883855 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のん木ぶろぐ

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

インターネット社会

2019/02/04
XML
​​​​​​​​​​​百均で、スマホレンズを買いました。​



​先日、探し物があったので百均を訪れると、スマホレンズの魚眼タイプと広角接写タイプが,売られているのを見つけ購入してみました。​





魚眼レンズは一つ、広角.接写レンズは一つで二つ付いています。

百均ですので期待はしていませんが、雑誌付録程度のダメ元感覚です。





家に戻り、早速スマホに取り付け撮影してみました。

結果的に、一番ダメだったのは接写レンズ、これは接写するとボヤけて殆ど使えませんでした。
一方広角レンズは、少しだけ広角で写せますが、両端の方は歪んでしまいます。残念ですが使えません。



そんな中で一番使えたのは、魚眼レンズ。

これは、それなりに写せるので面白く使えましたが、クリアには写りません。

我が家のネコ、きなこを写し娘に送りました。




現在のカメラには、これらの機能は付いているものも多いですが、スマホにもカメラと同じような機能が付く日も、そう遠くは無いと思われます。

カメラ離れは、ますます加速しそうです。​​​​​​​​






Last updated  2019/02/04 06:20:31 PM
コメント(0) | コメントを書く


2017/01/11
ラインストアー・クリエイターズタンプ、岡山弁各種が面白い!


以前もコンビニでプリペイドカードを購入して、ラインスタンプを使っていましたが、無料のスタンプも数多くあり、いつの間にか有料のものは使わなくなっていました。
そんな中、有料のクリエイターズスタンプで「京都弁」があり、それが面白くて結構頻繁に使っていました。
今回は「岡山弁」で検索結果240件程見つかり、なかなかレアなものも見つかったので購入してみました。

「岡山弁じい」「岡山弁のオッサンとオバハン」「備中弁おじい」の三種類です。
中でも私の住んでいる高梁地域に一番近い岡山弁は「備中弁おじい」でした。
今回は、長くなるので一番レアな「備中弁おじい」のみ載せてみますが、好評なら次回他のものも紹介します。


いぬらーよう(帰ります)・ けなりーのう(うらやましいなぁ)・たのまーよう(お願いします)・てごーしたげらぁ(お手伝いします)・てにゃわんのう(ずるがしこいなぁ)・によーた(寝ていた)・ねぶたいわ(眠たいなぁ)・ねらーよう(眠ります)・ゆーかしてみー(教えて下さい)・まだ、いねんのじゃ(まだ、帰れません)・よーさりゃむりじゃ(夜は無理です)

でーてーこげんもんです。皆さんも興味がありゃ、よーすみいみい探してくだせえ。
わしゃもう、ねらー


DSC05727.JPG








Last updated  2017/01/11 06:37:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/10/12
  • 楽天の作成画面が変わりましたのでテスト中です。

随分と同じ書き方を繰り返していたので、突然に制作画面の変更で戸惑ってしまい練習しています
多分慣れてくると、この方がいろいろと便利なのでしょうが、歳を取ってくると変化というものに付いていくのに時間がかかるのが、何とも情けない感じです。

IMG_3991.JPG


プレビューを見ながらやっていますが、明日から大丈夫なのか心配です。

本当は少し前から作成画面が変わったのですが、一人では心配なため息子が家に居る時に見てもらいながら教えてもらいました。
何ともPC音痴には困ったものです。







Last updated  2016/10/12 09:22:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/09/22
    • 国内唯一VHSビデオデッキを生産していた、船井電機が生産を終了したそうです。
一週間程前のテレビニュースで知りました。

最近はDVDなどの方が見る機会が多く、VHSビデオテープを見る事は少なくなりましたが、それでも古い映画などはVHSで持っているものが多く、全く必要ないという物ではありません。
テープは湿度・温度などに敏感で劣化も早いという事で、特に大切な物はDVDに移していますが、なかなか面倒なので横着者の私は、それ以外は手付かずのままです。

VHSは1976年に旧日本ビクターが発売して、1980年~90年代にピークとなりましたが、同時期ソニーが発売したベーター方式との熾烈な競争の結果、最終的には録画時間の長さなどからVHSが勝利、ベーターは2002年生産を終りました。
しかし、時代は流れ現在ではDVD・BDなどの光ディスクが主体となり、取り扱いの簡単さPCとの関連などからもVHSは終焉を迎えました。

