1423131 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2016.03.30
XML

高田崇史『QED 式の密室』
~講談社ノベルス、2002年~


桑原崇さん、棚旗奈々さん、小松崎良平さんのトリオが活躍するQEDシリーズ第5弾です。
それでは、簡単に内容紹介と感想を。

―――
 桑原崇と小松崎良平の出会いのエピソード…。
 ある日、食堂で食事をしていた桑原は、同級生の弓削に声をかけられる。さらに、小松崎もそこを通りがかり、桑原たちは弓削が生まれる前に、彼の祖父母に起こった事件について話を聞く。
 密室状態のなか、弓削の祖父が殺されていた。部屋の目の前で電話をしていた祖母は、警察の取り調べに対して、人は誰も見ていないと答えた。状況からして祖父の自殺と片付けられた事件だが、弓削自身は殺人と考えていた。陰陽師をしていた祖父の弟子になろうとした人間が、式を使って祖父を殺したのではないか……。
 そして、安倍晴明たち陰陽師や式神の正体が明かされる。
―――

 これは面白かったです。講談社ノベルス20周年で刊行された「密室本」の形態で、ページ数も少ないですが、中身はとても充実しています。
 久々の再読だったのですが、途中でなんとなく真相を思い出して、薄ら寒い気持ちになりました。

さて、久々に引用を。
でも、熊つ崎。『雑草』という名前の草はないんだよ」(128頁)







Last updated  2016.03.30 22:15:48
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.