000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2018.03.10
XML

高木彬光『火車と死者』

~角川文庫、1984年~

 

 神津恭介シリーズの長編です。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

 友人の結婚式に急いでいた神津恭介は、一人の女に呼び止められる。女はとつぜん、熊本に伝わるという「火車」の伝説について語り始める。鴉、猫、狐が、人の死骸を動かすというのだ。先を急ごうとする恭介に、女が、殺人事件の発生を危惧する発言をしたのを受け、恭介は式後に話を聞く約束をする。

 しかし、待ち合わせの喫茶店に女は現れなかった。

 事件の発生を心配する恭介は、知り合いの高川警部に、三種の動物が関係する事件を知らないかと連絡をする。はじめは一笑に付していた警部だが、鴉を飼い慣らしていた男が行方不明になり、鴉が銃殺されるという事件の発生を受け、恭介の言葉を信じ始める。

 そして現場付近からは、女の片腕が発見され……。

―――

 

 火車の伝説をモチーフに、緊張感あふれる物語となっています。

 さらに続く事件では、猫殺しがあったかと思えば、身代金を要求する電話がかかってきたりと、どこか事件はちぐはぐした様相を呈していきます。

 二上洋一さんによる解説も、神津恭介シリーズへの愛があふれていて、楽しく読みました。

・た行の作家一覧へ







Last updated  2018.03.10 16:50:33
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.