1209106 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

のん木ぶろぐ

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

芸術、美術

2021/09/18
XML
カテゴリ:芸術、美術
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​高梁市成羽美術館で開催されている「大津絵と浮世絵展」を観て来ました。


ピカソ・シーボルト・富岡鉄斎も熱狂したと言う「大津絵」です。


「大津絵」は現在の滋賀県大津市で、江戸時代初期から作られた民俗画で、様々な画題を扱い東海道を旅する人々のお土産物、護符として売られた安価な絵でした。





美術品を目指して作られたものではなく、神仏や人物・動物がユーモラスなタッチで描かれ、道歌が添えれているのが特徴です。


多くの絵や道歌には、人間関係や社会に対する教訓・風刺が面白く込められています。





「大津絵」で一番有名なのが、「鬼の念仏」

入り口近くに飾ってありましたが、素朴で飾り気のないタッチが本当にいい感じです。





旅人がお土産に手軽に買えた物なので、大切に保存して持っている事もなく、貼って見て楽しんだ後は捨てれたり焼かれたりで、現存数が非常に少なく、今では貴重なものとなっています。





今回は「大津絵」35点展示されていましたが、一つ一つが大変面白く観るのに時間がかかりました。


​全部は紹介出来ませんが、下の「猫と鼠」はピカソも所有していて、大変気に入り大切にしていたそうです。

猫が鼠に酒を飲ませて、酔っぱらったら食べてしまおう。という考えのようです。

あまり酒を飲んでいると、この様に自分が分からなくなってしまう、という教訓の様な道歌が書かれていて、「大津絵」らしい一枚です。






「提灯に釣鐘」

形は似ていても重さに格段の違いがある事。

物事の釣り合わない事、一方重いから片思いのしゃれで、何かがおかしい事だそうです。




「瓢箪から駒」

思いがげない事、道理上ありえない事、冗談半分で言ったことが現実になる事。
そういうことも良くある事ですが・・・




「鬼の三味線」

鬼は「大津絵」には欠かせないもので、有名な画題です。

音曲や酒におぼれていると身を亡ぼすという戒めで、「猫と鼠」の鬼版で、昔は酒飲みが多かったようです。誰とは言いませんが今でもいます。


他にも面白いものが沢山あり、時間があれば是非本物を見てほしいと思います。

今回は、東海道五十三次の「浮世絵」が紹介出来ませんでしたので、又次回に紹介します。


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2021/09/19 07:46:48 AM
コメント(0) | コメントを書く


2021/05/07
カテゴリ:芸術、美術
​​​​​​​​「美味しいコーヒーとオシャレなジャズ」と言う、キャッチコピーのCDです。​


工房で作業する時に聴いていますが、聴くと言うよりも流していて、全く気にならない良さがあります。

元々は、デジタル配信したものが、異例の大ヒットとなってCD化されたそうです。



一つの中に2枚のCDが入っていて、現在は8タイトル程が発売されているようです。

現在私が持っているのは、「コーヒーブレイクジャズ」と「コーヒーブレイク・ジャズピアノ」の二つ。
他には、スイング・レゲエ・ボーカル・ボッサ、他などがあります。



最近、工房ではジャズのCDを聴くことが多くなり、続いて落語のレコード・CDですが、落語は時々聴き入って手が止まるのが問題です。

この「コーヒーブレイクジャズ」あと数枚は、欲しいと思っています。

参考までに落語は今、三代目・桂三木助を主に聴いています。

​​​​​​






Last updated  2021/05/07 07:02:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/05/02
カテゴリ:芸術、美術
​​​​​​​​​​​松江の焼き物、「袖師焼・そでしやき」の花入を見つけました。


