1423145 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2015.02.28
XML

高田郁『想い雲 みをつくし料理帖』
~ハルキ文庫、2010年~


 シリーズ第3作です。
 今回も文字色反転しておきます。

(ここから)
 大阪、天満一兆庵の奉公人だった富三との衝撃的な再会から始まります。若旦那とともに江戸に出てきた彼は、若旦那について、何か知っているのでしょうか。
 そして、調理の難しい鱧(はも)の料理をめぐり、吉原の郭の店主、伝右衛門との対決も手に汗握ります。「女性だからどうこう」、という意識は(その逆もしかりですが)、こんにちでさえ残っているのですから、江戸時代であれば、なおのこと強かったのでしょうね。
 火事で失った元の「つる家」跡地がどうなっているかを見に行った澪さんは、なんと同じ名前の店が構えられているのを目にします。その店主は、仇敵、登龍楼の末松で…。末松は悪魔ですね。偽「つる家」のせいで、澪さんたちの「つる家」もひどい目にあってしまいますが、芳さんをはじめ、真っ直ぐな理念を持っていれば道は開けるという、あたたかい希望も待っています。
 そして、ふきちゃんと弟の健坊のエピソード。登龍楼から逃げ出した健坊が、行方不明になってしまい…。
 本作も前2冊同様、どのお話にも、辛いエピソードが出てきます。それでも、少しずつでも、道が開いていくような希望と、澪さんのひたむきさ、まわりの人たちのあたたかさで、救われます。
 本作では、特にふわり菊花雪がとても美味しそうでした。

(ここまで)

 本書の収録作は次のとおりです。
「豊年星―「う」尽くし」
「想い雲―ふっくら鱧の葛叩き」
「花一輪―ふわり菊花雪」
「初雁―こんがり焼き柿」






Last updated  2015.02.28 21:14:27
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.