1456894 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2007.12.25
XML
カテゴリ:映画
 昨日、映画『魍魎の匣』を観てきました。
 いやはや、残念ながら、ツッコミどころが満載でした。面白い場面もあるのですが、これはなんとも…。
 ざっくばらんに書いていきたいと思いますので、これから映画を観たいと思っておられる方は、ご注意ください。
 念のため、文字色は反転させておきます。

<反転>まず、原作を読んでいないと意味が分からないと思います。読んでいても、なんとも唐突な印象を受けることばかりでしたので…。
 クライマックスのシーンで、京極堂さんが、この匣に関わった全員の魍魎を落とさなくてはいけなくなった、という趣旨の発現をしていますが、その伏線というかきっかけはほとんどなかったように思います。冒頭シーンとの関係で、榎木津さんがそれに該当するのは分かるのですが、関口さんもそんなに壊れていないですし、原作ではこれは木場さんの事件でしたが、そんな印象も薄くなり―でも中途半端にその要素が残っていて―、なんともちぐはぐな感じがしました。
 関口さんもさっぱりしすぎで、ちょっと残念でした。『姑獲鳥前の夏』の方のが良かったように思います。
 同じく関口さん関連で。御筺さまをやっつけに行くシーンで、関口さんが亀山と呼ばれるのですが、映画では本当にこれが唐突で、まったく亀山と名乗る必然性がないんですね。御亀様が出てこなかったのですから…。
 それに、御筺さまをやっつけるシーンは、原作では大好きなシーンの一つなのですが、憑き物落としのぞくぞく感があまり感じられなかったのです。こちらも、映画『姑獲鳥前の夏』の憑き物落としの方がだんぜんぞくぞくしたように思います。謎解き(?)シーンでは、ほとんど伏線もなくいろんな事実が列挙されますし。だから、この映画は謎解きミステリとして観てはわけが分からないかと思います。
 関口さんがさっぱりしすぎなら、榎木津さんがまともすぎるのも物足りない感じがしました。普通にかっこよい人になってしまっていたように思います。榎木津さんは、普段のエキセントリックさが、いざというときのかっこよさを際だたせるのですから…。
 いつになく残念な部分を指摘してしまいましたが、これは観る前にそれなりに期待を持っていたせいもあるかと思います。

 といって、面白いシーンもいくつかありました。考えてみれば、原作とは異なる設定の部分に面白いシーンがありました。
 一つは、冒頭の榎木津さんと久保さんのやりとり。ぐっときました。
 もう一つ、榎木津さんと久保さんが対決するシーン。ほとんどやられかけた榎木津さんを、両腕両脚を切られた頼子さんが助けるのですが、榎木津さんを救ってからそのそばで絶命した頼子さんの頭にそっと手をやる榎木津さんの姿には、涙ぐんでしまいました。このシーンが、映画で一番面白かったです。
 そして、内容どうこうとは別ですが、美馬坂研究所の外観がかっこよかったです。

 …こうして思い出しながら感想を書いてみると、京極堂さんメインのシーンでは、あまりぞくぞくしなかったんだなぁとあらためて思います。

 ところで、ユーモアたっぷりというか、どこかコメディ風な仕上がりになっているのが、この映画の特徴といえるでしょうか。木場さんが映画を観ながらアクションしたり。「亀山歯ブラシ」などもそうですね。個人的には、この映画でのそうしたコメディ風のシーンはあまり好みではなく…。面白いシーンでは割と笑う方だとは思うのですが…。こちらも多少残念でした。
(ここまで)

 映画を観ながら、そういえば、原作自体がとても映像的に読める作品だなぁなどと考えてしまいました…。






Last updated  2007.12.25 21:48:23
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『予知夢』 東野圭吾 yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.