000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2017.12.02
XML
高木彬光『呪縛の家』
~角川文庫、1979年~


 神津恭介シリーズの長編です。
 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

―――
 松下研三は一高時代の友人、卜部鴻一に招かれて、紅霊教本部の卜部家を訪れた。鴻一の親族が拡大した紅霊教は、もはや多くの村民から見向きもされなくなり、また恨まれる存在であった。
 道中、松下は、奇妙な男から、卜部家は呪われている、「今宵、汝の娘は一人、水に浮かびて殺さるべし」との予言を聞かされていた。そしてその夜、密室状況の中で、卜部家の三姉妹の一人が殺されて……。
 神津恭介が卜部家に駆けつけるが、その後も密室状況での殺人が繰り返される。
―――

 これは面白かったです。
 終盤には読者への挑戦がありますが、これだけヒントをあげたのに分からないなんて頭がどうかしているといった、過激な言葉があって笑ってしまいました。(そして私は頭がどうかしていました……。)
 繰り返される毒殺未遂、密室状況での殺人などなど、提示される謎もどれも魅力的です。

・た行の作家一覧へ






Last updated  2017.12.02 22:31:13
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.