1379257 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2020.03.18
XML


浦賀和宏『ハーフウェイ・ハウスの殺人』

~祥伝社文庫、2018年~

 

 浦賀和宏さんによる、ノンシリーズの長編です。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

 ハーフウェイ・ハウスで、3人の先生と13人の生徒で暮らすアヤコは、親友たちとともに、「オベリスク」をくぐろうと試みていた。しかし、くぐったヨシオは、すぐに敷地内に戻ってきて、倒れ込んでしまった。

 そして後日。アヤコの兄を名乗る、健一という男がハウスを訪ねてきた。アヤコは健一に惹かれ、再び会うために一計を案じるが…。

   *

 非嫡出子の健一は、風俗関係のライターなどで生活していた。ある日、会社社長をつとめる父が会いに来た。嫡出子で健一の妹にあたる彩子が、マンションから転落し脳に損傷をおったため、会社を継ぐことができなくなり、血を分けた子である健一に、入社を検討するよう伝えにきたのだった。

 そして健一は、妹に会うため、彼女の居場所から探し当てることを決める。そんな中、箱根の山奥に、地図に載っていない学校があるという噂を聞き、訪問を試みるが…。

―――

 

 アヤコさんのパートと健一さんのパートが描かれ、果たして二つのパートがどうリンクしていくのか、わくわくしながら読み進めました。そして、終盤では、思いもしない展開にいろいろ衝撃を受けました。たしかに、伏線は張られていたのです。しかしまさかこんな…。

 祥伝社文庫のノンシリーズ作品を続けて読んでみましたが、方向性がかなり違います。いろんな作風にふれられる良い機会でした。

2019.12.06読了)

 

・あ行の作家一覧へ







Last updated  2020.03.18 23:01:57
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(あ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『青春の門 第八部 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.