1421647 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2015.06.06
XML
筒井康隆『玄笑地帯』
~新潮文庫、1988年~


 筒井康隆さんのエッセイ集です。もともとは、『筒井康隆全集』(全24巻)の「月報」のために書かれたエッセイです。
 基本的に一切改行なし、なるだけ脈絡のない話題がいろいろ書かれているという、面白い趣向で、内容も面白いです。
 特に面白かったのは、解説のラサール石井さん(!)も書かれていますが、「突発性大量創作症候群」です。『虚航船団』執筆後、ものすごいスピードで短編小説を量産した、というエピソードなのですが、筒井さんの凄さが伝わってくるエッセイでした。
 「コンピューターはバカか」というのも面白かったです。コンピューターのプログラムで、ハナモゲラ(意味をなさないような文章)を作るというのですが、コンピューターが作った例にも、それへの筒井さんのコメントにも笑ってしまいました。
 久々に筒井さんの、しかも20年以上も前の作品を読みましたが、やっぱり面白いです。






Last updated  2015.06.06 21:09:10
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.