/25
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​​​県北の紅葉は、まだ始まったばかりです。


紅葉の森を歩いて来ました。

まだ始まったばかりですが、カエデなど樹によっては、随分と紅葉の進んでいるものもありました。

落ち葉を踏みしめて歩くのは、本当に気持ちの良いもので、どうしてこう感じるのかが不思議です。



​赤や黄色など、様々な自然の色が目を惹きます。​





​天気は最高に良くて、陽当たりは半袖でも丁度いい位ですが、日陰に入ると風が冷たくて、何か羽織るものが必要です。​




落ち葉を拾いました。

本当に綺麗で、毎回言うのですが自然の造形には感激します。
身近では、柿の葉なども驚くほど綺麗で驚きます。



​​​​​​​​​この落ち葉は、乾燥剤などを入れて置くと何年でも色が変わりません。
数年前に大山で拾った、ブナやカエデ・ナラ・モミジなどの落ち葉を今でも保管しています。

何でもないものですが、未だに捨てられません。
​​






Last updated  2020/10/25 09:42:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/23
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​西条柿を吊るしてから、十日が過ぎました



それまでに鳥の防御網を取り付けて、準備は万端、後は天気の良い日が続く事を祈るのみです。

まんまるだった西條柿が、随分と萎んで段々と小さくなって来ました。




もう食べられそうな感じの物もありますが、もう少しの辛抱です。

幸いに柿を吊るしてから秋晴れが続き、心配していたカビも生えずに綺麗に乾いてきました。

昔、母方の家の亡くなった祖母は、吊るし柿を作る名人で、その干し柿はとことん干して硬かったのを覚えています。




もう少し待つと、最高の干し柿が出来そうですが、心配なのは天候だけです。

今回は素材となる西条柿の出来が良かった事と、天候に比較的恵まれた事が、良い吊るし柿が出来た要因かも知れません。

今から、取り込んで食べる事を、本当に楽しみにしています。

​​​​​​​






Last updated  2020/11/06 11:21:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/13
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​​​​​​​知り合いから西條柿をもらいました。



​知り合いの父さんが、出荷を目的に植えられた西條柿でしたが、お父さんも亡くなり柿の価格も下がったために、何本も植えられた柿木は放置されて、その場所の草刈りだけ息子さんがしています。​




天気の良かった昨日、柿取りに出かけました。

沢山ある柿木には、沢山の実が付いていましたが結構熟れている物もあり、それらは鳥達や動物達のエサとなるそうです。

何と言っても、これは吊るし柿にすると最高品質の「西条柿」、本当に勿体無い話です。



西条柿は、タテ長で側面には4条の溝があるのが特徴です。

色はあまり濃くありませんが、緻密で硬さが丁度良く、16世紀頃には干し柿として、武士の保存食として珍重されていたという資料が、残っているそうです。

夜は、もらって来た柿の皮むき作業を、夜なべにしました。




約50個を2時間ほどかけて剥きました。

6~7個をヒモに結び完成ですが、今夜はここまでで作業終了です。




朝は、沸騰したお湯に次々順番に5秒間ほど浸け、そうすると殺菌されカビが生えにくくなるそうです。

その後、風通しの良い場所に柿同士が付かないように並べて、取りあえずは完成です。



​昨年は作らなかったので、一年ぶりか二年ぶりかはハッキリ覚えていませんが、吊るし柿が好きか嫌いかは別にしても、秋の風物詩としては見るだけでも気持ちの良いものです。​




​​​​​​​​​​​これで、大体3週間ほど出来上がりとなります。

上手く出来た場合いには報告すると思いますが、報告が無い場合は、失敗という事でご理解頂ければと思います。

​​






Last updated  2020/10/13 05:55:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/30
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​​​今年は、栗が豊作です。​


反面、柿が不作ですが、これは場所によって違いがあるので、何とも言えませんが、私の周りではと言うことをお断りしておきます。

工房では4〜5日前ぐらいから栗の実が落ち始めました。

すでにイノシシかタヌキが、美味しい栗の実を食べに来ていて、落下した実を食べていました。

まだ木に付いている物でも、口を開けている物は高枝切狭で落とし収穫しています。





まだまだ沢山の実が付いていて熟れていない物もありますが、以前にも書きましたが、これからは動物達との競争になります。


早速、今日収穫した栗は、むいで栗ご飯にしました。

買っていたサンマも食卓に並び、まさに秋の味覚がそろった事になりました。





これで、松茸の汁でもあれば最高なのでしょうが、まだ地元でも松茸が取れたという話は聞きませんので、これからなのかも知れません。


秋には秋の食材が食べられるという事は、本当に幸せな事だとしみじみ感謝している所です。


​​​​​​​​​






Last updated  2020/09/30 08:47:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/04
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​​​​​残暑ですが9月になり、台風が次々にやって来て、季節は確実に進んでいます。


