1398520 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2020.05.16
XML


有栖川有栖『インド倶楽部の謎』

~講談社ノベルス、2018年~

 

 火村英生&作家アリスシリーズにして、国名シリーズ第9弾にあたる長編です。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

 有名ナイトクラブを経営する間原―あだ名はマハラジャ―は、自宅であるインド亭で、会合を開いていた。集まるのは、前世で関係のあった人々。

 ある日の会合で、前世から来世までが記されたアガスティアの葉によるリーディングが行われた。マハラジャのビジネスパートナー、私立探偵と2人がまずリーディングを受けるが、彼らの現世は見事に的中された。また、私立探偵が質問した前世についても、インド倶楽部の人々の記憶どおりに語られた。そしてマハラジャがリーディングを受けたとき、過去の事実を指摘され、彼は動揺を示す。

 後日、リーディングを行ったインド人をコーディネートしていた男が死体で発見される。また、リーディングを受けた私立探偵も殺されていた。

 インド倶楽部のメンバーに犯人がいるのではないか、と思われたものの、明確な動機が浮かび上がらず、捜査は難航していく。

―――

 

 久々の国名シリーズ、楽しく読みました。

 前世からの知り合いという、シリーズでは珍しいテーマですが、ちゃんと地に着いた推理で真相にたどりつけるので安心です。

 あとがきで語られる色んな思いも興味深く読みました。

2020.02.08読了)

 

・あ行の作家一覧へ







Last updated  2020.05.16 22:47:32
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(あ行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『ペスト』 カミュ yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.