1733972 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2020.09.12
XML


米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件(上・下)』

~創元推理文庫、2009年~

 

 <小市民>を目指す小鳩常悟郎さんと小佐内ゆきさんが活躍するシリーズ第3弾。今回は上下巻にわたる、シリーズ最長の作品です。

 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

 

―――

 小佐内さんとの互恵関係を解消した僕は、何者かに手紙で呼び出された。相手は、クラスメートだが、名前は把握していなかった。そんな彼女は、僕と小佐内さんの関係解消を知っていて、僕と付き合って欲しいという。そこでつきあいが始まり、小市民的な充実を目指すことになるが、どうしても謎解きをしてしまう。たとえば、彼女のお兄さんが留守のときに、何者かが部屋に侵入したが、盗まれたものは何もなかった、という話を聞かされ、うっかり真相にたどりついてしまう。

   *

 新聞部の一年生、瓜野は、学内新聞に学外のネタも載せ、もっと多くの生徒に読んで欲しいと思っていた。夏休みにあった生徒拉致事件をネタにしようとするが、小佐内さんが部長と関わり、そのネタはだめだという。しかし、最近起こり始めた連続放火事件の発端が、学校に関わる場所だったことを知り、連続放火事件を追いかけることを決意する。友人の助言も受けながら、事件の法則性を見いだした瓜野は、新聞で次の事件の予告を試みる。予告が的中すると、学内新聞の人気がどんどん高くなっていった。そして瓜野はついに、犯人をつかまえることを目標とし始める。

 またその頃、瓜野は、ふとした小佐内さんの表情から彼女のことを気にし始め、ある出来事をきっかけに付き合うことになる。

―――

 

 というんで、二つの恋(?)と連続放火事件などの謎解きを軸に、物語は進みます。

 前作で、小佐内さんが怖かったという印象は覚えていましたが、やっぱり本作でも小佐内さんは怖いです。

 小鳩さんも、小市民として振る舞おうとしますが、どうもうまくいきません。

 とまれ、小鳩さんと小佐内さん、それぞれの思惑が交錯しながら、犯人を明らかにするあたりは圧巻です。

 辻真先さんの解説にもありますが、(放火事件はあるとはいえ)どちらかといえば「日常の謎」をテーマにした作品でありながら、上下巻の長編というのはたしかに珍しく、それでいてとても楽しめる作品でした。

2020.06.04読了)

 

・や行の作家一覧へ​​​







Last updated  2020.09.12 23:21:52
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(や・ら・わ行の作家)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん
海砂のつらつら日記 kaisa21さん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 久々に民…
 シモン@ Re:菊地暁『民俗学入門』(03/19) こんにちは。 今回は、中世ヨーロッパ史…
 のぽねこ@ takisubaruさんへ コメントありがとうございます。 せっかく…

© Rakuten Group, Inc.