000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2006.02.10
XML
真夜中の五分前(sideーA)
本多孝好『真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A』
~新潮社~

 広告代理店につとめる僕の上司、小金井さんは、非常に有能なのだが、組織とはあわず、彼女を嫌う人間は多かった。僕の属する部署は、北陸の温泉地の町おこしにたずさわっているところだった。
 仕事に忙しく、最近微妙な空気を感じ始めていた恋人とも、久々の食事。それからしばらく二人の間で連絡をかわすことはなく、次にあったときは、二人の関係が終わった。
 僕は暇になった終末、プールに行くようになる。そこで、自分の会社が扱った口紅を使っている女性に、ふと目がとまった。二人は目があい、どちらからともなく声をかけることになる。

 素敵な物語でした。メモ程度にあらすじを書きましたが、そんなのどうでもいいと思うくらい。
 一卵性双生児。似すぎている二人には、自分とはなんなのかが分からなくなってしまう。ふるまいもそっくりで。相手の話を聞くと、その場でどう感じたかがわかってしまうような。私は一卵性双生児の一人として生まれたわけではないので、実感がわかりません。ただ、アイデンティティだのなんだのいう悩みごとが、まったく別のレベルの話なんだ、というところに、少しずきっとしました。
 僕と水穂さんの出会いの話も、よかったです。そして、ラストがとてもよかったです。そこへ収束する物語の流れ。語彙のなさに困りますが、素敵でした。
 また、近いうちに『side-B』も読もうと思います。

ーーー
トラックバック用リンクです。
でこぽんさんの記事はこちらです。






Last updated  2006.02.10 13:03:24
コメント(2) | コメントを書く
[本の感想(は行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『デルタの悲劇』 … New! yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.