000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2016.04.13
XML

高田崇史『QED~ventus~鎌倉の闇』
~講談社ノベルス、2004年~

QEDシリーズ第8弾です。今回はタイトルにventus(風)がついていますね。
それでは、簡単に内容紹介と感想を。

―――
 株式上場を目前に控えた会社社長が失踪し、秘書たちが謎の死を遂げていた。社長と面会をしようとした社員が第一発見者となったが、奇妙なことに、誰も現場に出入りした形跡がなかった…。
 一方、棚旗奈々は、妹の沙織の依頼で、桑原崇とともに地元鎌倉をめぐることになる。
 なぜ源頼朝は鎌倉に幕府を開いたのか。彼らの周辺に起こる暗殺事件の真相は…。
―――

 ventusシリーズは、特に旅(歴史)に重点が置かれているように感じます。現在進行形の事件の解決も面白いですが、源氏と北条氏たちの力関係など、歴史に関する謎解きの方をより興味深く読みました。
 久々の再読でしたが、副題の「闇」は「くらやみ」と読むのかと、いまさらながらに気づいた次第でした。






Last updated  2016.04.13 22:48:35
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.