1224177 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2019.08.23
XML


周木律『双孔堂の殺人』

~講談社ノベルス、2013年~

 

47回メフィスト賞受賞作​『眼球堂の殺人』​に続く、数学者・十和田只人先生が活躍するシリーズ第2弾です。

 それでは、感嘆に内容紹介と感想を。

 

―――

 警視の宮司司(ぐうじ・つかさ)は大学院生の妹の依頼で、サインをもらうため、十和田只人が滞在しているという双孔堂を訪れた。奇抜な建築で知られる沼四郎が手がけたその建物は、まるで崖から湖につきだした二本のカギのようなデザインだった。

しかし、道中に警察車両がとまっており、聞くと、双孔堂で殺人事件が起こったという。

 密室状況となった2つの部屋のそれぞれから、男が殺されているのが発見された。片方に付属する浴室には、凶器をもった十和田が倒れていた…。

 現場の状況からは、十和田以外に犯人は考えられず、十和田自身も自分が犯人だと言う。

 納得できない宮司は、キャリアの介入を嫌う警部補の反対を受けながらも、事件の調査を進めていく。その中で、事件当日、二人の数学者が学説をめぐり争っていたことや、被害者の一人がその妻と激しい口論をしていたことなどを知る。

 しかし、十和田犯人説を覆す明確なものはなかなか見いだすことができず…。

―――

 

 つかまってしまっていることもあり、十和田先生があまり登場しない分、今回は初登場の宮司警視が活躍します。もっとも、安楽椅子探偵の助手のような立ち回りですが…。

 十和田先生は、いろいろ私には理解できない話を繰り広げますが、そんな中でぐっと心をとらえる言葉もあるのが楽しみの一つです。

 講義という名目の謎解きも、わくわくしながら読み進めました。

 しばらく、このシリーズを読み進めていきます。

 

・さ行の作家一覧へ







Last updated  2019.08.23 22:28:17
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(さ行の作家)] カテゴリの最新記事

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『玉村警部補の災難… yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 快適な部…
 シモン@ Re:亀長洋子『イタリアの中世都市』(07/03) いつも興味深い文献解説を楽しく拝読させ…
 のぽねこ@ ご指摘ありがとうございます 秋実さんの間違いでした。重要な登場人物…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.