000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2016.06.25
XML

高田崇史『QED 諏訪の神霊』
~講談社ノベルス、2008年~


QEDシリーズ第15弾です。
 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

―――
1997年10月。
 住宅地で、留守にしていた家の庭で、近所の男が殺害されていた。現場には、串差しにされた白兎の死体もあった…。
 同じ住宅地で、さらに事件は繰り返される。いずれも、現場近くで動物の死体が見つかることとなる。
   *
 1998年のゴールデンウィーク。桑原崇と棚旗奈々は、二人で御柱祭を見に行くこととなった。現地では、桑原の中学時代の同級生や、シャーロキアンの緑川の妹とも合流し、御柱祭、御頭祭など、諏訪大社にまつわる謎に挑むこととなる。諏訪に巧妙に張られた結界の真相とは。
―――

 今回も面白かったです。諏訪大社はなぜ上社、下社(いずれも2社ずつ、合計4宮)に分かれているのか、御柱祭、御頭祭の意味についての諸説がはらむ矛盾とは、そしてそれらの意味とは……。御柱祭についてはテレビで見たことがある程度ですが、本書の謎の提示は実に刺激的で、そしてそれへの解釈の提示はまさに圧巻です。






Last updated  2016.06.25 16:18:23
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.