    そういう事情も相まって今回のデッキ生産中止という事です。
    私が初めてビデオデッキを見たのは友人の部屋で、当時はかなり高価だったと記憶していてテープの入り口が上で、盛り上がるようにテープが出てきた事が印象的でした。

    下の写真は、我が家のビデオデッキですが、家人には使われなくなり私だけがVHSを見るために使っています。
    しかし、すでにベータービデオテープの方は再生不能、VHSは再生がかろうじて出来るものの早送り・巻き戻しは手で固定していないと出来ない状態。
    後どの位で、使用不可能になるのかが時間の問題で、どうしたもんじゃろの・・・という感じです。
    IMG_3934.JPG








    Last updated  2016/09/22 06:51:24 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    2016/08/13
    • 五感で感じる所が、アナログレコードの魅力なんだそうです。
    • 1982年CDの出現により、1986年に売り上げを抜かれたアナログレコード、その後はCD全盛時代に入り、それからデジタル配信の時代が訪れ、今はハイレゾ音源データをダウンロードして聴く時代へと変化しています。
    確かにCDが出た時には、そのコンパクトな使い易さから、業界もユーザーも一度にそちらの流れに乗ってしまいましたが、なにかそういうものに飽き足らなくなった人達や、デジタル音源にはない「音の良さ」にこだわる人達にはアナログの良さが、特に若者の間でも支持されるように2006年位から、数字としては変化してきたそうです。
    • IMG_3661.JPG

    私の場合、レコードを聴くのはもっぱら工房ですが、これは一生懸命聴くというものでも音源に拘るというものでもなく、ただ木工作業をしている間のBGMという感じです。

    CDも持っていますが、古典落語のLPレコードが大量にあるために、どうしてもレコードを聴く事が多くなります。勿論その他のLPも聴きますが・・・

    私は昔人間のためか、音楽や落語を聴くときにジャケットとかレコードなど物がないと寂しい感じがして、今のようにスラッシュすれば操作出来るという、利便性オンリーが何となく物足りません。


    • IMG_3662.JPG

    音質的にはハイレゾ音源には勝てませんが、パチパチというノイズがあり、まろやかな暖か味のある音が、昔人間にはいい様です。
    そして、アナログ音源を知らなかった世代の若者達も、新しい新鮮な音として支持してくれている事を、本当に嬉しく思います。







    Last updated  2016/08/13 07:37:54 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    2016/04/20
    • 17日、PCハードディスクが動かなくなりました。
     
     
    17日夜10時頃、PC画面が突然黒くなり、予期せぬ終了状態。
     
    何が起こったのか分らず923に連絡、翌朝923が来てくれてハードディスクがダメになった事を知りました。
     
    • IMG_2812.JPG
     
    とりあえず持ち帰り、回復するかどうかやってみる・・・という事で、923に望みを託しましたが、とにかく死亡寸前の重症。
     
    半ば諦めていた所、今朝になって923がどうにか奇跡的に動いたという事で、情報や記録を失うことなく新しい物に移してくれました。
     
     
    • IMG_2813.JPG
     
    良かった!感謝!ついでにウインドウズ10にも移行してくれて、本当にありがたい事です。
     
    ハードディスクの寿命は大体3年、我が家のように一日中使うような環境だと、もっと短いと考えた方が良いそうです。
     
    これからは3年目安に、パンクする前に手を打つ事を改めて確認した次第です。
     
    • IMG_2814.JPG
     
    工房では仔猫は相変わらず、何処にも行かずに棲み付いています。
     
    八重桜が満開です。
     
    • IMG_2817.JPG
     
    工房までの山道では、藤の花も咲き始め、オオルリの囀りもよく聞こえるようになりました。
     
    季節の移ろいの早い事に驚かされます・・・
     
     






    Last updated  2016/04/20 07:18:35 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    2010/07/07

    DSはニンテンドー・PSPはソニーのゲーム機ゲームです。

    知っている人は良く分かっているが、知らない人には全く分からない・・・そういう分野の話だと思います。

    オジサンはどちらかといううと、後者の方だと自信を持って言えます大笑い

    今年になって娘がPSPがほしい!と言い出しました。昨年、DSを買ったばかりなので返事はNOバツ

    「成績を上げたら・・・」という条件付でしたが、それからというものゲーム機が原因かどうかは分かりませんが、驚くほどびっくりテスト勉強を積極的にやるようになり成績も上向き矢印

