1375568 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2020.02.19
XML


周木律『鏡面堂の殺人』

~講談社文庫、2018年~

 

 堂シリーズ第6弾。前作​『教会堂の殺人』​まではノベルス版で刊行後文庫化されましたが、本作と最終作(第7弾の『大聖堂の殺人』)は文庫書き下ろしとなっています。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

『教会堂の殺人』後、絶望におそわれ、無気力に暮らしていた宮司百合子は、善知鳥神からの電話を受け、鏡面堂を訪れる。

 鏡のドームの中に、∞の形にいくつかの部屋が配された、それは奇妙な建物だった。

 百合子はそこで、一冊の手記を読むよう、神に促される。そこには、過去に鏡面堂で起こった殺人事件の記録が書かれていた。

   *

 ふだんは一週間に一度、設計者の沼四郎が訪れる程度の鏡面堂に、沼が5人の客を招待する。数学者、建築学者、物理学者、料理人、そして数学界の天皇と呼ばれる藤衛の5人だった。管理人のわたし、そして沼も含めた7人が、その日、堂で過ごした。

 翌朝。密室状況の小部屋の中で、矢じりのないボーガンの矢で、一人の男が刺されて死んでいた。また、料理人もおそらくアイスピックのようなもので刺殺されていたが、凶器はどこからも発見されなかった。

―――

 

 誰が、なぜ、どのように犯行を行ったのか。正当派のミステリでありながら、百合子さんたちのこれまでの経緯や、いろいろな感情も織り交ぜられた物語となっています。

 十和田先生がますますなんかこう、心配になってきます。(次回最終作ではどうなってしまうのでしょうか。)

 

・さ行の作家一覧へ







Last updated  2020.02.19 23:31:29
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(さ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『君の膵臓をたべた… yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) New! コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…
 のぽねこ@ yasukun0402 さんへ コメントありがとうございます。 大変ご無…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.