000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2015.07.25
XML

筒井康隆『ダンシング・ヴァニティ』
~新潮文庫、2011年~


 筒井康隆さんによる長編作品です。
 美術評論家の「おれ」が主人公です。自分の家で執筆活動をしているとき、家の周囲で誰かがケンカしている…というところから物語が始まります。そして、同じ場面が何度も繰り返され、あるいは少しずつ形を変えながら、物語は進んでいきます。
 背表紙の紹介に、「コピー&ペーストによって執拗に反復され、奇妙に捻れていく記述」とあり、どんな感じなのかとわくわくしながら読み始めたのですが、こういうことかと納得しつつ、また不思議な感覚に捕らわれながら読み進めました。
 物語の終盤、一気に本作の持つ意味が分かり、332頁では涙が出てきました。
 これは面白かったです。






Last updated  2015.07.25 16:48:22
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.