    目の前にニンジンを下げられた馬のようなパワーを発揮しましたダッシュ

    すでにDSを持っているのに、今度はPSP、素朴な疑問ですが?この二つどこがどう違うのか・・・分かりやすく娘に教えていただきました。

    画像 423.jpg

    まとめてみると

    (1)折りたたみ式と折りたたみ式でない

    (2)1画面と2画面

    (3)タッチパネルとボタン式

    (4)メモリースティツクがあるなし

    (5)動画が入れられる、入れられない

    写真はニンテンドーDS

     

    画像 422.jpg

    (DSの長所・短所)

    ゲームソフトが簡単で誰でも出来る。

    画像が悪い為にスクロールが多い。

    (PSPの長所・短所)

    画像が良いので3Dの奥ゆきのあるゲームが出来る。

    USDの性能が良く、自由度の高いゲームが多い。

    値段が高い(ソフト・メモリーなど)、ゲーム時間が長く、小中学生には難しすぎる(子供に限らず・・・)

    右上はソニーのPSP

     

    以上の様な事が、娘に教えてもらった二機種の大まかな違いのようです。

    画像 421.jpg

     

    もっと大雑把にまとめてみると、最初簡単なDSから始めて難しいPSPにと進んで行く、という様な流れのようです。

    本体価格は二つとも18000円前後と大差ありませんが、ソフトが高くメモリーの必要なPSPの方がトータルすると格段高くなります。

    ニンテンドーは以前、ハイクォリティにしすぎて価格が高くなったバーチャル・ボーイで大失敗している為、ゲーム機にクオリティは求めない・・・方針のようです。

     

    画像 420.jpg

     

    一方ソニーはPSPで仕様しているUMDの規格は一応世界基準なので、ブルーレイとの連動で最初からマルチメディアとして開発、そのためにパソコン並みの性能となったという事があるようです。

    それぞれの会社が、それぞれの思惑で開発したゲーム機で、いかに売り込んでいくのか面白い・・・それこそ本当のゲームです。

     

     

    DSとPSP国内での販売数は、DS 1000万台、PSP 360万台

    現段階ではDSの勝利王冠という事のようです。

    それにしてもDSソフト売り上げ!!脳トレ(全)870万・ポケモン575万はスゴイ!!

    ちなみに娘のクラスでもPSPは、まだ少数派だそうですが・・・

    これから、どうなるのでしょう・・・ウィンク

    今日は、オジサンには未知の世界のゲーム機の話でしたが、あなたは知っていたでしょうか・・・

     

     







    Last updated  2010/07/07 01:56:32 PM
    コメント(2) | コメントを書く
    2009/08/12

    それにしてもYOUTUBEはすごい!!

    今更いうのもなんですが本当にYOUTUBEは何でもありでビックリします。

    この間から、懐かしのテレビ番組、映画、音楽を探しては聴いたり観たりしていますが、その素早い事と種類の豊富さに時代遅れのオジサンは感心しています。

    懐かしのテレビテレビ番組では、「七色仮面」「まぼろし探偵」「少年ジェット」など多くの番組を本当に昔を懐かしんで観ることが出来ました。

    歌謡曲もキャンディーズ・南沙織・河合奈保子・などなど、そしてもっと昔の本間千代子まで楽しんで聴きました。

    画像 246.jpg

     

    この曲は今聴いてもいいなぁ、とか今観てもかわいいナァとか、何につけても現在との比較になりますが、一緒に見ていた中学生の娘も結構昔の曲が気に入ったようで、かえって新鮮な感じで聴いてくれ、少し嬉しくなりました。

     

    娘が居なくなってから、思いついて今は亡き高田渡さんを検索して映像と曲を、一人で聴きました。

    「夕暮れ」「生活の柄」「コーヒーブルース」「自転車に乗って」など、懐かしい曲ばかりです。

    亡くなって、もうどの位経つのでしょうか・・・上のCDは亡くなる少し前に、息子さんの高田れんさんと二人での珍しいコンサートの実況録音です。

    画像 247.jpg

    高田さんで思い出されるのは、家の息子がまだ小学校一年生ぐらいの時、ライブハウスに一緒に連れて行き高田さんの歌を聴いた時の事です。

    コンサートが終り、少しご本人とお話をする事が出来ました。

    高田さんは、息子に「おじさんの歌は面白かったか?」と訪ねられました。

    私は何て答えるだろうとハラハラしていると息子は「面白くなかった」とハッキリ答えました。

    それを聞いた高田さんの顔が急に笑顔になり「そうか、そうか面白くなかったか・・・」と大笑いされました。この時ばかりは本当に冷や汗をかきました。

    続けて高田さんは息子に「このオジサンの歌を二時間我慢して聴く事が出来れば、これからどんなに辛い事があっても、我慢する事ができるぞ!」と言って、握手してくれました。

