1757131 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

西洋史関連(史料)

専門書関連ページ
西洋史関連(邦語文献) ・西洋史関連(邦訳書) ・西洋史関連(洋書) ・西洋史関連 ・その他教養

古代、中世から、18世紀頃までの著作(の邦訳、あるいは現代欧米語訳)のリストを、ここに独立させました。
私が論文などで史料として使った(あるいは今後使いうる)本のリストなので、その選択には恣意的な部分もありますが…。

(邦訳)…おおざっぱに、時代ごとに区分しています。

A.古代ギリシア・ローマ
・アポロドーロス(高津春繁訳)『ギリシャ神話』岩波文庫、1953年
・イソップ(山本光雄訳)『イソップ寓話集』
・イソップ(中務哲朗訳)『イソップ寓話集』 
・オウィディウス(中村善也訳)『変身物語(上)』岩波文庫、1981年
オウィディウス(沓掛良彦訳)『恋愛指南―アルス・アマトリア―』岩波書店、2008年
・ソポクレス(藤沢令夫訳)『オイディプス王』岩波文庫、1967年
・ヒポクラテス(小川政恭訳)『古い医術について 他八篇』岩波文庫、1963年
・ヘーシオドス(松平千秋訳)『仕事と日』岩波文庫、1986年
・ペトロニウス(国原吉之助訳)『サテュリコン―古代ローマの風刺小説―』岩波文庫、1991年
・アリストテレース/ホラーティウス(松本仁助/岡道男訳)『詩学/詩論』岩波文庫、1997年

B.初期中世
エインハルドゥス/ノトケルス(國原吉之助訳)『カロルス大帝伝』筑摩書房、1988年
・ドゥオダ(岩村清太訳)『母が子に与うる遺訓の書―ドゥオダの『手引書』―』知泉書館、2010年
・ベーダ(長友栄三郎訳)『イギリス教会史』創文社、1965年

C.盛期中世
・ギラルドゥス・カンブレンシス(有光秀行訳)『アイルランド地誌』青土社、1996年
ティルベリのゲルウァシウス(池上俊一訳)『西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇』講談社学術文庫、2008年
逸名作家(池上俊一訳)『西洋中世奇譚集成 東方の驚異』講談社学術文庫、2009年
・修道士マルクス/修道士ヘンリクス(千葉敏之訳)『西洋中世奇譚集成 聖パトリックの煉獄』講談社学術文庫、2010年
・鈴木覺/福本直之/原野昇訳『狐物語』岩波文庫、2002年
・ジョゼフ・ベディエ編(佐藤輝夫訳)『トリスタン・イズー物語』岩波文庫、1985年
・マリー・ド・フランス(月村辰雄訳)『十二の恋の物語―マリー・ド・フランスのレー―』岩波文庫、1988年
ヤコブス・デ・ウォラギネ(前田敬作・今村孝訳)『黄金伝説1』人文書院、1979年
・ヤコブス・デ・ウォラギネ(前田敬作・山口裕訳)『黄金伝説2』人文書院、1984年
・ヤコブス・デ・ウォラギネ(前田敬作・西井武訳)『黄金伝説3』人文書院、1986年
・ヤコブス・デ・ウォラギネ(前田敬作・山中知子訳)『黄金伝説4』人文書院、1987年
・畠中尚志訳『アベラールとエロイーズ-愛と修道の手紙』岩波文庫、1964年
森本英夫訳編『フランス中世艶笑譚』教養文庫、1984年
森本英夫訳編『フランス中世処世譚』教養文庫、1985年
森本英夫/西澤文昭訳編『フランス中世滑稽譚』教養文庫、1988年
シドニー・ラニア編(石井正之助訳)『アーサー王と円卓の騎士』福音館書店、1972年
サー・トマス・マロリー作 W・キャクストン編(厨川文夫・圭子編訳)『アーサー王の死(中世文学全集I)』ちくま文庫、1986年
・松谷健二訳『エッダ/グレティルのサガ 中世文学集3』ちくま文庫、1986年
・庄司篤訳『アシジの聖フランシスコの小品集』聖母の騎士社、1988年
・石井健吾訳『アシジの聖フランシスコの小さき花』聖母の騎士社、1994年
・『シトー修道会初期文書集』中央出版社、1989年
高柳俊一編『中世の説教』教文館、2012年

D.後期中世
新倉俊一訳『結婚十五の歓び』岩波文庫、1979年
・阿部謹也訳『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』岩波文庫、1990年
・クートレッド(松村剛訳)『西洋中世奇譚集成 妖精メリュジーヌ物語』講談社学術文庫、2011年
チョーサー(西脇順三郎訳)『カンタベリ物語(上)』ちくま文庫、1987年
チョーサー(西脇順三郎訳)『カンタベリ物語(下)』ちくま文庫、1987年
シシル(伊藤亜紀/徳井淑子訳)『色彩の紋章』悠書館、2009年

E.近世~近代
・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』
・シェイクスピア『ハムレット』
・シェイクスピア『ヴェニスの商人』
・シェイクスピア『リア王』
・シェイクスピア『マクベス』
・ジョナサン・スウィフト『ガリヴァ旅行記』
・トマス・モア(平井正穂訳)『ユートピア』岩波文庫、1957年
・ラ・フォンテーヌ(今野一雄訳)『寓話(上・下)』岩波文庫、1972年
・ラス・カサス(柴田秀藤訳)『インディアスの破壊についての簡潔な報告』岩波文庫、1976年

(現代欧米語訳・ラテン語校訂版)

・Alan of Lille, (trans. by Gillian R. Evans), The Art of Preaching, Kalamazoo, 1981
・St. Gregory the Great, (translated and annoted by Hanry Davis), Pastral Care, Newman Press, 1950
・Thomas Frederick Crane, The Exempla or Illustrative Stories from the Sermones Vulgares of Jacques de Vitry, London, 1890 (reprint., BiblioLife, 2009)
John Frederick Hinnebusch, The Historia Occidentalis of Jacques de Vitry : A Critical Edition, Freibourg, 1972.
・Jacques de Vitry (translated by Margot H King ; with introduction and notes by Margot H. King & Miriam Marsolais), The Life of Marie d'Oignies, Peregrina Publishing Co., 1993.
・Jacques de Vitry (traduction par Gaston Duchet-Suchaux, Introduction et notes par Jean Longere), Histoire Occidentale. Historia occidentalis (Tableau de l'Occident au XIIIe siecle), Paris, 1997.
・Jacques de Vitry (texte latin etabli par R. B. C. Huygens, Traduit et presente par G. Duchet-Suchaux), Lettres de la Cinquieme Croisade, Brepols, 1998.
Histoire Orientale de Jacques de Vitry, traduite et annotee par Marie-Geneviève Grossel, Traductions des Classiques du Moyen Age sous la direction de Jean Dufournet 72, Paris, 2005.
・Jacques de Vitry (Introduction, edition critique et traduction par Jean Donnadieu), Histoire orientale. Historia orientalis, Brepols, 2008.
・Joseph Greven, Die exempla aus den Sermones feriales et communes des Jacob von Vitry, Heidelberg, 1914 (repr. Bibliolife, 2011).


© Rakuten Group, Inc.