1376445 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2019.06.23
XML


米澤穂信『真実の10メートル手前』

~創元推理文庫、2018年~

 

 ​『さよなら妖精』​で登場した大刀洗万智さんが、記者になってから扱った事件を描く短編集です。6編の短編が収録されています。それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

「真実の10メートル手前」事業に失敗し、詐欺会社と批判され、経営破綻した企業の社長と、広報担当をしていたその妹が失踪した。世間では詐欺会社とイメージばかりがふくらむ中、地元で女を知る知人は、彼女の良さを語っていた。大刀洗は親族からの情報をもとに、彼女の捜索を試みるが…。

「正義漢」駅で電車への飛び込み事件が発生。混乱している中、あえて飛び込み現場近くに近づいていく女がいた。その後女は、こちらに近づいていて…。


「恋累心中」高校生の男女が死亡した。遺書のようなノートもあり、状況は心中のようであったが、大刀洗はノートに「タスケテ」という言葉が書かれていたことを把握し、真相に留保を加える。二人を知る教員から話を聞くことで、真相解明にたどりつけるか。


「名を刻む死」町内でも気むずかしいことで有名な老人が死亡していた。老人の死を発見し通報した中学生は、なぜ老人の様子をうかがっていたのか。また、老人が遺した「名を刻む死」の意味とは。


「ナイフを失われた思い出の中に」ロシアから大刀洗を訪ねてきた老人と二人で、大刀洗は関わっている事件の現場を見て回る。16歳の少年が、姪に当たる3歳の少女を刺し殺すという事件だった。しかし、状況には奇妙な点もあった。


「綱渡りの成功例」土砂災害に見舞われた中、奇跡的に助かった老夫婦について、大刀洗は取材を試みた。感動の救出劇となった中で、二人が常に申し訳なさそうに振る舞う真意とは。

―――

 

 これは面白かったです。『さよなら妖精』を読んだのはもうずいぶん前のことで、「面白かった」という印象は残っているものの、大刀洗さんをはじめほとんど忘れてしまっていたが、かっこいい方だったというのを再認識しました。

 さて、本書では、そんな大刀洗さんが社会人として活躍します。特に面白かった(印象的だった)のは、「正義漢」、「名を刻む死」、「綱渡りの成功例」です。「名を刻む死」での中学生の思い、「綱渡りの成功例」での関係者たちの色んな思いは印象的でした。

 

・や・ら・わ行の作家一覧へ







Last updated  2019.06.23 21:49:09
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(や・ら・わ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『君の膵臓をたべた… yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…
 のぽねこ@ yasukun0402 さんへ コメントありがとうございます。 大変ご無…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.