1675167 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2012.08.05
XML

有栖川有栖『ダリの繭』
~角川文庫、1993年~

 火村&アリスシリーズの長編です。
 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

ーーー
 ダリを尊敬している宝石店社長・堂条秀一は、ダリのような髭で注目を集めてもいた。
 彼は、フロートカプセルという装置に入り、リラックスすることをひとつの趣味としていた。
 ある日、彼がなかなか出勤しないのを心配した社員は、彼の弟で副社長の秀二とともに、秀一の別宅を訪れる。そこで発見されたのは、フロートカプセルの中に浮かぶ彼の死体だった。しかも、トレードマークの髭がきれいに剃られていたのだった…。
 有栖川の友人も、複雑なかたちで事件の渦中にあった。
 家族関係か、金銭関係か、恋愛関係か。動機をめぐる問題のほか、現場では、火村がいくつもの違和感を覚える。
 はたして、犯人は誰か。そしてなぜ、秀一の髭は剃られていたのか…。
ーーー

 何年ぶりでしょうか、ものすごく久々の再読です。
 奇妙なカプセル、剃られていた髭という、印象的な設定が多く、おぼろには覚えていたのですが、やはりほとんど忘れていたので、驚きながら、楽しみながら読めました。
 違和感を覚えさせる原因がどんどん指摘される過程、そして髭が剃られていた理由が明かされるあたりなど、わくわくしました。
 ミステリの醍醐味を味わえる一冊です。






Last updated  2012.08.05 21:12:45
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(あ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『届け物はまだ手の… yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ 新年あけましておめでとうございます。 あ…

© Rakuten Group, Inc.