この花入れは、袖師焼の3代目・尾野敏朗さんの作品です。

現在は5代目が、島根県松江で続窯されています。

尾野敏郎という陶工は、1931年民芸運動に参加、柳井宗悦・河井寛次郎、バーナードリーチらの指導を受け、日用品としての陶芸を目指しました。

​1958年ブリュッセル万博にて、陶芸部門グランプリを受賞している名工です。​



何故、これが我が家にあったのかは不明ですが、物置を片付けていた時に偶然見つけました。

幸いにも説明書が残っていたので、これが尾野敏郎の袖師焼である事が分かりました。

最初に見た時に、何ともモダンなデザインで、ありきたりの作品でない事は、素人の私にも分かりました。




岡山には備前焼という釉薬を使わない、素朴な焼き物があり有名です。

私も好きで花入れなどを購入して、頂いた湯呑などは日常で使っていますが、素朴でお茶を飲んでもコーヒーを飲んでも、何とも言えない味わいがあります。





​​​​​​​​​​日本各地には、それぞれに様々な焼き物があり今回の袖師焼も、この花入れが偶然見つかるまでは知らない陶芸でしたが、優れた陶工の作品に触れると、何も知らなくても良い物は無言で、我々に話しかけて来るという事が、本当に良く分かりました。​


これから、大切に使っていきたい思っています。

​​​






Last updated  2021/05/02 09:29:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/12
カテゴリ:芸術、美術
​​​​​​​​1990年代のジャズCDを6枚,購入しました。


工房でのBGMとして、ラジオを始め色々な音楽を聴きますが、最近のラジオ番組は、まとまった音楽番組は少なく、やたらと通販のコマーシャルばかりが多くて、最近ではほとんど聴くことが無くなりました。

落語は別として、レコードもCDの枚数も限られていて、ここらで邪魔にならない音楽は無いものか・・・と考えて、最近古民家カフェなどでよく耳にする、BGMとしてのジャズに注目しました。

ジャズは1970年代には、割り合い好きで聴いていましたが、その後はだんだんと聴く機会が少なくなって、最近はほとんど聴いていませんでした。

ところが最近、ユーチュウブで1990年代のジャズを聴いて、またジャズを聴いてみたくなりました。

調べてみると現在ジャズが低迷しているそうで、最盛期1998年の半分以下、音楽産業全体の2パーセントに、売り上げも低迷しているそうです。

現在は「都合のいいBGM]というのが、残念ながらジャズの置かれている位置のようです。

私の聴き方も、これに当たるので、えらそうな事は言えませんが、昔のように真摯にジャズに向かい合いたいと思っています。

取りあえずは、1990年代のジャズCD6枚で、ジャズの世界を体感してみたいと思っているところです。





​​​​​​






Last updated  2021/03/12 06:06:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/12/06
カテゴリ:芸術、美術
​​​​​​​​​​​​​カプセルトイ、通称は「ガチャガチャ」とか「ガチャポン」と呼ばれる、自販機のハンドルを回すと出て来るオモチヤです。


​もう随分と前に「コップのふちこさん」と言う、カプセルトイがブームになった時以来です。​




​先日、大きなショッピングセンターに出かけてた際、偶然にカプセルトイが沢山置かれている場所を見つけて覗いて見ました。​

当然、そのような場所には子供や若者が多いですが、中には私のような大人も数人自販機を覗いていました。

ガチャポンは、単なる子供のオモチャですが、それでもただオモチャと言うだけでは済まされないような、驚くべきアイデァがあったりして製作者の発想に驚かされます。



今回は、「工具コレクション2」というシリーズから、偶然出てきたのはモンキーレンチでした。

他には、ペンキ缶・プライヤー・くぎ抜き・スパナ・のこなどがありました。
出てくる物は選べませんので、集めている方には同じものが出る場合いも多々あります。



もう一つは、「アニマルアトラクション・おいしいふとん」シリーズ。

ペルシャネコがシュウクリームの中に入っている物でした。

こちらは他には、サンドイッチとかホットドックに挟まれた猫という物があるようです。




​我が家のきなこも、この不思議なネコちゃんには興味深々で、眺めたり触ったりして遊んでいました。​




​​​​​​​​​​このカプセルトイで最近人気なのが、「NTT東日本の公衆電話シリーズ」だそうです。
今回の場所にはまだありませんでしたが、現在品切れ状態だそうです。