​今、私の周りを見渡し、この季節らしい風景を切り取って見ました。​


早い所では稲刈りが始まり、それに伴ってスズメ達も早朝から、田んぼの横に立っている柿木の上で、ウォーミングアップをしています。

皆の前でスズメのリーダーが、熱中病についての注意などしているようでした。





​​先日出かけた鳥取県・香取の牧場。

広い広い放牧地では、本当に無数の赤とんぼが飛んでいて、秋が来たことを実感しました。





​9月に入っても、そんなことは全く関係なく、工房のカリンの木にとまったセミは、鳴き続けています。​


​​​




ここに来て、青空の下で爽やかに咲いているのは百日紅の花。

誰に見られるでもなく、静かに鮮やかに咲いている姿が、私は大好きです。





​​秋と言えば柿と栗。

今年は、栗の実が例年よりも多いような気がします。

栗の木の下の草刈りも終わり、これからはイノシシやタヌキ達と、栗の実の争奪戦となります。





​​






Last updated  2020/09/04 04:37:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/07/16
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​​​​​​​長雨の為に、夏野菜の価格が高騰している様です。


夏野菜は基本的に、水分やカルシュウムを豊富に含んでいるものが多く、夏バテや熱中症の予防解消に効果があると言われます。

また、ビタミンを多く含み、夏に必要な栄養を手軽に撮れるのが特徴です。

おばーさんの畑、夏野菜が見事に育っています。




普通のトマトも育てていますが、食べ易いミニトマトも栽培しています。
現在、日本のトマトは8000種類ほどあるそうです。

そのまま食べても美味しいですが、様々な料理にも使えて便利です。




ピーマンは、一株から40~50個も収穫できる優れものです。

油を入れて焼き、醤油でシンプルに食べる方法が一番好きですが、他にも沢山の美味しい料理があります。



​トマトもピーマンも、自然の色合いが素晴らしく美しいと、いつも感心してしまいます。




​​​​​​​​​​​最後はスイカ。
これは夏野菜ではありませんが、夏の果物の代表格です。

写真のスイカは小玉スイカ。

小さなスイカで皮が薄いのが特徴で、1958年に初めて登場した品種ですが、冷蔵庫に入れやすい事や大玉に比べ価格も安い事から、最近では大玉より人気があるそうです。

実は、もう一つ食べましたが、本当に甘くて美味しかったです。
これから暑くなると、スイカの季節です。






Last updated  2020/07/16 05:44:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/07/03
カテゴリ:季節の話題
​​​梅雨真只中、毎日雨が降り続いていますが、梅雨時期の花と言えば紫陽花です。


​今、本当に綺麗に咲いています。​














​葵の花も、てっぺん近くまで咲きましたので、もう直ぐ梅雨も終わり、初夏がやって来ます。​

​​​






Last updated  2020/07/03 10:44:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/06/13
カテゴリ:季節の話題
​​​​​​​​​​​​​​本当に久々、ホタルを見に出かけました。



場所は、真庭市下呰部(あざえ)にある「北房ホタル公園」。

この日は朝から雨、夕方になつても止む気配はなく、ダメもとで出掛けてみました。

今年はコロナの影響で、ここのホタルに関するイベントは全て中止、少し寂しい感じですが、人が少なく静かに見られるという点では良いのではと思いました。





それででも8時頃に「ほたる公園」に着いた頃には雨も小降りとなり、時期と時間も良かったのか思いの他、沢山のホタルが飛んでいて、見に来て良かったと思いました。

ここの備中川に架かる橋の上から、両側に広がる草原、そしてそれに続く小さな森。

​真っ黒な闇の中に無数のホタルが、時間帯によって場所や点滅具合を変えて乱舞する様子は、見ているうちに何とも言えない不思議な気持ちになってきます。​

この撮影は、高感度カメラを駆使して時間もかかりますので、今回は本当に下手なイラストでご勘弁下さい。

大体、このような感じで小雨の中見ていました。





​​​​​​​​​​ホタルには生活する為の森林の林床、カワニナなどを捕食するためのきれいな水のある川、これらの条件が揃わないと生息できないようです。


この場所も、多くの人たちの努力によって、これらの環境が保護されている事に、本当に感謝です。
​ありがとうございました。​
​​​






Last updated  2020/06/13 06:26:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全338件 (338件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.