1420147 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2016.04.06
XML

高田崇史『QED 龍馬暗殺』
~講談社ノベルス、2004年~


QEDシリーズ第7弾です。
それでは、簡単に内容紹介と感想を。

―――
 学会のため高知に行くことになった奈々は、龍馬フリークの妹・沙織とともに旅行に出かけた。大学の後輩と合流し、二日目は彼女の実家のある、山奥の村を訪れた。しかし、台風が直撃し、村は孤立状態に。合流した崇とともに、坂本龍馬にまつわる謎について語る中、村では事件が起こる。刺殺、そして首つり……。村に漂う異様な雰囲気の正体とは。そして、坂本龍馬暗殺の黒幕は誰なのか?
―――

 西洋史を専攻していながら、日本史に疎いというあるまじき状況なので、幕末~明治維新の細かい人物像はほぼ知らない状況で読みましたが、龍馬暗殺の真犯人に諸説あるというだけでも面白かったです。そして、崇さんが提示する真相も、やはり説得力があるように感じながら読みました。
 連続する事件の解決も興味深いです。






Last updated  2016.04.06 22:26:04
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.