1379249 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2018.03.31
XML

加納朋子『トオリヌケ キンシ』

~文春文庫、2017年~

 

 加納朋子さんによる、ノンシリーズの短編集です。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

「トオリヌケ キンシ」「トオリヌケ キンシ」と書かれた札を無視して路地を進むと、そこには同級生の家があった。教室では話をしたことのない彼女と、おばあちゃんと、過ごす時間が増えていく。しかし、「おれ」は引っ越しすることになり…。

「平穏で平凡で、幸運な人生」声が聞こえ、多くのものの中から目的のものを見つけることができる「私」は、それは「共感覚」だと葉山先生に教えてもらう。いろんなことを葉山先生に教えてもらうが、ある日、先生の乗った飛行機の墜落事故が新聞で報道され…。


「空蝉」
あるひ、お母さんがバケモノに変わってしまった。優しくて、料理も上手なお母さんが、怒鳴り、たたき、料理もしなくなってしまった……。児童虐待の記憶をもつ「僕」は、義母ともうまくいっていなかった。ある日、義母の振るまいに虐待の記憶が呼び起こされ、「僕」は急いで先輩に連絡をとる。


「フー・アー・ユー?」
人の顔を識別できない、「相貌失認」の僕は、苦労して生きてきたが、高校生になり、はじめにそのことを打ち明けて、生きやすくなった。ある日、隣のクラスの女子生徒から告白をされることになるが、彼女も何かを抱えているようで…。


「座敷童と兎と亀と」
親しくしていた老夫婦の奥さんが亡くなった。ある日、「私」はご主人から奇妙な相談を受ける。「座敷童」が出るようだ、と。物音はするし、置いていたものがどこかに消えてしまい、仏壇へのお供えも減る。一度見に来てほしい、と。怪訝に思いながら、「私」はその家を訪れる…。


「この出口のない、閉ざされた部屋で」
「神聖なヒキコモリ部屋」にこもっている「俺」は、「明晰夢」を見る訓練をしていた。そんなある日、「俺」は女性から告白される。はたしてこれも「夢」なのだろうか。

―――

 

 病気や、人と変わった体質や能力(?)をもつ人々の物語です。

 なかでも「空蝉」はすごかったです。冒頭、全文ひらがなで、やさしかったおかあさんの変貌が描かれるところの苦しさ、その後も恐怖や不安を抱え続けながら主人公に、つらい思いで読み進めました。さらに、後半で全ての世界がひっくり返る衝撃もすごかったです。重たい話ですが、これは印象的でした。

 その次に、「フー・アー・ユー?」が置かれているのは嬉しかったです。「相貌失認」という大変な体質(?)でありながら、明るく生きている主人公が素敵でした。また二人の恋の行方も楽しみながら読めました。

「座敷童と兎と亀と」も、決して軽い話ではありませんが、主人公の明るい性格から、楽しく読めました。

 本作は、「第4回日本医療小説大賞」にノミネートされた作品だそうです。

 感動の作品集でした。

・か行の作家一覧へ







Last updated  2018.03.31 23:21:42
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(か行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『青春の門 第八部 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.