1380059 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2020.03.21
XML


浦賀和宏『究極の純愛小説を、君に』

~徳間文庫、2015年~

 

 ノンシリーズの長編です。(少し「八木剛士シリーズ」とリンク?)

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

 八木剛は、文芸部の合宿で富士樹海を訪れる。合宿には、恋心を抱いている草野も参加していた。しかし、合宿初日の夜に顧問の教師が失踪。翌日、部員も次々と失踪を遂げた。そして「彼女」は、八木たちにも襲いかかる…。

   *

 失踪した八木剛を調査していた保険調査員の琴美は、彼が浦賀和宏のペンネームで作家デビューしていたことを知る。浦賀のことを知る人物をたどるうちに、彼女はふしぎなプロジェクトの存在を知ることになる。

―――

 

 なんとも紹介も感想も書きにくい作品でした。

 作品内の構造も重層的です。そして、怒濤の勢いで刊行された「八木剛士シリーズ」が結局なんだったのか分かっていない私には、ひょっとして何か得られるのではないか、とも思ったのですが、やはり分からず…。

 文庫で600頁と厚めの作品ですが、展開は面白く、読みやすいです。

2019.12.13読了)

 

・あ行の作家一覧へ







Last updated  2020.03.21 22:43:42
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(あ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『青春の門 第八部 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.