私が興味のあるところでは、「ポテトチップスのおかしなキーホルダー」・「珍味マスコット」・「漬物マグネット」・「ぷにゅと刺身マスコット」などがあります。

カプセルトイは、本来子供向けのオモチャですが、子供だけでなく充分大人も楽しめる優れものだと思います。







Last updated  2019/12/06 09:23:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/02
カテゴリ:芸術、美術
​​​​​​​​数日前の新聞に「東映京都撮影所」で、人気時代劇「旗本退屈男」シリーズで、早乙女主水之介が身に付けた豪華着物が発見されたという記事が載っていました。


「旗本退屈男」は、東映黄金期の時代劇映画、勧善懲悪の主人公による痛快娯楽チャンバラ、とにかく私の大好きな映画です。




これは私のお宝。

「旗本退屈男・謎の決闘状」のオリジナルポスターです。

とにかく映画のタイトルには、何故か謎のが必ず付いています。

今回の着物の記事は、昔毎回・退屈男が着ていた豪華な衣装で、花鳥風月の伝統的なモチーフだけではなく、トビウオや南洋風な植物など華やかさと、モダンな感覚のものなども多く発見されたというものでした。
全部で114点、江戸時代の浮世絵同様に、文化であり芸術でもあったことを示す貴重な発見だそうです。

デザインは日本画家が担当、退屈男の衣装だけで他の人の衣装予算が全部飛んだというエピソードも載っていました。




この衣装は、当時のポスターと共に9月以降、東京とパリで展示されるようですが、是非我々の近くでも展示して欲しいものだと思います。

上の二本は手持ちのビデオテープですが、勿論DVD でも手に入れる事が出来ますので、是非ご覧ください。

今は、何だかんだと複雑な世の中ですが、スッキリとした完全正義の味方の痛快時代劇を見て、お金をふんだんに使って創られた豪華衣装の、古き良き時代に思いを馳せるのも、暑い夜にはいいかもしれません。

​​​​​






Last updated  2019/08/02 06:06:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/10/28
カテゴリ:芸術、美術
​​​​​コンバット、サンダース軍曹の声優だった田中信夫さんが、10月17日83歳で死去されました。​



コンバットは、私が小学生の頃に放映されたアメリカのテレビドラマですが、今では沢山ユーチューブで簡単に見ることが出来るので、最近は毎晩のように見ています。

中でもビックモロー扮するサンダース軍曹が好きで、子供の頃はよく真似をして遊んでいました。

サンダース軍曹の声は低い太い感じと言うイメージでしたが、今オリジナルを聴いてみると、どれほどでも無いようです。
実際のビックモローは、穏やかで話し方で繊細な方だったと対談された田中信夫さんが、印象を語られていました。

最後にビックモローが書いた色紙も、公開していましたが小さな細い文字でサインしてあり、コンバットで見せたような荒削りな感じとは正反対と言うのが、実に面白い事でした。

あらためて​田中さんのご冥福をお祈りいたします。​


rblog-20181028183720-00.jpg
​​​​






Last updated  2018/10/28 06:42:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/06/30
カテゴリ:芸術、美術

「ラジオの時代」1971年・1972年、という音楽CDを買いました。

野鳥撮影に出かける時には車での移動時間が長いので、音楽CDか落語CDを聴いていますが、それらも同じものばかりになって飽きてしまいます。
そこで何か面白いCDはないものかと、CDのネットオークションを見ていた所、この「ラジオの時代」という面白いシリーズを偶然見つけました。

このCDは、1967年から1976年までの10枚で構成、ラジオ黄金時代にセイヤング・オールナイトニッポン・ヤンタン・ヤンリクなどで人気があり、流された洋楽・邦楽をごちゃまぜにしたという珍しいコンセプトで作られたCDなのです。


