018009 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

毎日、楽しく。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


のんりん1130

カレンダー

お気に入りブログ

FILE 京都店 全面リ… ひより510さん

ねこの散歩道 あき415jpさん
SHANBOBA とばそ♪ ふく横井さん

コメント新着

のんりん@ あきさんへ そうやで、本物のビリから1位。 模試の結…
あき415jp@ Re:息子の大学受験 記録(高3の秋初旬)(10/09) のんりんちゃん、私も受験生なので、「最…
のん&りん@ あきさんへ あきさん、いい感じでダイエットできてる…
あき415jp@ Re:お買い物マラソン 完走(08/05) のんりんちゃーん、私は、最近、ちょっと…
のんりん1130@ あきさんへ なんやろね?これが済んだら一息つけるッ…
2014.10.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
夏休みに遅ればせながら、勉強を始めた息子ですが、まぁ調子よくガンガンやってる時もあり
ちょっとおさぼりすることもあり。
なかなか安定して勉強できてない気がします。
ただ、しなきゃ、しよう!って覚悟みたいなものはそこそこ出てきています。
志望校もほぼ決まり、目標ができ態度や言葉遣いも少しずつ変化が見られています。


中学の時は塾は行っていませんでしたが、高校に入り、1年生から塾には行っているんです。
それなのに1、2年生時は安定のビリッケツでした。

塾はいわゆる大手のところではありません。
結局のところ、息子本人がその気にならなければ、どれだけ優秀な先生に学ぼうとも結果なんて
出ません。2年間と3ヶ月、息子はこちらの塾でしてたのは寝てたことぐらいですから・・・
それでも、辞めさせず続けてるのは理由がありますが、これは最後に塾として記録しようと思います。
(実は個人塾なので、先生側が息子を切りたかったかもしれないのですが、今日まで我慢して頂き
根気よく指導してくださっています。)

さて、息子の現在の成績、どのくらい上がったのかというとざっくり言うと、V字回復。
運動部でガッツリやっていた子には時々いるようですが、けっこう珍しいようです。
現役生ならではかもしれません。

マーク900満点で6月の時点では458点、全国偏差値49.8(34.5/校内)という5割すれすれ
校内偏差値でわかるように、学校のビリッケツをひた走っていました。
当然、志望校の合格判定はALL E判定(合格可能性20%未満)




夏休み中に受けた全統模試では
マーク900満点で722点 全国偏差値68.7
志望校の合格判定はB判定(合格可能性65%)

記述(英語200・数学3型200・理科200物化)600満点
449点 全国偏差値69.9
(校内66.4)
志望校に合わせた(理科300点)700点にすると偏差値70.3
合格判定A判定(80%以上)

マーク+記述 総合 B判定

中高一貫校以外の現役生は理科がまだ試験範囲まで終わっていません。
なのでこの時期の理科は現役生はまだ点数が伸びません。
例えば化学の有機の一部、物理の電気。
息子は物理が好物^^のため問題なしかと思えましたが、それでもやはり電気分野で落としていました。
ちなみに、6月に受けた模試より、こちらのほうが難易度は高めです。

この時点で志望校は、地元国立医学部あるいは薬学部。
悩んでいるのは、大阪府立大の獣医学科。

将来の夢は獣医か小児科医(あるいはERや総診、麻酔科にも興味あり)
届かなかった場合は元々の夢だった理工学部から研究職、薬剤系の研究職にも興味あり。
一番安全パイなのは地元大学の薬学部。
私立で検討しているのは慶応大学理工学部、あるいはセンター利用での早稲田か。
ただ私立は照準を当てて系統建てて勉強の必要があり、この模試ではA判定はでているけれど
まったく対策をとってない息子には難しそう。
英語力が高いため、可能性が無いわけではないけれど・・・・
センター利用の早稲田はセンター9割取れれば合格圏内だが、9割なら医学部も合格圏内。

学力以外の点ではお家大好き、家族大好きの息子はできれば自宅通学できる方がいいようです。

今は医薬系に絞ってとにかく、センター9割目指して頑張っております。
現役生はここから1月までまだ伸び幅がありますし、息子の場合勉強を始めたばかりなので
まだまだ頑張れると思われます(笑)


最後に息子の志望している国立医学部についてですが、正直ここまで難易度が高いとは
知りませんでした。
お医者さんってお勉強ができるんですね、改めてびっくり。当たり前???


日本全国、北は北海道南は沖縄まで、どの国公立大学の医学部をとっても偏差値は70前後。
倍率もおっそろしく高いです。
後期設定している大学は半数以下のため、後期の倍率なんて50倍なんてこともあるとか。
ひぇーーーー
医学部は国立と私立ではそもそもかかる学費の桁が違いますから、当然国公立の倍率は高いんですよね。
受ける試験が全く違うため、単純に比較できませんが、東大の中で一番入りやすいと言われる
理科一類と同等、あるいはそれ以上と知り、愕然としました・・・

地元の国立大学は、旧七帝大につぐ大学として人気もあります。
お隣の県の大学も視野に入れていますが、この2大学、タイプが違います。
地元大学の方は、2次試験は他の学部と同じ問題が出題されます。
ですので問題自体はセンターより少し難しい程度ですが、医学部合格には
8割後半9割ちかく取る必要があり、センター9割も怪しい息子にとって
これまたハードルが高いんですよね。
お隣の大学は、医学部は専用の問題が出題され、数学と英語がおっそろしく難解らしいです。
ただし5割程度で合格とか。
どっちがいいのか、まだまだ思案中です。


とりあえずは年内はセンター対策7、8割、2次対策2、3割で平日8時間を目標にがんばるそうです。
まぁ、無理が利く年頃ですから、数ヶ月ぐらい無理をしてもいいのかもしれません。
今まで限界まで頑張った経験がないそうですから、がんばってもらいましょう。


これまた余談ですが、国語と地理も学校の方針で模試では記述も
息子には必要はありませんが受験しています。

返ってきた国語の回答がひどいんです。
適当に思いつきでチラホラ記入。明らかに手抜き状態。
これが娘ならたぶん自分に不必要だとしても全力投球だと思います。
性格が出ていて、なんだか笑っちゃいました。

地理はがっつりやると記述でどのくらいとれるんやろう?と思ったそうで、ノーベンながら
本気でやってみたそうです。
結果74/100で全国偏差値72.7学内順位も3位と健闘。
やっぱ文系と違うのか?と思う母でありました。
ただ理科も好調です。
苦手の化学を夏休みにガッツリやったそうで、偏差値も77.3まで一気に上昇。
学内順位は最下位からまさかの1位となりました。
物理は安定の偏差値74.3学内順位は4位。物理部の面目躍如。
残すは数学、整数問題と確率問題。
がんばれ、がんばれ。











最終更新日  2014.10.09 11:32:56
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.