    聞きなれた変なおべんちゃらよりも、純粋な子供の本音の方が高田さんの心には嬉しく響いたようで、この人の心の片隅を覗いたような気がしました。

    画像 248.jpg

    その後、高田さんは何回かこのライブハウスに来られましたが、残念ながら見に行く事は出来ませんでした。

    そして亡くなられてしまいました。

    その後、息子は音楽ではありませんが、このライブハウスの方に可愛がられて毎年夏に一回、ステージにあがらせていただいています。

    あの高田渡さんが唄っていた同じ場所に・・・・







    Last updated  2009/08/12 02:08:48 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    2009/08/06

    数日前の新聞に「容量BDの25倍次世代ディスク開発へ」の見出し!!びっくり何だ!これは・・・?

    VHSをようやく卒業して、DVDDVDに慣れてきたのに・・・次のBD「ブルーレイディスク」を飛び越えて早くも次の製品が開発されるなんて・・・

    何ぼなんでも速過ぎる。あまりにも速い流れに、ますます取り残されていきそうです。

    新聞によりますと、日立製作所・三菱化学などが高画質DVD規格「ブルーレイディスク」(BD)の25倍以上の記憶容量を持つ次世代ディスクを2012年の実用化を目指して開発するというものです。

    記憶容量は1テラバイト(1テラは1000ギガ)を上回るそうですびっくり

    次世代ディスクは特殊なレーザー光線で、立体画像を記録・再生する「ホログラム技術」を応用、ディスクの表面だけでなく全体にデーターを記録するので容量を大幅に増やせるという理屈だそうです。

    画像 231.jpg

    おもに企業などが大量の情報を集中管理する「クラウド・コンピューテング」を支える技術として期待されているそうです。

    クラウド・コンピューティング

    文書管理を表計算・電子メールなど、様々なソフトウェアをパソコンパソコンに記憶させずに、データーセンターにあるサーバーからインターネット経由で取り出して使う仕組み。

     

    VHS右矢印DVD右矢印BD右矢印???アァ~解らん!!

    この開発される次世代の光ディスクも必ず、映画や音楽にも使われていくようになるだろうし、そうなるとどうなってくるのか?全く想像できません。

    そこの所を噛み砕いて、専門家のパソコン博士923に教えてもらおうかと考えている、時代に取り残されつつあるオジサンなのです号泣

    画像 230.jpg

    我輩には関係ないし、全く興味なし。

    悪い頭で考えるより、昼寝するほうがイイヨ手書きハート

     

    幸せだなァ~







    Last updated  2009/08/06 03:50:10 PM
    コメント(1) | コメントを書く
    2009/07/08

    今朝の新聞にwindows7が今年の秋、10月22日に発売予定!という記事が載っていました。

    windows-xp右矢印vista右矢印window7という流れ!!

    VHS右矢印DVD右矢印BDという流れになっているようです。

    VHSは今やゴミ同然という風に以前書きましたが、この流れは止めようも無いみたいです・・・

    画像 151.jpg

    今全盛を誇っているDVDも遠くない将来、BD(ブルーレイディスク)BIUーRAYDISKに取って変わられようとしています。

    国内では、ソニー・パナソニック・シャープなどが開発を進めていて、大きさはDVD・CDと共通、しかし現在のDVDの5倍以上の記録容量とハイビジョン映像を収録する事が可能だそうです。

     

    何べんも言いますが機械オンチなオジサンにとって、それ以上の説明は出来ません大笑い

    とにかく日進月歩で技術面は変化しているという事だけは事実です!!

    とは言うものの、これらは道具としてのものであって、大切なものはやはり内容です!!

    画像 152.jpg

     

    これらの最新技術をいかに利用して、我々の生活を豊かにしていくのか・・・

    それは個人個人の力量にかかっているように思います。

     

    現在VHSテープ価格崩壊で、結構欲しかったり、探していた映画作品が沢山見つかりとても喜んでいる機械オンチなオジサンなのですウィンク







    Last updated  2009/07/08 09:08:41 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    このブログでよく読まれている記事

    全11件 (11件中 1-10件目)

    1 2 >


    Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.