DSC05954_s.jpg

1967年から1976年の間で、自分が一番聴きたい曲が多く入ったCDを買おうとした結果、私の場合は1971年と1972年という辺りに落ち着きました。
これは、それぞれの方の年代によって偏りがあると思います。

ちなみに1971年のラインナップは、アメリカンパイ・ドンマクリーン、風をあつめて・はっぴいえんど、花嫁・はしだのりひことクライマックス、喜びの世界・スリードックナイト、シェリーに口づけ・ミッシェルポルナレフ、恋人もいないのに・シモンズ、教訓・加川良、真夏の出来事・平山三紀、シーズアレディ・トムジヨーンズ他

1972年のラインナップは、僕の好きな先生・RCサクセション、さなえちゃん・古井戸、オールドファツションラブソング・スリードックナイト、赤色エレジー・あがた森魚、雨に濡れた朝・キャットスチーブンス、傘がない・井上陽水、アローンアゲイン・ギルバートサリバン、結婚しょうよ・吉田拓郎、あの素晴らしい愛をもう一度・加藤和彦と北山修他

大体こんな感じです。
私もまだ全体を掴んでなく、他にも面白い年代があるかも知れないので、これからゆっくり探していこうと思っている所です。
興味のある方は、是非聞いてみられてはいかがでしょか、定価は2000円ですが、中古だと600円前後で出ています。

とにかく懐かしく面白いCDです。

  • DSC05956_s.jpg






Last updated  2017/06/30 10:20:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/03
カテゴリ:芸術、美術
高梁市宇治町の旧家に伝わっていた900年前・平安時代の鎧で国宝に指定されています。


この鎧が国宝に指定された時には高梁の宝だと思いましたが、億単位の金額のため高梁市が手に入れる事は出来ず、岡山県立美術館の持ち物になってしまいました。
なかなか観るチャンスがなくて残念に思っていましたが、5月8日までの期間限定で高梁に帰って来ましたので本日、時間を見つけて高梁文化交流会館に出かけました。



DSCN2783.JPG


残念ながら写真撮影
は出来ませんでしたので、詳しくはPCなどでご覧ください。

実戦で使われる事が多かったために、このような状態で残っているのは日本で唯一この鎧だけだそうです。
馬上での攻防に重点を置いた造りのため、徒歩戦とは違った台形状の外観をしています。
馬上から敵を左に見立てて矢をいるという形が基本となった造りとのことです。
重量は25キロもありますが、平安時代騎馬による弓矢合戦が主体の頃は、このような鎧でもよかったようです。

900年もの時を経た鎧は、それだけでも重厚で威風堂々、なかなか味わい深い逸品でした。









Last updated  2017/05/03 07:07:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/09/06
カテゴリ:芸術、美術
  • 「森のがっこう」という曲を久しぶりに、昨日のトクさんと堤友彦君のコンサートで聴いて、改めていい曲だなぁと思いました。


これは大阪のフォークシンガー・大塚まさじさんの名曲ですが、歌詞といい曲といい穏やかで本当に良い唄です。

ユーチューブでも検索すれば、今はいくらでも聞けますので興味のある方にはお勧めです。

大塚まさじさんとは、ライブハウスにコンサートを聴きに行ってお話しをさせて頂きましたが、こういう唄を作詞・作曲されるのもうなずけるような温厚な人柄の方でした。

亡くなった西岡恭蔵さんや中川イサトさん、友部正人さん達とも親交が深いようです。

彼の唄の中で私が一番好きなのは「街唄」という曲ですが、これも大塚さんの人柄が表れた名曲だと思います。

自分が好きだった曲を、全く予想もしていなった所で偶然に聴くと、一瞬にしてその時代・その時に戻ってしまうのは本当に不思議な事です。


下のCDは、大塚まさじさんの二枚組みCD「昼の月・夜の魚」です。


  • DSC03951.JPG

 







Last updated  2015/09/06 10:03:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.