1443550 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2020.05.30
XML


高田崇史『毒草師 白蛇の洗礼』

~講談社ノベルス、2011年~

 

 QEDシリーズに登場する御名形史紋さんが探偵役をつとめる「毒草師」シリーズ第2弾の長編作品です。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

 茶道教授の次男が、茶室で変死した。毒殺されたようだったが、彼が死の直前に口にしたお茶は、濃茶のため、何人も同じ茶碗から飲んでいた。そして、死者は最後にお茶を飲んでいた。

 医療雑誌編集者の西田は、編集者からの命令でこの事件の取材にあたることとなった。まずは生徒として、関係者に近づいていくが、次第にお茶の稽古自体にも熱心になり、千利休についても勉強を進めるようになる。そんな中、西田も事件に巻き込まれていく。最初の事件の毒物が特定されない中、事件のあった茶会の関係者が次々と毒により死んでいくのだった。

―――

 

 連続毒殺事件と、千利休の歴史上の謎(武士ではないのになぜ切腹したのか、キリシタンだったのか、などなど)がテーマの一冊です。

 西田さんは毒草師シリーズ1作目にも登場していますが、一人称で進むパートはその語り口も楽しく、どんどん読み進めることができました。

2020.02.29読了)

 

・た行の作家一覧へ







Last updated  2020.05.30 22:28:58
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん
海砂のつらつら日記 kaisa21さん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.