088465 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のほほん滞在記

疑心暗鬼の鄭州 <少林寺女子武術学校>

   
<鄭州→登封(少林寺)>

   8月8日

   観光場所:<鄭州>商代遺跡
        <登封>少林寺 少林寺女子武術学校

   宿泊場所:<登封>少林寺女子武術学校 (170元くらい?食事,武術指導つき)

    
♪う~ん
夜中に、隣の中国人の声や寝苦しさで何度も目が覚めつつ
結局6時には宿を退房しました。

なんだか身体がべたべたして気持ち悪い~

でも、シャワーなんて無いので、このじめじめ暑い中
タクシーもバスも使わず徒歩で観光を始める・・・
まずはかつて商の時代の遺跡をさがしててくてく・・・
・・・
・・・
そういえば私、「某歩き方」の地図を大活用して多のですが
街によって尺度は違いますよね・・・
私このとき気がつきましたから!!
まっすぐで単純な道なのに、行けども行けどもつかない・・・
結局かなりのウォーキングの末発見!
鄭州 遺跡
・・・
でもね、こんだけ頑張って見つけたのだけど
この遺跡、現在は地域の皆さんの憩いの場になってたの。
公園のようなものかな。
遺跡自体は結構長くて、頑張って歩けば「遺跡らしい」場所にも辿り着けたんだと思うけど・・・
私は途中で断念しちゃった。
朝7時前なのに大勢の人が、太極拳や扇子を持った太極拳、武術の練習や体操・・・
思い思いに身体を動かしてたわ。
なんだか「憧れの少林寺」に近づいてるんだ!って確信してわくわくしました。
この旅の大きな目的の一つが「少林寺で武術を習う!」こと。
小さい頃から「中国武術」にすっごくあこがれてて(多分『らんま』って漫画の影響?)
この留学で絶対武術を習うと決めてたのです★


で、鄭州のもう一つの見所ツインタワーへ向かう。

このタワーは街中にあるのですぐに見つけられましたよ。
でも工事中で遠くからしかみれなかった・・・

鄭州 塔


まあ
鄭州に来た目的は・・・【少林寺のある登封】へ行くバスに乗るため。
だったので、とりあえず2つを観光した後は恒例のマックで朝食を食べ、クーラーのもとでしばし休憩し・・・
バスターミナルへ向かいました。

 ぶんぶんぶぶぶん・・・

走ること1時間くらい・・・?(忘れましたがな)

登封に到着。
バスが止まるやいなや、バイクタクシーのおっちゃんに囲まれる!
・・・
まあ、目的地は決まっていたので「乗っても良いか・・・」と思い、値段交渉
そして【少林寺拳法を教えてくれる】「~ホテル」(名前忘れましたが結構高級なホテル!)までお願いします~と、乗り込む私。

昨日はきたないところでシャワーも入れなかったけど
今日は贅沢しちゃお~っとウキウキ。

ところが!!

走っている内に、突然運転手が運転をやめて・・・
「少林寺拳法やらないか??」と聞いてくるのです。
「ここでできるぞ、行ってみないか??」っと・・・
私は「いやいや、これから行くホテルでできるから結構ですよ。」と行ったのですが
また同じ事を聞いてこられる・・・(--;
しまいには「一度行って話を聞いてみよう。それで嫌だったらそのホテルにつれてってやる」とのたまうではありませんか!

結局その運転手に押し切られ向かった先が・・・
「少林寺女子武術学校」でした!!

・・・なんかそれも面白そう・・・なんて思ったりして・・・

でも、お金がないのでとりあえず値段を聞いてみる。
最初は200元ぐらいだったかな?でもとりあえず160元まで下げてもらいました。
でも、一泊100元まで!!・・・と決めてた私にはいたい出費・・・

そう、結局ここに泊まることに決めてしまったのです(^^;
これでシャワーは無しね(>_<)

現在昼を過ぎ、1時をまわったところ。
武術学校の生徒達は只今お昼寝中だそうです。

-夏は昼間の一番暑い時間は授業をせず、3時以降から始まるそうです。

で、私も最初はみんなと一緒にお昼寝してたのですが・・・
時間をもてあましたので、少林寺観光へ行くことにしました。



【登封:少林寺】↓
少林寺

【登封:少林寺・塔林】↓
少林寺 塔林



私がお世話になった【少林寺女子武術学校の宿舎の一室】↓
女子武術学校


♪ 嫌なこともあったけど、ここの少女達は皆優しくステキな子達・・・朝まで共に・・・


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.