1419741 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2006.06.18
XML
少女は踊る暗い腹の中踊る
岡崎隼人『少女は踊る暗い腹の中踊る』
~講談社ノベルス、2006年~

 第34回メフィスト賞受賞作です。作者の岡崎さんは岡山県在住だそうです。本書の舞台も岡山です。ものすごくうちの近所のような気がするのですが…。あぁ、でも本書の舞台に出てくる学校の数を考えると、違うような気もします。
 バイオレンスな作品です。以下に、内容紹介と感想を。

 父親を継いでコインランドリーの管理をしている俺-北原結平。最近、岡山市で乳児誘拐事件が続いていた。つい先日、四回目の事件は、俺が住んでいる穴見で起こった。
 事件から三日経った日のこと。コンビニに立ち寄っていた俺は、駐車場にとめた原付きに、少女が近づいているのに気づいた。少女に近づくと、少女は走り去る。開けっ放していたメットインの中に入れていたトートバックは原付きのそばに置かれていた。かわりに、メットインの中には両足のちぎれた赤ん坊の死体が入っていた。
 九年前。俺が見殺しにしてしまった女性と、少女が俺の中で重なっていく。俺は少女を探し、乳児誘拐事件に一つの解決を作り上げようと画策する。
 その頃、俺に近づくウサガワという男。ウサガワは、マスコミによる乳児誘拐事件の扱いをしのぐほどの大事件を-一家惨殺事件を繰り返していく。

 ミステリーテイストのところもあるのですが、とにかくバイオレンスです。 ウサガワが起こす事件もひどいですが、俺が事件に別の形を与えようと動く過程でも、暴力のオンパレード。あんまり読まないジャンルです。装丁と本書の体裁(一段組み)もあってか、どことなく舞城王太郎さんの雰囲気を感じます。でも文体はずいぶん違いますし、やはり方向も違いますかね。
 冒頭でもふれましたが、舞台は岡山県です。馴染み深い地名や学校名がたくさん出てきます。岡山弁も自然に読めました。岡山弁を文字にしたら読みにくい、という思いはあるのですが、本作ではあまり気になりませんでした。勢いがあるからでしょうか…。
 えげつない設定ですが、それほど気分がふさぐこともありませんでした。あんまり深く考え込むとどつぼにはまりそうなので、あまり考えないで読んだのはあるかもしれません…。






Last updated  2006.06.18 11:23:43
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(あ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.