1378017 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2019.06.19
XML

麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』
~新潮文庫、2018年~

 

 麻耶雄嵩さんによる、ノンシリーズの(連作)短編集です。6編の物語が収録されています。

舞台は、一年中霧が深い霧ヶ町。高校生の斯峨優斗さんが語り手で、その叔父さんが真相を明らかにする役回りを担います。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

「失くした御守」優斗が恋人の真紀とのおそろいの御守をなくしてしまった頃、町では、有名な女性が教師と二人で死亡するという事件が起こる。最初は心中と思われたが、殺人の可能性も高まっていく。問題は、現場付近は雪で覆われており、犯人の足跡が遺されていないことだった。

「転校生と放火魔」小学生の頃に付き合っていて転校していた明美が、ふたたび町に戻ってきて、同じクラスになる。その頃、町では放火事件が相次いでいた。


「最後の海」優斗と仲の良い、医師の家の次男・司の家族に事件が起こる。彼の兄が警察からみのトラブルを起こし、医者を継げない状況となる。医者とは別の道を目指していた司だが、厳格な父と対立することに。叔父さんとともに司の兄を捜索する中、司の父が殺されて…。


「旧友」叔父さんの旧友が株で儲け、町に帰ってきて、ハイカラ屋敷と呼ばれる立派な邸宅を構えた。しかし、旧友は脅迫され、なんでも屋の叔父さんに相談にきていた。ある日、叔父さんが見守りに訪れている最中、旧友は妻とともに命を落とし、その脅迫者も首をくくっていた。しかし、旧友夫婦の死は、密室状況で起こっていた。


「あかずの扉」優斗が友人の旅館の部屋の片づけのアルバイトを終え、陽介とともに温泉を楽しんだ後、脱衣所にいると、温泉から何か落ちるような音を聞く。忘れ物を思い出し浴場に戻った優斗は、自分たち2人しかいなかったはずの温泉に、同じく手伝いにきていた男の遺体が浮かんでいるのを見つける。


「藁をも摑む」優斗が明美と倉庫で用事を終え、クラスルームに戻っている途中、とつぜん、大きな音がし、気づくと目の前に抱き合った二人の女子生徒が倒れていた。後に、二人は三角関係で対立していたことを知るが、なぜあのような状況だったのか。

―――

 

 語り手の優斗さん、実家がスナックで情報通の陽介さん、ドラマ大好きの真紀さん、そして優斗さんの元カノ明美さんの4人が主要メンバーで、事件の謎について語り合います。各事件の謎解きもそうですが、優斗さんが何を決断していくのか、ということも物語のもう一つの軸になります。

それにしても、多くを書きにくい作品です。ミステリはいろいろ読んできているつもりですが、とにかくこの趣向は斬新でした。

 

・ま行の作家一覧へ







Last updated  2019.06.19 22:46:29
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(ま行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『青春の門 第八部 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.