1379769 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2020.02.26
XML


浦賀和宏『Mの女』

~幻冬舎文庫、2017年~

 

 桑原銀次郎シリーズ(?)の長編小説です。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

 ミステリ作家の西野冴子は、友人の亜美とよく会うようになる。しかし、亜美にタケルという恋人ができ、その軽薄な様子を不審に感じ始める。

 そんな中、冴子に一通のファンレターが届く。タケルという名の男にストーカーをされた隣人が自殺したというのだ。手紙に描かれたタケルの描写は、冴子が知るタケルと同じだった。

 手紙を送ってきたファンと会い、調べを進めるうちに、今度は白石唯という女性から、一冊の本が送られる。泉堂莉菜『鈴木家殺人事件の真実』というその本には、タケルの過去が描かれているようだった。冴子は、タケルの周辺で起こる多くの死の謎をさぐっていくが…。

―――

 

 これは、思いがけない結末に至ります。ただ、本作だけだとどうももやもやしたものが残ります。

 本書の読了後、この続編というかサイドストーリーというか、本書の登場人物たちによる別に視点から描かれた連作短編集『十五年目の復讐』を読み始めました。そこには、本書のいくつかのシーンが描かれており、お互いに補完しあう作品のように思われます。『十五年目の復讐』も読み終えるのが楽しみです。

 

・あ行の作家一覧へ







Last updated  2020.02.26 22:53:05
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(あ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『青春の門 第八部 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.