1421651 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2017.11.04
XML

高田崇史『QED~flumen~月夜見』
~講談社ノベルス、2016年~


 QEDシリーズ番外編の長編です。

 1泊2日の過密スケジュールで、桑原崇さんと棚旗奈々さんが京都旅行に出かけます。今回は、崇さんもまだ詳しくないという月読命の謎が焦点になります。
 一方、崇さんたちが訪れる予定にしている神社で、殺人事件が起こります。一晩のうちに、別々の神社で兄と妹が殺され、たまたま妹の遺体を見つけたその知人女性も、階段から落ちてしまいます。また事件の様相は、地元の人しか知らない手鞠唄をなぞっているかのようにも思われました。
 被害者の一人が知人だった小松崎さんも京都を訪れ、事件の調査を進めていき…。

 という流れです。
 今回も、殺人事件の方はいわゆる「見立て殺人」の様相を示していて気になりますし、歴史上の謎もいつものように興味深く読みました。
 いったん本編は完結してしまったQEDシリーズですが、前作『QED~flumen~ホームズの真実』や本作のように、今後も刊行されていくと嬉しく思います。

・た行の作家一覧へ






Last updated  2017.11.04 13:25:36
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.